BLOG ブログ

「こだわりの家を建てる」棟梁が認める家づくり

2017.08.31

こんにちは住まいの発見館広報部です。
多くの工務店の仕事に携わってきた経験で「自身の家族に安心して住んでもらうには住まいの発見館の家しかない。」と弊社で建てさせていただくことが決まりました。棟梁としてたくさんの家づくりに関わってきた中で、住まいの発見館が良いと思った理由は何なのか?他社との違うと思ったのはどのような点なのか?お話を伺いました。

作業中にも関わらず、突然のインタビューにも快く答えてくださりました。

棟梁さん建設中の家。

家を建てようと思ったきっかけは?

棟梁:「一番家を使う妻と子供にとっていい環境をつくりたい」と思ったのが一番のきっかけだと思います。

自分達の家を持つことに妻も大喜びしてくれているので決めてよかったなと思います。

実際、家を建てるに至ってどんな気持ちですか?

棟梁:いよいよか!と感じます。

自分としてはもっと前から建てたいという目標があったんですけどやっと実現することができました。

今は、「自分の家を持てる」ということが単純に嬉しいです。

発見館と他社で違いを感じる部分はありますか?

棟梁:建てるまでの期間が他社とは違いますかね。

他社だと、打ち合わせから施工までの期間が決まっていたり、何かと制限があったりするんですけど、住まいの発見館さんは、「建てる側の想い」を優先してくれているのを感じます。

例えば、少し専門的な話ですけど、一般的な工務店は「ドアなどのメーカーは1種類。」と決まってるのですが、住まいの発見館さんは3種類でも4種類でも対応してくれます。

壁にもこだわりがあって室内の音を吸収し外に音が漏れないようにできています。

室内ごとの音も吸収するのでお部屋での電話や会話が他の部屋にも漏れにくくなっています。

また断熱性に優れ、暑い時は外からの熱気を防ぎ、寒い時は室内の温もりを逃さないようにできています。

燃えにくい材質で火事にも強い設計になっています。

色々な取り組みを職人の立場でみてきたので、「こだわった家を建てるならここがいいな」と思っていました。

住まいの発見館を選んだ決め手

棟梁:決め手は、性能とアフターサービスの面ですね。

自信持って決めることが出来ました。

見た目のデザインが気に入っているというのはもちろんですけど、普段の仕事を近くで見ていたこともあって安心感がありました。

発見館さん以外でもハウスメーカーとか工務店さんと仕事をしてきましたが、特に僕の「こだわり」を実現できそうなのはここかなと感じました。

こだわりが実現できて、建てた後のアフターサービスもいい。僕にとっては良い事づくしです。

まとめ

奥様や家族の事を第一に考えて建てられる念願の家は、理想の詰まったこだわりの家です。

普段、大工さんには細かい注文も多く、ごお迷惑お掛けしてると思っていたんですが、それを信用や信頼として職人さん自ら選んでいただけたことが本当にありがたく思えました。

これからもお客様の希望とこだわりが詰まった家を建てていきたいと思います。

棟梁さんの家が完成する頃に、またご紹介します。

一覧へ戻る