BLOG ブログ

理想のマイホームを叶えたい方へ!こだわるべきポイントをご紹介します!

2021.05.13

「初めてのマイホームで失敗したくないが、どこをこだわればよいのかわからない」
「こだわりのマイホームで理想の暮らしを叶えたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、マイホームでこだわるべきポイントをご紹介します。

□マイホームでこだわるべきポイントをご紹介!

1つ目が、可能な面積で間取りにこだわるということです。
間取りは内観の中で最も重要な要素といっても過言ではありません。
こだわりの間取りを決めることで、そのほかの設備や内装が決めやすくなります。
家の間取りは、地方で決められた建ぺい率によって変わってくるため、土地の条件にも注意しましょう。

また、間取りを考える際にはお子さんの独立後の家族構成や敷地条件なども考慮し、部屋数や生活動線を工夫するのも大切です。
生活動線とは、生活の中でリビングやキッチン、トイレなどを移動する際の動線のことです。
その中でも重要となるのが家事動線で、日常の家事の動線が効率的になるように検討するのが大切です。
家事は日々の中でも重労働となるので、家事動線をシンプルかつコンパクトにまとめることで毎日の負担が大きく軽減されるでしょう。

2つ目が、キッチンは使う人の意見を反映させることです。
家事の中でも作業する時間が長いのはやはりキッチンでしょう。
デザインも多様で機能性もそれぞれなので、毎日作業をすることになる奥様のこだわりを反映させたいところです。

3つ目が、浴室は快適さとメンテナンスを考慮して選ぶことです。
バスルームは家族全員が毎日使用しますし、日中の疲れを癒す場所としても重要です。
しかし、お風呂のタイプの選択に失敗してしまうと、快適なバスルームを叶えるのは難しいです。
快適なバスルームを作る際には、浴室の広さやバスタブのデザインにこだわりましょう。

□マイホームでこだわる箇所を具体的にご紹介!

1つ目がキッチンです。
先ほどもご紹介しましたが、キッチンは奥様のこだわりポイント上位の部屋です。
キッチンには様々な様式があり、それぞれが異なる機能を持ちます。
キッチンのデザインを選択する際には、キッチンで作業する頻度の高い人の意見を取り入れるのがおすすめです。

2つめが収納です。
収納も家の使いやすさを大きく左右する重要なポイントです。
壁面収納やウォークインクローゼットなど様々なタイプがありますが、荷物の量や形に見合った収納スペースを設けるのが大切です。

3つ目が水周りです。
トイレや洗面所など、水周りのデザインへのこだわりが強い人も少なくありません。
温泉やホテルにあるような浴室をマイホームで実現させるのも素敵ですし、掃除のしやすさを重視すると暮らしがより快適になるでしょう。

□まとめ

今回は、理想のマイホームを叶えたい方に向けてマイホームでこだわるべきポイントについてご紹介しました。
また、具体的にこだわりたい箇所についてもご紹介しました。
この記事を参考に、必要な部分はしっかりとこだわって理想の暮らしを叶えてくださいね。
ご質問や相談等ありましたら当社までお問い合わせください。

100坪の土地に平屋を建てる!ポイントをご紹介します!

2021.05.09

「100坪の土地に広い家を建てたい」
「広い土地に平屋のマイホームを作りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
広い土地で開放感のある家を建てるのは憧れですよね。
そこで今回は、100坪の土地に平屋を建てる際の広さと配置のポイントについてご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

□100坪の土地に対する平屋の広さのポイントをご紹介!

「100坪という広々とした土地をせっかく購入したのだから広い平屋を建てたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
しかし、100坪の土地だからと言って80坪の平屋を建てるのは不可能です。
土地と建物には建ぺい率と容積率が地方ごとに定められており、建てられる建物の面積に上限が設けられているのです。

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積(建物1階部分の面積)の割合のことです。
容積率とは、敷地面積に対する建物の述べ床面積(階数分の合計面積)の割合のことです。
この建ぺい率と容積率は各用途地域によって変わってくるので、お住まいの地域の規定を確認してみてくださいね。

□100坪の土地に平屋を建てる際の家の配置のポイントをご紹介!

100坪という広大な敷地があれば建物の配置も自由自在で、採光や通風で悩むことは少ないでしょう。
しかし、方位と道路の位置は自由に変えられません。
そのため、玄関位置と前面道路からのアプローチをどのように配置するのかは非常に重要です。
玄関の位置によってその他の部屋の間取りが変わってくるため、玄関はこだわって配置する必要があります。

まずは、東玄関、西玄関です。
この場合、リビングなどの居室を南側に配置しやすくなります。
また、道路側に駐車場を配置することから、東(西)側もしくは南側に駐車用のスペースが必要になります。
その際、プライバシーや防犯が心配な方は塀や植木などでスペースを区切るのが良いでしょう。

次に、南玄関です。
南側道路の場合は、駐車場などの敷地が南側の敷地を占め、その部分がプライバシーとしても無防備になるため、居室の配置が難しいです。
開放感のある居室にしたい場合でも、植木や生け垣などである程度視線を遮るのが良いでしょう。

最後に北玄関です。
北玄関は陽当たりなどの観点からあまり好まれませんが、居室を南側に配置しやすくなるというメリットがあります。
また、プライバシーを気にせずにアプローチを配置できるため間取りを考えやすいです。

□まとめ

今回は、100坪の土地に平屋を建てる際の広さと配置のポイントについてご紹介しました。
この記事を参考に素敵なマイホームを叶えてくださいね。
その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

マイホームにインナーバルコニーをつけたい方へ!メリットと注意点をご紹介します!

