BLOG ブログ

リビングが広すぎるのも困る?後悔しないリビングづくりをしましょう!

2022.02.25

住まいの発見館会社ロゴ

家づくりをお考えの方で、リビングの広さをどれだけとればいいのかお悩みの方は多いでしょう。
広ければ広いほどいいとお考えの方も多いですが、広すぎるリビングも不便さがあり、後悔される方がいらっしゃいます。

そこで、今回は広いリビングの不便なポイントと、リビングの適切な広さを紹介します。

□リビングを広くすると感じる不便なポイントとは?

ポイントは3つあります。

1つ目はものを置きすぎてしまい、ものであふれかえってしまうことです。
リビングは家の中で最も人が集まる部屋です。
人が集まる部屋にはもちろんものも集まります。

キッチンのカウンターやソファーなどにちょっとずつものを置いて行ってしまい、結果的にリビングがものであふれかえってしまいます。

2つ目は面積が広くなることです。
リビングは開放感をだして、明るくしたいという一心で広くしてしまうと、単純に面積が増えます。
その分余白がでてきてしまい、その余白にものを置いてしまいます。

さらに、ものが増えることで、掃除が大変になってしまいます。
そのため、掃除が行き届かず、カビやダニが増えてしまうこともあるでしょう。
その結果アレルギーを発症してしまう危険性があるため、十分に注意する必要があります。

3つ目はコストが高くなってしまうことです。
家を建てる時のコストは面積に大きく左右されます。
リビングを2帖広げた場合、1坪広くなったことになります。
坪単価が60万の時は、60万円高くなってしまいます。

こういったことが重なり、予算内に収まらなくなってくる方も多くいらっしゃいます。
そのため、必要以上に広くしすぎないことも家づくりにおいては大切なポイントになります。

□リビングの適切な広さは?

リビングの適切な広さを考えるうえで大切なのは、家族構成や床面積を考えることです。
平均は16畳から19畳といわれていますが、快適なのは20畳です。

ここでは、リビングの広さ別に適した間取りを紹介します。

16畳の場合、キッチンは壁付けのタイプがおすすめです。
また、リビング内にはテレビやソファーをはじめ、ローテーブルなども置けます。
しかし、ダイニングとリビングを別にしてしまうと窮屈になるため、工夫が必要です。

18畳の場合、キッチンは対面キッチンよりも壁付けキッチンの方が快適に使えます。
また、リビングにはテレビやソファーなどに加えて、カウンターテーブルなども置けます。
しかし、ものを置きすぎないように工夫しましょう。

20畳になると、キッチンはペニンシュラキッチンがおすすめです。
また、リビングには18畳の時に置けるものに加えて2個から3個ほど多く家具を設置できます。

□まとめ

今回は広いリビングの不便なポイントと、リビングの適切な広さを紹介しました。
リビングを広くすると、ついついものが増えてしまい、掃除しづらいリビングになってしまいます。
そのために、必要以上に広くせずに、広さに合わせて置く家具を選ぶことが大切です。
新築住宅をお考えの方はぜひ当社までお問い合わせください。

リビングに吹き抜けを作るメリットとは?

2022.02.21

住まいの発見館会社ロゴ

家づくりをお考えの方で、吹き抜けの導入を検討されている方は多くいらっしゃるでしょう。
吹き抜けがあると、開放感が生まれて、部屋を広く見せられる効果があります。
しかし、吹き抜けにはメリットだけではありません。

そこで、今回は吹き抜けのメリットとデメリットをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□家に吹き抜けを作るメリットとは?

メリットは5つあります。

1つ目は自然光が入りやすくなるため、家が明るくなることです。
通常吹き抜けを家に導入する場合は、窓を2階に作ります。
そのため、本来ならば光が入らない場所にも光が入り、家全体を明るくできます。

2つ目は開放感を演出でき、部屋を広く見せることです。
吹き抜けを作ると、天井が最上階にしかなくなるため、部屋が広く感じます。
また、壁を減らせるため、横の空間も広く、開放感を演出できるでしょう。

3つ目は家族内のコミュニケーションがとりやすくなることです。
吹き抜けを作ると、構造上1階と2階が繋がるため、1階と2階のコミュニケーションのハードルを下げられます。

4つ目は家の中で風が通しやすくなることです。
吹き抜けを作ると、暖かい空気は上にいく性質があるため、暖かい空気がこもらず、風通しが良くなります。
また、シーリングファンを活用すれば、空気の循環を促進させられます。

5つ目はデザイン性があることです。
吹き抜けは最近流行の構造であるため、おしゃれに見えます。
また、空間が自由に使えるため、工夫次第でさらにおしゃれな空間を作れます。

