BLOG ブログ

マイホームの探し方のポイントとは?詳しく解説します!

2022.01.29

住まいの発見館会社ロゴ「マイホームの探し方のポイントについて知りたい」
「素敵な物件に出会うために必要なことって何だろう」
このようにお考えの方は多いでしょう。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□マイホームの探し方のポイントについて

マイホームを探す際のポイントは、以下の4つです。

1つ目は、新築戸建ての購入パターンを知っておくことです。
パターンは主に2つあります。
建売住宅購入と建築条件付き土地の購入です。

前者は、ハウスメーカーなどが建築した物件を、建物と土地のセットで購入することです。
後者は、建物を建てる業者が決定している土地を買うことです。
家の形まで決められているというわけではありません。

購入後すぐに住みたい方は前者を、自分好みの家にしたいという方は後者を選ぶと良いでしょう。
その他に、すでに持っている土地に新築戸建てを建てたり、土地を買ってから新築戸建てを建てる方法もあります。

2つ目は、地盤調査の結果を確認することです。
過去20年以内に大きな災害や水害などがなかったかどうかも確認しておきましょう。

3つ目は、希望するエリアで探すことです。
住む場所はどこでも良いというわけではありませんよね。
利便性なども考えて選びましょう。

4つ目は、日当たりや間取り、家族構成を考えることです。
何人で住むのか、日当たりは問題ないのか、間取りはこれで良いのか、しっかりと検討しましょう。

□素敵な物件に出会うためには

せっかく家を探すのであれば、素敵な物件に出会いたいですよね。
そのためにはなにが必要なのでしょうか。

素敵な物件に出会うには、優先順位をしっかりと明確にしつつ、条件にとらわれ過ぎないように意識することが必要です。
カスタマイズやリフォームによって、ある程度カバーできることも多いですし、購入後も融通は効きます。
そのため、リフォームを行う前提で購入してみるというのも一つの方法です。

また、信頼できる不動産会社を選ぶということも大切です。
当社は数多くの実績があるため、マイホームをご検討の方はぜひご相談していください。
信頼できる会社を選ぶことで、安心して家づくりや家選びを行えます。

□まとめ

今回は、マイホームの探し方についてお悩みの方に向けて、探し方のポイントや素敵な物件に出会うために必要なことについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、探してみてくださいね。
ご不明点がありましたら、いつでも当社へご相談ください。

マイホームの資金計画はどうする?マイホームをお考えの方必見!

2022.01.25

住まいの発見館会社ロゴ「マイホームの資金計画の立て方について知りたい」
「ローンの返済計画の際に気をつけるべきところはどこだろう」
このようにお考えの方は多いでしょう。
マイホームを建てるのであれば、資金計画について理解を深めておきたいものです。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてください。

□資金計画の立て方について

ここでは、資金計画の立て方をご紹介します。

まず、返済できる額を決めます。
これは、無理なく返せるお金のことです。
目安は、年収の25パーセントです。
例えば、年収が500万円の場合は125万円ほどが年間の返済額の目安になります。
月々で考えると10万円ほどですね。

毎月の返済額から考えたい方は、今住んでいる家の家賃をもとに考えてみましょう。

次に、家づくりにどれくらいのお金がかかるのかを確認します。
家づくりにかかるお金は大きく3つであり、建物代と土地代と諸費用です。
それぞれの費用をもれなく把握しましょう。

家づくりにかかる費用の平均は4000万円前後です。

最後に、用意するお金を計算します。
用意するお金は大きく2つに分けられ、自己資金と住宅ローンです。
自己資金は頭金ともいいます。

頭金の目安は、資金の総額の2割ほどが目安であるといわれています。
しかし、すぐに用意できるわけではない額だと思いますので、家づくりの前に必ず用意しなければならないというものではありません。

□住宅ローンの返済計画の注意点について

ここまで、資金計画について解説しました。
次に、返済計画の注意点について解説します。

1つ目は、無理のない返済額を把握することです。
ギリギリの返済額で資金計画を立ててしまうと、後悔してしまう可能性があるので気をつけましょう。

2つ目は、ご自身に合った金利タイプを選ぶことです。
固定金利か変動金利、もしくは複数の金利タイプを組み合わせるプランにするのか、よく考えましょう。

3つ目は、適切な返済期間を考えることです。
借入時の年齢や、頭金の額や、将来のライフスタイルなどについて考慮したうえで返済期間を考えましょう。

□まとめ

今回は、マイホームをお考えの方に向けて、資金計画について解説しました。
資金計画の立て方や、ローン返済計画の注意点について知れたと思います。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、資金計画を立ててみてくださいね。
マイホームをお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

マイホームをお考えの方へ!中庭について解説します!