2021.05.05

注文住宅をお考えの方の中で、
「マイホームにはインナーバルコニーを設けたい」
「開放感のある家に憧れる」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、インナーバルコニーのメリットについてご紹介します。
また、インナーバルコニーを設置する際の注意点についてもご紹介するので参考にしてみてください。

□インナーバルコニーのメリットについてご紹介!

ここからは、インナーバルコニーのメリットについてご紹介します。
一般的なバルコニーには屋根がありませんが、インナーバルコニーは屋根付きなので天候を気にせず洗濯物を干せることはメリットといえるでしょう。

また、インナーバルコニーには奥行きのある空間を確保しやすいので、洗濯物を干すほかに半屋内のプライベートな空間も作れます。
ガーデニングを楽しんだり、おうちでバーベキューをするのも良いでしょう。
2階にリビングを設置する場合はインナーバルコニーと居住空間を繋げることで第2のリビングのようにも使用できます。

さらに、インナーバルコニーを設置することによって空間的を広々と見せる効果もあります。
バルコニーは張り出した外観になってしまいますが、インナーバルコニーは屋内の空間を利用しているためすっきりとした外観も保てます。

□インナーバルコニーを作る際の注意点とは?

1つ目が、目的に合わせて動線を工夫することです。
インナーバルコニーを作るときには、使用する目的によって間取りが大きく変わります。
外空間を身近に感じられる過ごし方をしたい場合は、リビングを2階に配置するなど皆が使える部屋からアクセスできるように配置しましょう。
寝室や子ども部屋など個人部屋からのアクセスになると、その部屋の使用者以外が使いづらくなってしまいます。

また、バルコニーで食事やバーベキューを楽しみたい場合は、飲食物を運ぶ動線の観点からもLDKからのアクセスを近くすると便利です。

2つ目が、洗濯物干し場を分けて非日常感をキープすることです。
インナーバルコニーを第2のリビングとして利用する場合は、非日常感を演出できるように洗濯物を干す場所を別に設けるのもおすすめです。

3つ目が、外からの視線が気にならないよう、プライバシーを確保することです。
敷地が車や人通りの多い道路に面している場合は、外からの視線からプライバシーを守るためにフェンスを高めにするなどの工夫をしましょう。
ただし、陽当たりとの兼ね合いも考えるのがよさそうです。

□まとめ

今回は、インナーバルコニーをご検討の方に向けてメリットをご紹介しました。
また、インナーバルコニーを設置する際の注意点についてもご紹介しました。
この記事を参考に、素敵なインナーバルコニーを設けて理想のマイホームを叶えてくださいね。
ご質問がありましたら当社までお問い合わせください。

平屋を検討中の方へ!ガレージについて説明します!

2021.05.03

平屋をお考えの方の中には、ガレージをつくりたいと思われている方もいらっしゃるでしょう。
本記事では、ガレージについて紹介します。
平屋をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□ガレージの種類について紹介します

ガレージにはいくつか種類があります。
車やバイクが趣味の方でも、なかなかガレージの種類までご存じの方は少ないでしょう。

まず、分離型のガレージについて紹介します。
これは、住居とは別にガレージと駐車場がある場合を指します。
建物の横にガレージを設置するタイプであるため、土地さえあれば、後でガレージだけを追加することも可能です。

次にビルドイン型について紹介します。
これは、1階部分がガレージになっているタイプです。
平屋においては住宅自体が1階のみで完結するため、こちらのタイプでガレージを設置することはないでしょう。

最後に、ガレージハウス型について紹介します。
これは、ガレージを新築の段階から組み込んだタイプです。
家を新築で建てる段階からガレージが建物の一部として組み込まれているため、外観も統一感があります。
平屋も含めて、家を建てる段階でガレージを検討されている方のほとんどが、こちらをイメージされているのではないでしょうか。

□平屋でガレージをつくる際の注意点を紹介します

平屋を建てるタイミングでガレージハウスも建てる場合は次のようなことに注意する必要があります。

まず、換気について計画を立てておくことです。
ガレージは車やバイクの出入りがあるため、排気ガスが溜まりやすい場所ですよね。
狭い空間では排気ガスが溜まると人体に悪影響を及ぼす場合もあります。
そのため、ガレージハウスを建てる際には、換気についてどのようにするか計画を立てておきましょう。

次に、他の用途でも使えるようにしておくことが挙げられます。
ガレージハウスを設置したいと考える方の多くが、その目的として車やバイクを駐めることをイメージされていると思います。

しかし、ガレージには他にも様々な可能性があります。
例えば、ちょっとしたホームパーティーを開くことも可能ですし、車やバイクが出ている間は、子供の遊び場としても利用可能です。
また、ウィンタースポーツやマリンスポーツといった趣味に使う道具をオフシーズンの間保管するという使い方もできるでしょう。

□まとめ

ガレージは車やバイクが好きな方には外せない設備ですよね。
平屋を建てたいとお考えの方も、ぜひこの記事を参考に、ガレージについて考えてみてください。