BLOG ブログ

耐震等級3は必要なのか?家の耐震構造について詳しく解説します!

2022.05.29

住まいの発見館会社ロゴ家づくりをお考えの方のほとんどは、地震に強い家を作りたいと考えていらっしゃるでしょう。
地震に強い家を作るためには、耐震等級3を取得することをおすすめします。
そこで今回は、耐震等級の区分についてと耐震等級3を取得する方法について紹介します。
 

□耐震等級の区分について

 
耐震等級には、3段階に分けられています。
 
耐震等級1とは、建築基準法の耐震力と同じくらいです。
建築基準法では、最低限の耐震性能を満たすほどの基準が定められています。
数百年に1度発生するくらいの大地震にも倒壊せず、数十年に1度発生するくらいの地震にも損傷しないほどの耐震性能があります。
 
耐震等級2とは、長期優良住宅の認定基準として定められています。
耐震等級1の1.25倍ほどの耐震性能がある耐震等級2ですが、この耐震性は長期優良住宅の認定基準に定められています。
学校や公共の建物はだいたいこの等級で建てられています。
 
耐震等級3とは、消防署や警察署などの防災拠点の耐震基準として定められています。
耐震等級3は、耐震性能としては耐震等級1の1.5倍あり、住宅性能表示制度の耐震等級の中で最も高い等級になります。
震度6〜7程度の大きな地震が起きても、軽い補修程度で済むレベルの耐震性があります。
 

□耐震等級3を取得する方法とは?

 
熊本地震の被害状況から、木造2階建て住宅の場合、耐震等級3は必須であることがわかりました。
耐震等級3の住宅を建てたい場合は、建設会社にしっかりとその旨を伝えることが大切です。
 
耐震等級3の家にするためには、壁の位置のバランスが取れていることや、上下階の柱位置が同じ比率が高いことが大事です。
住宅プランができた後で耐震等級3を希望してしまうと、設計のやり直しを行う必要がでてきます。
 
耐震等級3にしたい場合は、事前にしっかりと伝えておくことが大切です。
 
耐震等級3の家を建てたい場合は、基本的には追加費用は必要ありません。
しかし、標準仕様ではない住宅会社の場合は、追加費用がかかるため注意しましょう。
耐震等級3を取得するには、構造計算費用と施工費用がかかります。
 
もし標準仕様ではない住宅会社で耐震等級3にする場合は、40万円〜50万円ほどの追加費用がかかるので、注意が必要です。
 

□まとめ

 
今回は、耐震等級の区分についてと耐震等級3を取得する方法について紹介しました。
住宅において、大きな地震にも耐えれるほどの耐震性をご希望であれば、耐震等級3の家にすることをおすすめします。
耐震性でお悩みの方は、ぜひ当社までご相談ください。

主婦目線の間取りについて使いやすくなる工夫を紹介します!

2022.05.25

住まいの発見館会社ロゴ主婦の方にとって、子育てや家事がしやすい家は便利でいいですよね。
そこで今回は、子育てしやすい家・間取りを作る時のポイントについてと主婦が間取りを決めるときのポイントについて紹介します。
ぜひ間取りを決める時の参考にしてください。
 

□子育てしやすい家・間取りを作る時のポイントについて

 
まずは、家事をしながら子どもに目が届く間取りにすることです。
家事を中断することなく、子どもの様子が確認できればお互いに安心できます。
子どもの様子を確認しやすくするためには、キッチンを家の中心に配置して、家の中を見通しよくしましょう。
 
また夫が子育てや家事をサポートしてくれる環境を作ることです。
そのためには、キッチンを2人でも使いやすいようにすることで、料理は分担して進めることができます。
また、自然と子どもたちがお手伝いをしやすい雰囲気にもなるため、おすすめです。
 

□主婦が間取りを決めるときのポイントとは?