2022.01.21

住まいの発見館会社ロゴ「中庭のあるマイホームのメリットについて知りたい」
「中庭の間取りの種類について知りたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
マイホームに中庭を設置することにあこがれている方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□中庭のある家のメリットについて

皆さんは、中庭のある家のメリットはなんであるとお考えでしょうか。

1つ目は、どの部屋も明るくなることです。
家を作る際には明るさが非常に重要ですよね。
しかし、どうしても日当たりの悪い部屋ができてしまうものです。
ここで活躍するのが中庭です。
中庭をうまく設けることで、どの部屋にもまんべんなく日光を届けられるのです。
コの字やロの字で中庭を意識することをおすすめします。。

2つ目は、安心して遊べるスペースになることです。
小さなお子様を自由に遊ばせられますね。
公園よりも安全性が高いですし、親の目も届きます。
また、人工芝を敷くことによって、子供の怪我も防げますね。

3つ目は、風の通り道を縦横無尽に確保できることです。
窓を開け放つことによって、家じゅうの空気を循環させられます。
季節ごとに風向きが変わっても対応できるため、年中風通しが良い家にできます。

□中庭の間取りの種類について

ここまで、メリットについてご紹介しました。
続いては、間取りの種類についてご紹介します。

中庭の間取りの種類は大きく分けると3つあります。

1つ目は、コの字型です。
これは、家をコの字に建て、中心に中庭を設けるものです。
周囲からの視線を遮りつつ、開放感のある空間を演出できます。

2つ目は、ロの字型です。
これは、全方位を壁で囲んだものです。
外からの視線を遮断できます。
洗濯物を気にせず干せるので、人気のある中庭の形の1つです。
しかし、雨水がたまりやすいため排水計画に注意することが大切です。

3つ目は、エル字型です。
これは、家をエル字型にして2方向を壁で囲んでいる中庭のことです。
外からの視線が気になる方にはおすすめできません。
しかし、敷地が狭くても庭を広く取れるというメリットもあります。

□まとめ

今回は、マイホームをお考えの方に向けて、中庭を設けることのメリットについて、また、中庭の間取りの種類について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、中庭を取り入れてみてくださいね。
ご不明点がありましたらいつでもください。

マイホームをご検討中の方へ!諸費用について解説します!

2022.01.17

住まいの発見館会社ロゴ「マイホームにかかる諸費用について知りたい」
「諸費用の目安っていくらぐらいだろう」
このようにお考えの方は多いでしょう。
マイホームを建てるのであれば、諸費用について把握しておきたいですよね。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□諸費用について

皆さんは、諸費用についてどれくらいご存じでしょうか。
家を建てるのであれば、費用について理解しておくことが大切です。

購入時の諸費用は以下の通りです。

1つ目は、契約や登記にかかる税金や手数料などです。

2つ目は、ローンを契約する際の金融機関への手数料です。

3つ目は、保証会社への保証料です。

4つ目は、火災保険に加入する際の費用です。

購入後の諸費用は以下の通りです。

1つ目は、引っ越し費用です。

2つ目は、家具の購入費用です。

3つ目は、毎年の固定資産税です。

4つ目は、外壁の補修や屋根の補修費用です。

家の修繕費については、購入後直後は必要ありませんが、15年、20年と住んでいると、必要な出費になりますね。

以上が、諸費用についてでした。
住宅を建てる際に必要な費用は、土地代や建物にかかる費用だけではありません。
意外と税金や手数料の積み重ねが大きな額となるため、しっかりと諸費用についても意識しておくことがポイントです。

□諸費用の目安について

ここまで、諸費用についてご紹介しました。
続いては、皆さんも気になっているであろう諸費用の目安について解説します。

注文住宅の諸費用は、物件価格の3パーセントから6パーセントほどです。
新築一戸建ての諸費用は、物件価格の6パーセントから9パーセントほどです。

参考までに、中古一戸建てやマンションについてもご紹介します。

中古一戸建ての諸費用は、物件価格の6パーセントから9パーセントほどです。
新築マンションの諸費用は、物件価格の3パーセントから6パーセントほどです。
中古マンションの諸費用は、物件価格の6パーセントから9パーセントほどです。

諸費用は、あくまでも費用対効果で判断することが重要です。
必要なサービスには、妥協せずお金を支払うことで、長期的に見て後悔を防げます。

以上が、目安についてでした。

□まとめ

今回は、マイホームをお考えの方に向けて、諸費用について、また、その目安について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用しマイホームを建ててくださいね。
ご不明点がありましたらいつでもご連絡ください。

家づくりをご検討中の方へ!吹き抜けのある家をご紹介します!

