BLOG ブログ

【住まいのインタビュー】 近所でも評判の会社でした!自然素材にこだわった暮らしを送りたかった

2019.11.22

1階に美容室。2階にリビング。
横浜から転居し、憧れの田舎町で実現した仕事と生活を両立する暮らし。
今回、住まいのインタビューを行なったのは美容師の里見俊介さんです。

通りに面して一際目立つ土壁の家。
1階は、里見様の経営される美容室「LYgge(リュッゲ)」。
2階は、里見様・奥様・3人のお子様の5人で暮らすリビングです。

住まいの発見館で家づくりをしようと思ったきっかけは何だったのか?
お話を聞きました。

近所でも評判の会社でした

里見様:住まいの発見館との出会いは知人からの紹介です。
家を建てることを考えた時、まず子どもの友達のご両親などにお話を聞きました。
すると、「住まいの発見館で家を建てたよ」と話される方が多く、地域では有名な住宅会社なんだと知りました。

街を周りながら色々な家を見ていても「この家、好きだな」「この感じ、いいな」と、好みの家や目に着いた家が「住まいの発見館が建てた家だった」ということも多々あり、話を聞きたいと思っていました。

自分達が建てたい家は、近代的な化学製品の家ではなく、「無垢材や自然素材を使ったナチュラルなテイストで、素材の温もりが感じられる家」にしようと思っており、知人に大沢社長を紹介してもらい、家づくりの考え方やコンセプトを聞いた時は、「この会社に任せよう」と決めていました。

 

もともと、店舗併設住宅を建てる予定では無かったのですが、その計画を一度0にしてもらい、もう一度、土地探しからご協力いただくなど、無理も言いましたが対応いただいたことには感謝しています。

地域密着で大切な人に還元する。その考えに強く共感

里見様:正直に言うと、価格だけを見て安いか高いかと聞かれると、決して安くは無いと思います。

しかし、それにも理由があり、
・自分たちが良いと思っているものをこだわって使うこと。
・良いものを適切な価格で提供すること。
・「誰でも良いから安くして人を呼ぼう」では無く、お客さん・ご家族・従業員・従業員の家族など、一番大切にしなければいけない人を守っていけるようにと考えていること。

といったような話を聞くと、会社の姿勢に共感できる部分もあり「素晴らしい会社だな」と感じたことが決め手でしたね。

自然素材へのこだわり

里見様:こだわりたかったのは、自然の素材や無垢材をできる限り使ってもらうことでした。
2階の住宅部分も、水回りを除き出来る限り無垢材を使ってもらっています。
壁や断熱材にも自然素材を使い、調湿性能も取れるように。

24時間換気などのシステムも入れていただきましたが、テクノロジーに頼った機能性ではなく、素材を生かした機能性を追求することにはこだわりました。

リビングは素材の温もりを感じられるように、あえてカーペットなどは引かず、そのままにしています。
子ども達も木の温もりが気持ちいいのか、良く寝転んでいますね。

私も無垢材で作ってもらった2階のフローリングが一番気に入っています。笑

店舗と家庭のライフワークを両立させて行きたい

里見様:前のマンションを知っている長男と次男は今の家をかなり気に入ってくれています。
これまで良いなと思う家具があっても「
今のところで買ってもね。。」と我慢していたこともありましたが今は我慢せずに良くなりましたし、子供達は自分たちの部屋もできました。

キッチンも広くなり、妻も喜んでくれています。

これからの暮らしは、お店もやりながらも家族の時間も大切にしていきたいです。
そして、お客様にも私たちのスタイルを知ってもらい、家族ぐるみで仲良くなれるようなライフワークを確立させていたきたいと思っています。

【お客様紹介】住まいの発見館のお客様が美容室をオープンされました

2019.11.22

2019年11月
住まいの発見館のお客様が美容室をOPENされました。

美容室の名前は「LYgge(リュッゲ)」
千葉県東金市田間にあります。

 

通りを車で走っていると一際目を引く建物がLYggeです。

 

LYggeの特徴やこだわり

「LYgge」とは、デンマークの「hygge(ヒュッゲ)」という言葉からイメージしました。
デンマーク人が大切にしている『時間の過ごし方や心の持ち方』を表す言葉。
仕事よりも家族を優先してリラックスタイムを持ち、プライベートに仕事を持ち込まないという事がデンマーク人のヒュッゲ精神だとされています。