 
1つ目は、玄関土間収納を設置することです。
靴が多い方にもおすすめですし、ベビーカーや自転車など、外出時に使う大型のものを置けるため、便利です。
 
2つ目は、玄関を上がったらすぐに行ける和室を設けることです。
リビングは人と物が集まるスペースなので、ごちゃごちゃしがちですよね。
急にお客さんがきたときに玄関からすぐにいける和室があれば、その部屋に通せるため、便利です。
 
3つ目は、独立した部屋干しスペースを設けることです。
外に洗濯物を干すのももちろんいいですが、虫が付いたり、雨で汚れたりするのは嫌ですよね。
そこで、部屋干しスペースを作っておけば、いつでも洗濯物が干せて便利です。
 
4つ目は、1階にファミリークローゼットを設置することです。
1階にファミリークローゼットを設置することで、洗う、干す、しまうが全部1階で完結します。
 
5つ目は、パントリーを設置することです。
パントリーを設置することで、キッチン下の低い場所からわざわざものを取り出さずに済みます。
 
6つ目は、コンセントを多めに設置することです。
家具や家電は家中で使いますよね。
そのため、コンセントは多めに配置しておきましょう。
 
7つ目は、エコカラットを付けることです。
これは、部屋の湿気を吸い取ってくれるため、自然に湿気対策ができます。
 
8つ目はアーチ壁を設けることです。
アーチ壁を取り入れることで一気におしゃれな家になります。
 

□まとめ

 
今回は、子育てしやすい家・間取りを作る時のポイントについてと主婦が間取りを決めるときのポイントについて紹介しました。
主婦の方が家事や育児をしやすい間取りを作るためには、子どもの状態をすぐに確認できる間取りにすることが大切です。
間取りでお悩みの方は当社までお気軽にご相談ください。

頭金の貯め方とは?目安となる金額と効率的な貯め方をご紹介します!

2022.05.21

住まいの発見館会社ロゴ家づくりをお考えの方は、最初に頭金をいくら支払う必要があるのかが気になるポイントですよね。
また、住宅を購入する時にはまとまったお金を準備する必要があります。
そこで今回は、頭金の目安額についてと住宅資金の効率的な貯め方について紹介します。
 

□頭金の目安額について紹介します!

 
首都圏の新築マンションを購入した人の頭金の平均は1100万円〜1300万円台となっており、金額が増加気味ですが、これは単純にマンションの価格が上昇しているためです。
これは頭金比率のデータから推測できます。
頭金比率とは、物件価格に占める頭金比率のことです。
 
一般的に頭金の望ましい割合は2割と言われています。
しかし、頭金ゼロの人も含めて1割に満たない人が半数以上いるので、安心してください。
 

□住宅資金の効率的な貯め方について

 
住宅を購入する時は、まとまったお金が必要になります。
ここでは、効率的に住宅資金を貯める方法を紹介します。
住宅資金はいつ使うかが決まっているため、他の資金とは別に準備をして、資産が目減りしないような方法で準備するのがおすすめです。
 
まず最初におすすめしたいのが、銀行の積立定期預金です。
住宅資金は10年以上にわたって準備することはほとんどありません。
そのため、一般の投資商品を利用すると損をしてしまうこともあります。
 
積立定期預金は元本が保証されているため、住宅資金を準備するのにもってこいの方法です。
他の口座としっかり区別して準備しておきましょう。
 
次に、会社の財形貯蓄です。
国と企業が従業員の資産づくりを支援する制度のことを財形貯蓄といい、目的が決まったお金を準備するのにぴったりです。
 
財形貯蓄には、「一般財形貯蓄」「財形住宅貯蓄」「財形年金貯蓄」の3種類があり、住宅資金作りのための制度は「財形住宅貯蓄」になります。
 
次に個人向け国債です。
個人向け国債は、国が個人向けに発行している債券で、1万円から購入でき、償還までの期間が10年債、5年債、3年債と選べます。
さらに10年債は変動金利、5年債・3年債は固定金利と金利を選べます。
 
また、利子は最低保証として0.05%と下限が定められています。
そのため通常の銀行よりも利息が高く、元本割れしにくい傾向にあります。
 
最後に住宅資金を効率的に貯めるポイントを紹介します。
住宅資金を効率的に貯めるためには、期限と目標金額を明確に定めることが大切です。
その目標から逆算して、毎月いくら貯めるのかを決めましょう。
 

□まとめ

 
今回は、頭金の目安額についてと住宅資金の効率的な貯め方について紹介しました。
住宅資金は使う期限が決まっているため、元本割れしない方法で準備するのがおすすめです。
また、期間と期限を明確に決めて計画的に準備しましょう。

建売住宅と自由設計の違いについて解説します!