□吹き抜けのデメリットについて

デメリットは4つあります。

1つ目は冷暖房が効きづらくなることです。
吹き抜けを作ると、1階と2階が繋がるため、1階に冷気が、2階に暖気がたまり、コントロールが難しいという特徴があります。

2つ目は2階のスペースが狭くなってしまうことです。
そのため、吹き抜けを検討する時は、必要なスペースを確保したうえで検討することをおすすめします。

3つ目はメンテナンスや掃除が大変になることです。
天井が高くなるため、天井にある照明器具の掃除には危険が伴います。
また、吹き抜けの内側にカビが繁殖してしまうこともあるため、業者に清掃を依頼する必要も出てきます。

4つ目は生活音やにおいが家の中に蔓延してしまうことです。
そのため、部屋の間取りを工夫したり、防音効果のある壁にするなど、様々な工夫が必要な場合もあります。

□まとめ

今回は家に吹き抜けを作ることのメリットとデメリットを紹介しました。
メリットは開放感を演出でき、風通しのいい明るい家にすることができる点です。
デメリットは熱や音、においなどが家中に広がってしまうことです。
新築住宅をお考えの方はぜひ当社までお問い合わせください。

家づくりにお悩み中の方必見!平屋は地震に強いか?

2022.02.17

住まいの発見館会社ロゴ

持ち家を検討中の方であれば、耐震性の高い家にしたいですよね。
特に日本は地震が特に多いため、耐震性は非常に重要です。

そこで、平屋が地震に強いかどうか気になる方もおられるでしょう。
今回は地震に強い平屋についてと、さらに耐震性を上げる方法を紹介します。
ぜひ平屋の住宅も検討してみてください。

□平屋が地震に強い理由とは?

平屋が地震に強い理由として、次の2つがあげられます。

1つ目の理由は、構造がシンプルであることです。
2階建て住宅や、3階建て住宅と比較すると、平屋は圧倒的にシンプルな構造になっています。
そのため、地震の揺れが、分散されやすくなり、建物が倒壊するリスクが低くなります。

一方で構造が複雑な2階建て住宅や、3階建て住宅は、揺れが1点に集中してしまい、倒壊しやすくなります。

2つ目の理由は、建物が低いことです。
建物は、高さがあるほど、揺れの影響を受けやすくなっています。
地震が起きた時に影響を大きく受けてしまうと、建物全体が大きく揺れるため、倒壊しやすくなります。

平屋は高さがないため、揺れの影響が少なくて済みます。
建物によって構造が異なってくるため、一概に2階建て住宅や3階建て住宅と比較して耐震性があるとは言えませんが、比較的耐震性が高くなります。

□平屋の耐震性をさらに上げるには?

さらに耐震性を高めるためには2つ方法があります。

1つ目は、壁を使って補強することです。

今ある壁に筋交いや補強用の合板を使って、壁を強くしたり、壁の数を増やしたりすることも効果的です。
壁は建物全体を支える重要な役割を担っているため、壁を補強することで、より耐震性を高められるでしょう。

2つ目は、柱を強くすることです。
壁を増やすことのデメリットとして、光が入りづらくなることがあります。

それを避けたい時は、柱を強化しましょう。
柱に筋交いをつけたり、柱と天井、床の接合部分に金具を取り付けることで柱を強化できます。

3つ目は、屋根を軽くすることです。
屋根を軽くすることで、建物にかかる重みを軽減し、耐震性を高められます。

□まとめ

平屋は地震に強いか、さらに耐震性を上げる方法はあるのかについて紹介しました。
平屋は構造がシンプルなため、地震に強いです。
耐震性を上げるには、壁や柱などの建物を支える部分を強化し、屋根を軽くして、家にかかる重みを減らすことが効果的です。
耐震性の高い住宅を希望の方は、平屋を検討してみてください。

シューズクロークをお考えの方必見!失敗例を紹介します!

2022.02.13

住まいの発見館会社ロゴ

住宅購入を検討されている方の中で、シューズクロークを導入したいとお考えの方は多いでしょう。

シューズクロークがあると、靴をたくさんお持ちの方は便利ですよね。
しかし、シューズクロークを導入して後悔された方も多くいらっしゃいます。
そこで、今回はシューズクロークの失敗例と原因を紹介します。

□シューズクロークの失敗例をご紹介!