自然・植物・家族とLYggeが大切にしたいものをイメージしたロゴ

・人と人のふれあいから生まれる、温かく居心地の雰囲気や空間。
・大切な人と過ごしている時に感じる、温もりや安心感。
・日本語で言う「ほっこり」に近いニュアンス
・家族がいる場所=ヒュッゲな空間。
・幸福感に満ちた、楽しい時間。

このような空間を作りたいと思い、LYggeと名付けられました。

この言葉は、お店を開業するときに「自分達のやりたい事」が表現できる言葉を探していた時に出会った言葉だとオーナーの里見さんは話されます

 

自然体であることへのこだわり

里見さんと奥様の2人で運営されているLYggeが大切にしたいことは、「自然体」であること。

例えば、店舗を建てるときに家の材料として使う素材。
無垢材や自然素材を出来る限り使いたいと要望がありました。

店舗で使うシャンプーやトリートメントなども髪に優しいオーガニックの製品を使われています。

接客に関してもこだわりを持たれています。
地域密着でやっていると
お客様との距離感も自ずと近くなります。
そのため、格好つけた接客ではなく自然体であることを心がけ、お客様にも家族との温もりを感じていただける、アットホームな空間になることを目指されています。

自然の温もりと家族の温もりに溢れたLYgge。
是非、一度、訪れてみてください。

店内のイメージ

 

家事導線やスタイリッシュな外観!暮らしの工夫と個性が溢れる家

2019.11.22

2019年10月
佐倉市で完成見学会を開催しました。

佐倉駅から徒歩5分の好立地。
落ち着いたトーンのクラシカルなレンガを使用した外観ですが、中に入ればポップな壁紙を使用したトイレや、階段スペースを活用した2階の天井まで吹き抜けがある広いリビング、家事導線が考えられたアイランドキッチンなど、暮らしの工夫と個性がいっぱいです。

 

スタイリッシュでリゾートライクな外観

レンガ積み職人が1個1個積み上げたレンガ外壁はとても印象的。
通常の家では味わえないリゾートライクな外観は必見です。

家の中にもレンガを使用した壁があります。

 

家事・食事が楽しくなる工夫

洗面室からダイニングキッチンへの家事ラク動線に注目。
ダイニングテーブルは造作でこしらえ、キッチンと一体となり日々の配膳が便利!

 

ナチュラルな明るさと素材感を楽しむ

リビング上部が吹抜けになっていて、東・南・西面すべてから光が入ります。
リビングの天井は天然木仕上げ。
壁面はデザインウォールの素敵な空間です。

 

高い天井には大きな窓。階段を利用した採光の工夫

生活の中心となるリビングにしっかりと光が入るよう、採光にも工夫をしています。
リビングから繋がる階段が吹き抜けの役割を果たし、天井付近に設置した大きな窓から光を取り入れられるようにしました。

南〜南西を向いた窓からは明るい光が入ります。

天井を高くすると気なるのがエアコンの効き具合や光熱費。
広い空間を快適な温度にするためには、高い断熱性能は欠かせません。
今回の住まいも、住まいの発見館が標準で提供しているセルロースファイバーが高品質な断熱性能と省エネ性能を実現しています。

 

若いご夫婦のこだわり

洗面所や玄関などからキッチンまで使い勝手の良い家事導線を設計。
アイランドキッチンに併設されたダイニングテーブルは奥様の憧れでした。

子ども部屋は、今は大きな一つの部屋ですが、お子様が成長すれば壁をつくり部屋を分けることも可能です。
クローゼットやドア、窓など部屋を分けても困らないようそれぞれの部屋に設置しています。

 

クラシカル、それでいてポップに。

レンガの家が数多く立ち並ぶヨーロッパの街並み。
中でもイタリアなどは、法律で「外観を大きく変えることは禁止」と決められています。
そのため、実は「築300年を超えている」といった建物が今尚、数多く存在しており、趣きのある街並みを演出しています。

街並みそのものは古風ですが、家の中に入ると景色は一変。
洗練されたインテリアデザインで、POPな雰囲気、デザインにこだわった家、時には白黒でモノトーンなど、古風でクラシカルな外観からは想像できない家が数多く存在します。

今回の住まいも「レンガの家」に強いこだわりを持ったご夫婦が実現したかった暮らしです。
クラシカルなレンガで落ち着いた雰囲気の外観。
その一方で、家の中に入ると、ポップな壁紙や広い天井が堅苦しくない空間を演出。

地震や台風などの自然災害にも強く、最低限のメンテナンスで生活できるレンガの家は、きっとこれから50年後、100年後の生活を支え続けてくれることでしょう。