2022.05.17

住まいの発見館会社ロゴ家づくりを検討されている方で、建売住宅と自由設計という言葉を聞いたことがあるけど、なんのことか分からない方も多いでしょう。
そこで今回は、自由設計と建売設計のメリット・デメリットについてと自由設計で気を付けることについて紹介します。
 

□自由設計と建売設計のメリット・デメリットについて

 
建築条件付きの土地を購入した後にその土地に家を建てるというのを、自由設計の家と言います。
建築条件付きの売地とは、土地の売主が指定した建築業者と売買契約を結ばなければならないという条件が付いている土地のことです。
 
そんな自由設計のメリットは、間取りの自由度が高いことです。
間取りを決めたり、提示されていたものを変更しても、費用が高くなりすぎることはありません。
あらかじめ定めた予算内で間取りの変更をするため、家族にあわせた住宅を予算内で手に入れられます。
 
また、比較的短期間で完成することも大きなメリットです。
土地も建築会社も既に決まっており、間取りも既定のプランから変更する程度で済むので、比較的短期間で家が完成します。
 
反対にデメリットは、建築業者を選べないことです。
建築会社を選べないと、設備の自由度が低くなるため、キッチンやバスが思い通りにならないことがあります。
 
次に、建売住宅について説明します。
建売住宅とは、土地と家がセットで販売されている新築分譲住宅のことをいいます。
住宅が完成しているものと、途中のもののどちらも販売されています。
 
建売住宅のメリットは、割安になることです。
建売住宅は、同じ広さや仕様の家を建てるため、資材の購入や工事を効率的に進められます。
また、出来上がった姿を目視で確認できるため、建ててからの失敗が少ないです。
 
建売住宅のデメリットは、設計や間取りの自由度が低いことです。
既に建てられた家を購入するため、自分の希望に合う物件を探す必要があります。
 

□自由設計で気を付けることとは?

 
自由設計は建築会社によって自由度やモデルプランが異なるため、注意が必要です。
また、建築会社を選べないという面もあるため、建築会社のコンセプトを事前に確認しておきましょう。
希望の間取りや設備がない時は、通常よりも高めの値段で設定されている追加費用を支払わなければいけない場合があります。
 

□まとめ

 
今回は、自由設計と建売設計のメリット・デメリットについてと自由設計で気を付けることについて紹介しました。
自由設計と建売設計はそれぞれにメリットとデメリットがあるため、自分の暮らしに合う設計方法を選択するようにしましょう。

マイホームは必要かご検討中の方にマイホームと賃貸のメリットとデメリットを紹介します!

2022.05.13

住まいの発見館会社ロゴ新居をお探しの方にとって最初の選択は、マイホームを購入するか、賃貸にするかですよね。
それぞれメリットとデメリットがあるため、自分のライフプランに合わせて選ぶ必要があります。
そこで今回は、マイホームのメリット・デメリットについてと賃貸のメリット・デメリットについて紹介します。
 

□マイホームのメリット・デメリットについて

 
マイホームのメリットは以下のような点です。
 
・資産になる点
・住宅ローンが終われば、経済的な負担が軽くなる点
・賃貸に比べて品質が高い場合が多い点
・広さや間取りなどの選択肢が豊富にある点
・建替えやリフォームの自由度が高く、住み心地を高められる点
 
上記の通り、マイホームのメリットはなんといっても住宅自体が資産になることです。
そのため、状況に応じて売却でき、ローンを完済すれば経済的な負担も軽くなるため、老後の支払いについても考慮する必要はありません。
 
また、リフォームなどの自由度が高いため、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるのも、大きなメリットのうちの1つです。
 
反対にデメリットは以下の通りです。
 
・収入が変化した場合、対応しにくい点
・住宅を購入する時の経済的負担が大きい点
・修繕費などを自己負担する必要がある点
・資産価値が下落する可能性がある点
 
上記の通り、賃貸と比べると断然住みかえにくいため、収入が変化した場合に引っ越すことが難しくなります。
 

□賃貸のメリット・デメリットとは?

 
賃貸の大きなメリットは、住宅ローンを組まなくて良い点です。
住宅ローンを借りた場合、状況が変われば、破綻するリスクを負うことになりますが、賃貸であれば、そこまで重いリスクを背負う必要はありません。
 
また、建物を維持するための税金や保険、修繕のためのお金はかかりません。
家賃を支払い続けられれば、資産価値が下がることを気にする必要もありません。
 
さらに引っ越しがマイホームに比べて簡単にできるのも賃貸の大きなメリットです。
転勤やもう少し広い家に住みたいときなど、ライフスタイルの変化に合わせて自由に引っ越せます。
加えて土地に拘束されないため、近隣トラブルが起きた時にもすぐに引っ越しすることができます。
 
次にデメリットとしては、家賃を支払い続ける必要があることでしょう。
家賃を払い続けても自分の資産にはならず、数年ごとに契約更新をしなければならず、家賃が値上げすることも考えられます。
また、リフォームができないため、もし部屋の中を傷つけてしまったり、備品を壊してしまった場合は、修繕費を支払わなければいけません。
 

□まとめ

 
今回は、マイホームのメリット・デメリットについてと賃貸のメリット・デメリットについて紹介しました。
それぞれメリットとデメリットに特徴があるため、自分のライフプランに合わせて、適切なものを選択するようにしましょう。

住宅性能評価等級とは?住宅性能評価等級の10分野を紹介!

