VALUE耐震×制振

耐震×制振

ご存知ですか?「建築基準法」における耐震の定義

意外と知られていませんが、建築基準法における耐震は、居住者の命を守ることを目的に設定されています。つまり、地震が来ても「倒壊しない」という指標なのです。もちろん人間の命が一番大事です。

しかし、注意していただきたいのは、耐震とは「家が壊れないようにする」指標ではないということ。また余震で倒壊することに関しては全く触れられていないのです。

ご存知ですか?「建築基準法」における耐震の定義

耐震(地震に耐える)

建物の耐震性のみを上げていくと?

耐震

すじかいや合板などで建物をガッチリと固めることで地震の際に躯体にかかってくる衝撃力を逃がすことができず、弱い部分に力がかかり建物を痛めてしまう。

耐震

一度大きな地震を受けると地震に抵抗する耐力壁(すじかいや合板)も損傷。見た目には分からないが、実は壁の内部はガタガタになり余震に耐える力が残っていないケースもある。

耐震等級を上げていく
=建物を堅くする。

見た目の揺れは小さくなりますが、建物に伝わる衝撃は大きくなります

耐震(地震に耐える)

制震(地震の衝撃を軽減)

耐震制震

地震の揺れを軽減させて衝撃を和らげ、家を傷めないようにする技術。建物損傷が軽減されるため、繰り返される余震に有効とされています。

耐震制震

建物への衝撃(地震エネルギー)を制震装置で熱に変えて吸収

耐震だけでは補えない性能をカバーするのが「制震」

バイリニア特性を有した木造住宅用制振装置ーevoltz(エヴォルツ)

高性能

他の制振装置※画像はイメージです。

他の制振装置

揺れ(衝撃)が強くなってから
効き始めます。

グラフ

evoltz(エヴォルツ)

evoltz(エヴォルツ)

小さな揺れから効力を発揮し、
大きな揺れまで瞬時に吸収します。

グラフ

くわしくはこちら(千博産業株式会社)

基礎・構造体

地震に強いベタ基礎・木造軸組みパネル工法。

強い強度の基礎〔レンガ積み外壁仕様〕

強い強度の基礎

ポイント1
発見館は厚さが違う!
通常120mmの基礎ですが、発見館では安心の150mmという厚さ!
ポイント2
発見館は精度が高いユニット鉄筋を採用!
発見館ではユニット鉄筋(予め工場で配筋した鉄筋)を使用しているので、精度が高く・施工不良が起きにくい上に工期も若干短くなります。 
ポイント3
発見館の基礎は深さ240mm!
発見館では通常上に乗っているだけの基礎を、深さ240mmまで地下へ埋める事で横にズレる現象を防止しています。 
ポイント4
発見館は角をしっかり補強!
通常はL字型の出隅に対して、発見館では角を補強して強度を増しています。
※木造軸組工法の場合

住まいの発見館は住宅の地盤からチェック!

住まいの発見館は住宅の地盤からチェック!
いくら耐震性の高い建物を建てても、地盤が弱くては話になりませんので、しっかりチェックして必要であれば改善します。
▶地盤補強工法
土地に対してそのまま住宅を建てられるのが、本来は一番良いのですが、その地盤が弱い場合があります。その際には建物を安全に支えられるように、地盤補強工事を行う必要があります。
住まいの発見館ではまず地盤調査を行い、安全性と経済性を考慮した工法をご提案致します。

木造軸パネル工法

「2×4(ツーバイフォー)」のように全てをパネルにするのではなく骨であるを活かし、その隙間にパネルを入れる工法を行っています。しかも、住まいの発見館では全ての隙間にパネルを取り付けます。

◆この木造軸組パネル工法にすると何が良いの?
こうする事により「線」の特徴である将来的な増改築にも柔軟な対応が可能になり、「面」の特徴である強度アップも行えるという、良いとこ取りの画期的な工法なのです!