2022.01.13

住まいの発見館会社ロゴ「家に吹き抜けがあることによるメリットについて知りたい」
「何を意識して吹き抜けを設ければ良いのかわからない」
家づくりをお考えでこのようにお悩みの方は多いでしょう。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□吹き抜けがあることのメリットとは

吹き抜けを設けることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

1つ目は、明るい家になることです。
なぜなら、自然光がよく入るようになるからです。
吹き抜けをつくるのであれば2階部分に窓を設置しましょう。
それによって、光を取り込みやすくなります。

住宅が密集しており明るさを確保できるか分からないという不安を抱えている方には非常にありがたいメリットですよね。

2つ目は、開放的で広く感じられることです。
吹き抜けをつくると、天井は最上階のみになります。
そのため、自然と天井が高くなり開放的になるのです。
それほど広くない家であっても、視覚的に広さを感じられます。

3つ目は、家族とのコミュニケーションがとりやすいことです。
1階と2階が繋がっているため、家族の気配を感じやすくなりますし、違うフロアにいても声が届きますね。

階段を上がらなくても、ご飯の用意ができたことを家族全員に知らせられます。

4つ目は、風通しが良くなることです。
天井にシーリングファンを設けることで、より空気が循環するようになります。

5つ目は、デザイン性の高い家にできることです。
吹き抜けがあるだけで、おしゃれな雰囲気になります。

□吹き抜けを作る際のポイントについて

ここまで、吹き抜けを作るメリットについて解説しました。
続いては、吹き抜けを作る際のポイントについて解説します。

1つ目は、位置に気を付けることです。
窓とその反対側の内壁との距離を広くとり、できるだけ広いスペースにするようにしましょう。
狭いスペースを吹き抜けにしてしまうと、吹き抜けのメリットが半減してしまいます。

2つ目は、窓の高さや大きさを揃えることです。
窓の高さがバラバラですと、見た目が悪くなるだけでなく、風の通りも悪くなってしまいます。

3つ目は、吹き抜けが必要ない場合もあるということを知っておくことです。
住む人や住む場所によっては、必要ない場合もあります。
本当に必要なのかどうか、メリットを再確認してよく考えましょう。

□まとめ

今回は、家づくりをお考えの方に向けて、吹き抜けを設けるメリットについて、また、吹き抜けを作る際のポイントについて解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、吹き抜けを取り入れてみてくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

マイホームで平屋にお悩みの方に決めるときのポイントを解説します!

2022.01.09

住まいの発見館会社ロゴ「平屋のメリットについて知りたい」
「平屋か二階建てかを決めるときのポイントについて知りたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。
今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□平屋のメリットについて

皆さんは、平屋のメリットについてご存じでしょうか。
あまりイメージが湧かない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ぜひこの機会に把握しておきましょう。

1つ目は、家事動線や生活動線が効率的であることです。
1階で洗濯をして2階で干すという動線の場合、負担が大きいですが、平屋の場合はそのような心配は不要です。
2階の掃除のために重たい掃除機を運ぶという必要もありません。

2つ目は、家族とのコミュニケーションがとりやすいことです。
すべてのものが1階にあるため、家族の気配を感じながら過ごせます。

3つ目は、構造が安定しており広いワンフロアも実現できることです。
平屋は構造が安定しているため、耐震性も高くなります。
そのため、間取りの自由度が高くなるのです。

4つ目は、メンテナンス費用を抑えられることです。
外壁の修繕を行う際に2階部分まで足場を組むという作業も必要ありません。
2階建てと比較すると費用を抑えられる傾向があります。

5つ目は、階段がないためバリアフリーであることです。
階段からの転落という事故も防げますね。

以上が、メリットについてでした。

□平屋か二階建てかを決めるときのポイントについて

ここまで、平屋のメリットについて解説しました。
理解が深まったのではないでしょうか。
しかし、平屋か二階建てかの決め方について疑問をお持ちの方は多いでしょう。
そこで続いては、決めるときのポイントをご紹介します。

1つ目のポイントは、予算です。
平屋は、二階建てと同じ延床面積を確保したい場合は費用が割高になります。
しかし、工事の総費用は二階建ての方が高くなりがちです。

2つ目のポイントは、生活動線です。
平屋はワンフロアに水回りがあるため家事が楽ですが、二階建ての場合は階段を挟んでしまうので移動が少し大変になります。

3つ目のポイントは、家族構成です。
平屋の場合はコミュニケーションが盛んになります。
二階建ての場合は、2世帯住宅であってもプライバシーを確保できます。

以上が、ポイントについてでした。
ご自身やご家族のライフスタイルに合わせて選びましょう。

□まとめ

今回は、マイホームをお考えの方に向けて、平屋のメリットについて、また平屋か二階建てかの決め方について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、平屋を建ててみてくださいね。
ご不明点がありましたらいつでもご連絡ください。

家づくりをお考えの方におしゃれにするポイントを解説します!