2022.05.09

住まいの発見館会社ロゴ

家づくりをご検討されている方で、住宅性能評価等級という言葉を聞いたことがある方は多くいらっしゃるでしょう。

しかし、住宅性能評価等級とはどんな意味なのかご存じの方は少ないでしょう。
そこで今回は、住宅性能評価の10分野についてと住宅性能表示の最高等級が選ばれる理由について紹介します。
 

□住宅性能評価の10分野について紹介します!

 
1つ目は、地震などに対する強さです。
地震が起きた時や、何かしらの衝撃が建物に加わった時の倒壊がしにくいか、損傷が少ないかについての評価があります。
等級が高いほど地震に対して強いと言えます。
 
2つ目は、火災に対する安全性です。
住宅の中で家事が起きたときにどの程度安全に避難できるような対策がしてあるかについて評価します。
 
3つ目は、柱や土台などの耐久性です。
住宅は経年劣化をするため、痛まないようにするための対策をどの程度行っているかについて評価します。
等級が高いほど耐久性が高いことを示します。
 
4つ目は、配管の清掃や補修がしやすいか、更新対策です。
配管は基本的に構造躯体よりも先に寿命がくるため、配管の点検や清掃のしやすさや補修のしやすさを評価します。
等級が高いほど点検・清掃をしやすいことを表します。
 
5つ目は、省エネルギー対策です。
暖房や冷房での温度調節を効率的に行うために、どの程度断熱などの対策が行われているかについて評価します。
 
6つ目は、シックハウス対策・換気です。
建材からホルムアルデヒドが発生している場合、シックハウスの原因の1つと考えられているため、使用している建材について評価をします。
 
7つ目は、窓の面積です。
東西南北と家の上の方の5つの方角で、窓の大きさを評価します。
 
8つ目は、遮音対策です。
遮音対策についての評価は基本的に共同住宅で行われる評価です。
遮音対策に関しては、上下の部屋からの音や隣の部屋からの音について伝わりにくさを評価します。
 
9つ目は、高齢者や障がい者への配慮です。
高齢者や障がい者が暮らしやすいような設計がされているかについて評価します。
 
10つ目は、防犯対策です。
家と外をつなぐ窓や扉についての防犯対策を評価します。
 

□住宅性能表示の最高等級が選ばれる理由とは?

 
住宅性能表示の最高等級が選ばれる理由は様々ありますが、地震や台風などの自然災害もその原因の1つです。
建築基準法はたびたび改正されてきましたが、阪神淡路大震災や東北大震災では当時の建築基準法で決められた基準を超えてしまいました。
今後さらに大きな地震が起こる確率は70%程度といわれているため、耐震性をもっと向上させる必要があります。
 

□まとめ

 
今回は、住宅性能評価の10分野についてと住宅性能表示の最高等級が選ばれる理由について紹介しました。
家づくりを検討されている方は、耐震性の高い家にするための工夫をしましょう。

建ぺい率とは?建ぺい率について詳しく解説します!

2022.05.05

住まいの発見館会社ロゴ家づくりをお考えの方で、建ぺい率という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。
しかし、言葉の意味を知らない方もいるはずです。
そこで今回は、建ぺい率についてと、土地の活用を決めるポイントについて紹介します。
 

□建ぺい率とは?