シューズクロークの失敗例を3つ紹介します。

1つ目は、うまく活用できなかったという例です。
シューズクロークはウォークイン型とウォークスルー型があります。
玄関をきれいに保つためや、洗面所までの距離を短くしたいという理由から、ウォークスルー型のシューズクロークを導入したが、使い分けができなかったという失敗です。

来客の時や、子供たちと一緒に玄関に入る時は狭いシューズクロークでは使い勝手が悪くなってしまいます。

2つ目は、換気扇の失敗例です。
換気扇をつけると外観が悪くなるという理由で換気設備を導入しなかったため、玄関ににおいがこもってしまうという失敗もあります。
シューズクロークには靴だけではなく、外出の際に利用するものも置くため、湿っぽく、いろんなにおいが混ざりやすくなってしまいます。

3つ目は、収納機能があまりなかったという失敗例です。
シューズクロークは大変便利なため、ついついものが増えてしまいます。
しかし、ウォークスルー型は収納力があまりないため、導入する時は注意が必要です。

□玄関シューズクロークの失敗する原因とは?

1つ目は、家事動線が来客の動線より長すぎることです。
来客動線を優先してしまったせいで、家事動線が長くなってしまい、不便に感じることがあります。
そのため、普段よく使う家族が快適に生活できる間取りを考えることが大切です。

2つ目は、横幅が狭すぎることです。
シューズクロークの間取りを考える時に、人が通れる幅を確保することが重要です。

家族用の玄関として使用する時は、少なくとも1365ミリメートルは横幅をとっておきましょう。
もし、確保が難しい場合は、オープンな玄関の方がかえって使いやすい時もあります。

3つ目は、収納できるものが少なすぎることです。
シューズクロークの間取りを考えるときは、何を入れたいかも考えておきましょう。
靴以外にも、外出時に利用するものをシューズクロークに置くことになるので、想定せずに設置してしまうと、使い勝手が悪いシューズクロークになってしまいます。

□まとめ

今回はシューズクロークの失敗例と、玄関シューズクロークの失敗する原因を紹介しました。

シューズクロークを設置する際は、何を入れるのかを事前に考えて置くことが大切です。
さらに、人が通れるスペースも確保できるよう事前に確認しましょう。
シューズクロークを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

年収400万円前後の方必見!住宅ローンを組む額の目安を紹介!

2022.02.09

住まいの発見館会社ロゴ

家が欲しいけど、住宅ローンを組むことに不安を感じている方は多くいらっしゃるでしょう。
住宅ローンは、高額かつ長期にわたって返済する必要があるため、組むときに不安になりますよね。

そこで、今回は年収が400万円前後の方の返済額の目安と、考えるべき条件、そして住宅ローンで苦しまないためにできることを紹介します。

□返済額の目安と、考えるべき条件を紹介します!

一般的に無理することなく返済できる額は、年収の25パーセント程度といわれています。
手取りではなく、額面年収の25パーセントと考えましょう。
1か月あたりの返済額はこれを12分割した金額が目安です。

つまり、年収400万円の方は、1か月あたり、8.3万円が上限と認識しておくと、無理なく返済ができます。
この25パーセントを超えてしまうと少し苦しくなってしまう可能性もでてきます。

ただし、25パーセントを下回っても、もしもの時に返済ができなくなってしまうこともあります。
そのため、借りれる上限額を借りるのではなく、今後の生活や、出費の事も考えて、返済できる額にしましょう。

住宅ローンを組むときは、今後のライフイベントを予測することも重要です。

次に、借りるときに考えておくべき条件を紹介します。
条件は3つあります。

1つ目は、何歳で借りるかです。
何歳で借り始めるかによって、完済の年齢を早めれますし、老後の負担も減らすことができます。

2つ目は、完済年齢はいつかです。
完済年齢から逆算して、ローンを組む年齢を考えるのも良いでしょう。

3つ目は、月々の現実的に可能な返済額です。
ポイントは、返済できる金額で組むことです。

□住宅ローンで苦しまないためにできることとは?

1つ目は、保険を見直すことです。
住宅ローンを組む際に、多くの金融機関で求められるのが、団体信用生命保険への加入です。
そのため、個人で加入している保険は不要になることがあります。
家計が苦しい場合は、入っている保険を見直すことで生活が改善することもあります。

2つ目は、車の費用を見直すことです。
車を持っていても、使わないという方も多いと思います。
そのような方は車を手放してしまうのも1つの方法です。
維持費などを節約することができるでしょう。

□まとめ

今回は返済額の目安と、考えるべき条件と、住宅ローンで苦しまないためにできることを紹介しました。

返済額のポイントは額面年収の25パーセントです。
しっかり今後のライフイベントを想定して、返せる額を計算することが大切です。
また、どうしても苦しい時は、保険や車などを見直してみましょう。

マイホームを購入する年齢はいくつ?

2022.02.05

住まいの発見館会社ロゴ

将来的にマイホームが欲しいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
マイホームを購入するのは若い時がいいという話もよく耳にしますが、実際はどうなのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は家を建てる人の平均年齢と、若い時に家を購入するメリットとリスクを紹介します。

□家を建てる人の平均年齢は?