2022.01.05

「おしゃれな注文住宅を建てるためのポイントについて知りたい」
家づくりをお考えでこのようにお悩みの方は多数いらっしゃるでしょう。
家を建てるのであればおしゃれにしたいですよね。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。

□おしゃれな注文住宅をつくるためのポイントとは

皆さんは、おしゃれな注文住宅をつくるポイントは以下の2つです。

1つ目は、壁とフローリングのバランスを良くすることです。
壁とフローリングのバランスが悪いと、かっこ悪く見えてしまうため、バランスを意識してすっきりとおしゃれに見せましょう。
デザインに凝りたいのであれば、壁一面のみに絞ってみるのも1つの手段です。

2つ目は、インテリアのテイストを統一することです。
テイストが異なる住宅というのは、アンバランスな印象になる可能性が高いです。
統一感を意識してみましょう。
アクセントは、人目につかない場所に設けてみましょう。

以上が、ポイントについてでした。

□おしゃれな家を建てる際の注意点について

ここまで、おしゃれな注文住宅を建てるためのポイントについて解説しました。
ここからは、注意点について解説します。

1つ目は、どのようなデザインにしたいのかを言葉で伝えるのは難しいことです。
自分の頭の中にあるイメージをうまく相手に言葉で伝えるというのは非常に難しいことです。
話し合いの際に、担当者へうまくイメージが伝わらなければ、おしゃれな家の建設は成功しません。
そのため、伝え方について考えることが大切です。

2つ目は、言葉ではなく、写真などを使用した方が良いということです。
先程、伝え方について考えることが大切であると解説しました。
具体的には、雑誌の切り抜きなど、画像でイメージを伝えることをおすすめします。
皆さんは、美容院に行った際に、仕上がりイメージを写真や画像で伝えた経験があるのではないでしょうか。

うまく言葉にできなくても、画像であればイメージを正しく伝えられますよね。
家を建てる際にも同じことが言えます。
実査の画像を使い、そこに補足をするように話を進めていくことで、相手に伝わりやすくなります。

以上が、注意点についてでした。

□まとめ

今回は、家づくりをお考えの方に向けて、おしゃれな注文住宅をつくるポイントについて、また、注意点について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、家づくりを行ってくださいね。
ご不明点がありましたらいつでも当社へご連絡ください。

平屋をご検討中の方へ!採光を確保しましょう!

2022.01.02

新築を建てようとしている方で、平家を考えているという方も多いのではないでしょうか。
平家に憧れを持つ方も多くいらっしゃいますが、失敗することが多いとも言われています。
後悔のないよう、注意点や工夫の仕方を知っておきましょう。
今回は、平家に多い失敗例や工夫の仕方を紹介します。

□平家で失敗しやすい例とは?よくあるのは採光や風通しの失敗です!

平家というと、ワンフロアで上下の移動がない為、暮らしやすく開放感があることが最大の魅力です。
他にもコミュニケーションの取りやすさや、地震や災害に強いという魅力のある平家ですが、設計の際に失敗しやすいと言われています。
そのような平家で失敗しやすい例として、採光や風通しが挙げられます。

はじめに、採光とは、窓などから室内に日光を取り入れることです。
平家は、ワンフロアで面積が広く、採光を中心にまで取り入れるのには工夫が必要です。
部屋の明るさや温度、洗濯物の干す位置も採光によって変わってくるため、しっかり確認しましょう。

また、風通しも失敗しやすいと言われています。
理想の間取りばかりを意識しすぎると、風通しが悪くなってしまいます。
風通しが悪いと、湿気やカビで健康面にも影響が出てくるため、風の通りもしっかり意識しましょう。
風は南北の方向に吹くため、南北の方向に窓を設置すると良いでしょう。

□採光を確保するための工夫の仕方を紹介します!

採光を確保するために工夫できることを2つ紹介します。

1つ目は、窓の高さに注意することです。
採光を確保するのに、方角が重要だと思われる方が多いですが、実は方角より窓の高さが重要です。
高い位置に窓を取り付けることで、高い位置からより広範囲に光を届けられます。
窓の位置が低いと、時間帯によって光の量が少ないなど、ばらつきが出てしまいます。

2つ目は、中庭を造ることです。
中庭を造ると、開放的なプライベートの空間ができると同時に、採光や風通しの良さも実現できます。
採光のために中庭を造ると、屋外を考慮せずに大胆な設計ができます。
また、中庭があると、四季の移り変わりを楽しむこともできるでしょう。

□まとめ

今回は平家に多い失敗例や工夫の仕方について紹介しました。
暮らしやすさや開放感のある平家に憧れますが、間取りばかりを気にしすぎると、失敗してしまいます。
採光や風通しを工夫して、暮らしやすく快適な平家を実現しましょう。
何か分からないことや悩みがあれば、ぜひ当社にご相談ください。