土壁のいえ

土壁は日本の風土に合った伝統的な外壁。

左官仕上げをすることで、独特のやさしいデザインや風合いを創ることができます。
現代では、この土壁を真似た外壁として、仕上げ材に樹脂塗料を使用したものが大半となりましたが、紫外線劣化による塗装メンテナンスが必要となってしまいます。

当社は、仕上げ材に「天然寒水石」を使用しているため、紫外線劣化による塗装メンテナンスの必要が無く、長い年月にわたり本物の持つ質感が味わえます。
土壁は、天然の土を用いることで、家族の暮らしをやさしく自然に包みこみ、家計にもやさしい、将来を見据えた外壁です。

新外装材「テール」

[ 特徴 ]

  • 無機質系材料特有の柔らかい自然な風合いのある仕上げ材です。
  • ACモルタル(下地モルタル)との併用で防火認定を取得しています。
  • 破損、汚れ、色褪せに強くリフォームにかかる費用が軽減されます。
  • お客様のイメージ(要望)を表現いたします。
  • 打ち合わせから工事、お引渡しまで当社が責任を持って施工いたします。
  • 責任施工対応により20年間の剥離脱落を補償いたします。

新外装材「テール」

新外装材「テール」とは

スチライト工業株式会社が大手ハウスメーカーと技術提携し、無機質系顔料と天然石を配合した湿式左官工法です。「テール」の材料は、完全既調合の無機質系材料ですので、特有の柔らかい風合いのある、自然な仕上がりを表現できます。左官工事同様の施工方法で塗り付け、専用ブラシなどを用いて独自のテクスチャーを再現します。また、天然石がテクスチャーのアクセントになって豊かな表情を見せます。

ACモルタルと組み合わせる事により防火構造の外装材となります。(ACモルタル11mm+「テール」4mmで防火認定を取得)。無機質系顔料と天然石の配合により、本物の質感と独自の意匠に加え、高い耐久性やメンテナンス負担の低減など、様々な工夫と特徴を持つ湿式仕上工法となっています。(従来の仕上材のように10年程度での塗り替えは必要ありません。)「テール」は、良い材料を確かな手で当社が責任を持って施工するという「責任施工」を行っております。責任施工対応により20年間剥離脱落を補償します。

新外装材「テール」とは

WORKS 事例

  • I様邸
  • T様邸
  • M様邸
  • S様邸
  • M様邸
  • K様邸
  • N様邸
  • U様邸
  • T様邸
  • S様邸
  • K様邸
  • K様邸
  • M様邸
  • N様邸