 
建ぺい率とは、敷地面積に対する建物の面積の割合のことを指します。
土地にどれくらいの広さの建物が建てられるのかという数値の事を建ぺい率といいます。
容積率という数値も大切で、敷地面積に対する延床面積の割合を示す数値のことです。
 
建ぺい率や容積率の数値が高いほど、建物の面積が大きくなります。
しかし、日当たりや風通しなどによって制限しなければならないため、建築基準法によって用途地域や防災地域の種類ごとに上限が決められています。
 
用途地域とは、計画的に市街地を作るために建物の用途を定めた制度のことです。
皆が好きな場所に好きな建物を建てると、様々な不都合が生じるため、用途地域が定められています。
 
用途地域は大きく「住宅系」、「商業系」、「工業系」の3つに分けられます。
地域による上限や、それぞれの詳しい情報は、各自治体のホームページでも確認できます。
 
建ぺい率と容積率は公式に当てはめることで自分でも計算できます。
 
建ぺい率は建築面積を敷地面積で割った値に100をかけることで計算できます。
また、容積率は、延床面積を敷地面積で割って100をかけると計算できます。
これを超える建物は建てられないので、注意しましょう。
 

□土地の活用を決めるポイントについて

 
ここでは土地活用を決めるポイントについて3点紹介します。
 
1つ目は、土地の利用制限・建築規制についてです。
土地を活用するために建てる建物を考える上で、土地の利用制限・建築規制は基本的なルールになるものです。
この制限内で何が建てられるかを考えなければいけません。
 
2つ目は、土地の面積についてです。
土地の面積が狭いと、当然そこに収まる分しか建物を建てることはできません。
そのため、マンションやビルなどの大きな建物を建てるためには広大な土地が必要です。
 
3つ目は、賃貸需要についてです。
どれだけ用途が明確な建物を建てたとしても、借主が現れるとは限りません。
土地活用を考える時には、賃貸需要を主軸に考える必要があります。
 
たとえビルやマンションが建てられるほど広い土地があっても、需要がなければ建てる必要はありません。
土地活用で失敗しないためには借り手を意識した建築物を建てることが大切です。
 

□まとめ

 
今回は、建ぺい率についてと、土地の活用を決めるポイントについて紹介しました。
建ぺい率や容積率は家を建てるうえで大切なことですので、家を建てる前には各自治体のホームページなどでしっかり確認しておきましょう。
また、土地活用において大切なことは借り手を意識して活用方法を考えることです。

掃除しやすいキッチンにするためのポイントをご紹介いたします!

2022.05.03

住まいの発見館会社ロゴ

「掃除しやすいキッチンはどのようなキッチンなのだろうか」
「キッチンをきれいに保つためにはどうすれば良いのだろうか」
このようにお考えの方はいらっしゃるでしょう。
キッチンは掃除しやすい方が良いですよね。
そこで今回は上記のお悩みを解消するための情報についてご紹介します。

□掃除しやすいキッチンとは

掃除しやすいキッチンとは、どのようなキッチンなのでしょうか。
イメージが湧かない方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、掃除しやすいキッチンについてご紹介します。

キッチンでは、水や油をよく使いますよね。
掃除を楽にするためには、素材選びが重要です。

一般的にワークトップやシンクの素材、ステンレス製などが素材としてあげられます。
他にも、セラミックや天然石、タイルなども使われますよ。

また、素材以外にも掃除を楽にする方法があります。
それは、IHを選ぶことです。
フラットなため掃除がしやすく、焦げついてもすぐに落とせますよ。

キッチンクロスにもこだわると良いでしょう。
キッチンの壁や床には、水や油が飛び散ってしまいますよね。
汚れに強く、掃除がしやすいキッチンパネルにしましょう。

□キッチンをきれいに保つ方法について

ここからは、キッチンをきれいに保つ方法についてご紹介します。
キッチンをきれいに保つ方法として、汚れる前の対策といつもきれいにする方法があります。

まずは、汚れる前の対策についてご紹介します。
調味料の下にキッチンペーパーを敷きましょう。
調味料がこぼれてしまった場合、掃除の手間が省けます。
また、仕切りをつけておくと調味料の転倒を防げますよ。

マスキングテープを隙間に貼っておいたり、レンジフードの上にアルミホイルを敷いておいたりしておくこともおすすめです。
汚れやほこりが溜まりやすい場所なので、掃除が楽になるでしょう。

次に、いつもきれいにする方法についてご紹介します。
掃除用の雑巾を常に用意しておきましょう。
古くなったバスタオルをカットしておくと、いつでも気軽に掃除できます。
それに加えて、クリーナーを手の届くところに置いておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は掃除しやすいキッチンに関するお悩みがある方に、掃除しやすいキッチンとキッチンをきれいに保つ方法の2つについてご紹介しました。
当初のお悩みは、解消されたでしょうか。
今回の記事を参考にして、きれいなキッチンを保つようにしてくださいね。
ご不明点がある際は、当社までお気軽にご相談ください。