国土交通省によると、初めてマイホームを持った人の年齢は30代が多いという結果がでています。

具体的には注文住宅、分譲戸建住宅、分譲マンションの3つは30代の方が多いです。
中古戸建住宅と中古マンションは40代の方が最も多いという結果になっています。

特に、注文住宅を購入する人の中で、30代は48.1パーセントとなっており、平均年齢は39.5歳でした。

家を検討するタイミングの考え方は次のつが多いです。

1つ目は、完済年齢から逆算して考える方法です。

住宅を購入する時、多くの方は住宅ローンを利用します。
住宅ローンは多くの場合、完済年齢が75歳や80歳までと決まっています。
そのため、もしもの時のために余裕を持たせて完済することを想定すると、30代でローンを組むのがちょうど良いという考えの方が多いです。

2つ目は、子供を主軸に考える方法です。
注文住宅の居住人数の平均が3.5人となっていることからも、戸建住宅の世帯は、子供がいる方が多いことが推測できます。
このことから、子供ができたことをきっかけに、マイホームを購入する人は多いでしょう。

□若い時に家を購入するメリットとリスクを紹介します!

1つ目は完済年齢が早くなることです。
家を購入する時に多くの方が利用する住宅ローンは、中古の住宅やマンションを除いて、返済期間が30年を超えることがほとんどです。

そのため、ローンが完済するのは、30歳で組んだ人は60歳、40歳で組んだ人は70歳となります。
定年退職後にローンを払い続けなくてはならないことに不安を覚える方も多いでしょう。

そういった不安をなくすためにも、若いうちに住宅ローンを組むことで、老後の負担を減らすことができます。

40歳、50歳を超えると、住宅購入にリスクが生まれることもあります。

住宅ローンを組む時は、返済が長期に及ぶため、金融機関で団体信用生命保険への加入を求められることがほとんどです。
団体信用生命保険に加入する時、健康状態が関わってきます。
健康状態によってはローンが組めないこともあるということです。

□まとめ

今回は家を建てる人の平均年齢と、若い時に家を購入するメリットとリスクを紹介しました。

家を購入する平均年齢は39.5歳です。
定年退職後に返済する不安を払拭するためにも、若いうちからローンを組むことをおすすめします。
新築住宅についてお考えの方はぜひ当社までお問い合わせください。

家づくりの参考に!家づくりで決めることをご紹介します!

2022.02.02

住まいの発見館会社ロゴ「家づくりで決めることはなんだろう」
「家づくりで決めるときに注意することはなんだろう」
このようにお悩みの方は多いでしょう。
家づくりでは決めることがたくさんあります。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□家づくりで決めることとは

家づくりで決めることとは何なのでしょうか。
決めることリストをご紹介します。

まずは予算についてです。

1つ目は、頭金をいくら用意するのかです。
2つ目は、返済期間です。
3つ目は、借入先についてです。
4つ目は、返済方法はどのタイプが良いのかについてです。
5つ目は、毎月の返済額をどのくらいにするかです。

続いては、土地についてです。
1つ目は、理想の土地に求める条件です。
2つ目は、土地にかけられる予算についてです。

最後に、家づくりについてです。
1つ目は、理想の外観や間取りについてです。
2つ目は、住宅に求める性能についてです。
3つ目は、完成までのスケジュールです。

これらの優先順位についてですが、一般的には、まず予算について決め、次に土地について決め、最後に家づくりについて決めるという流れがスムーズでしょう。
もちろん、何を重視したいのかによっても異なるため、ご自身が納得のいく選び方をしましょう。

以上が、決めることリストについてでした。

□決める際の注意点について

家づくりで様々なことを決めていくうえでの注意点についてご紹介します。

1つ目は、こだわり過ぎないように気を付けることです。
こだわりすぎると、予算オーバーになってしまいます。
注文住宅は、こだわり始めるときりがありません。
そのため、資材や設備機器をハイグレードなもので揃えてしまうこともできます。
しかし、予算には限りがあるので、すべてにこだわりすぎると上限を超えてしまいます。

2つ目は、打ち合わせの記録を取ることです。
これによって、後になってトラブルになることを防げます。
メモやノートで記録を残しましょう。

施工担当者が記憶違いを起こしてしまう可能性がゼロではありません。
必ずご自身でもメモを取るようにしましょう。

以上が、注意点についてでした。

□まとめ

今回は、家づくりをお考えの方に向けて、決めることについて、また、決める際の注意点について解説しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、家づくりを行ってくださいね。
ご不明点がございましたらいつでもご相談ください。