BLOG ブログ

地震に強い家の特徴や耐震性を上げる方法を紹介します!

2022.08.09

住まいの発見館会社ロゴ

地震に強い家にはどのような特徴があるのでしょうか。
地震が多い日本だからこそ、家を地震から守るための努力をしていく必要があります。
耐震性の高い家の特徴や耐震性を上げるための方法を知っておきましょう。
今回は、地震に強い家の特徴や耐震性を上げる方法を紹介します。

□地震に強い家の特徴とは

地震に強い家は、シンプルな形をしていると言えます。
長方形や正方形のようなシンプルな形は壁が向かい合っているため、衝撃を吸収しやすい構造なのです。
一方で、凹凸が多い家は部分的に衝撃を受けるため、衝撃の吸収が難しく、歪みや崩壊の原因となるでしょう。

また、質量が軽く高さが低い家も地震に強いと言えます。
地震の振動は建物が重ければ重いほど、高ければ高いほど大きくなるため、軽く低い住宅は揺れを最小限に抑えられるでしょう。
質量が軽く高さが低い木造の平屋は住宅の中でも最も地震に強いと言われています。

さらに、地震が強いかどうかはその土地の要素も関係してきます。
地盤が強い土地に建てられた住宅も、地震に強くなるのです。
地盤が弱く柔らかいエリアに家を建てると、地震が起きた際に衝撃に耐えられず傾いたり沈下したりする可能性が高くなります。

□耐震性を上げるためには

耐震性を上げるためには、耐震性を高める構造を採用する必要があります。
この構造には大きく分けて3つあります。

1つ目は、耐震構造です。
建物を頑丈にして地震の揺れに耐える構造で、メインとなる壁や床を強固に繋げて強い揺れから建物を守ります。
比較的コストが低いので戸建てでは一般的な構造です。

2つ目は、制震構造です。
壁の中にあるダンパーという制震装置で建物の揺れを吸収する構造で、3から5階建ての低層マンションに採用されている構造となっています。
強い地震でも建物の損傷ダメージを軽減でき、台風の風揺れにも強い構造です。

3つ目は、免震構造です。
建物と地面の間に免震装置を置いて地震の揺れを建物に伝えにくくする構造です。
コストが高く、一戸建てよりも高層マンションに広く採用されています。
地震が来ても揺れを感じにくく、家具の倒壊の心配もないほど頑丈です。

□まとめ

今回は、地震に強い家の特徴を紹介しました。
地震に強い家は、シンプルな形で、質量が軽く高さが低いのと同時に、地盤がしっかりしている土地に建っています。
また、耐震性を上げるためには、建物の大きさに応じて今回紹介した3つの構造を取り入れる必要があるでしょう。

掃除しやすいキッチンとは?掃除しやすくなる工夫について紹介します!

2022.08.05

住まいの発見館会社ロゴ

キッチンは毎日使う場所なので、比較的汚れやすい部分だと言えます。
使い勝手の向上や急な来客への備えのためにも、キッチンを綺麗に保つためのコツは知っておくと良いでしょう。
今回は、掃除しやすいキッチンの特徴について紹介します。

□掃除しやすいキッチンの特徴とは

まず、手入れがしやすい素材を使っているキッチンは掃除がしやすいと言えます。
ワークトップやシンクには様々な種類の素材がありますが、特にステンレス製や人工大理石のものはセラミックや天然石、タイルなど他の素材に比べて手入れがしやすく人気です。

また、ガスコンロではなくIHを採用しているキッチンも掃除がしやすくなっています。
ガスコンロは火力の強さが魅力ですが、凹凸が多いため手入れの簡単さという観点では劣っています。
一方でIHはフラットな表面なので使った後の手間がほとんどかかりません。

さらに、ものを取り出しやすい収納を備えていることも特徴の1つです。
キッチンは調味料や調理器具、食器など様々なものを使うのでたくさんの収納スペースが必要です。
収納できる量だけでなく取り出しの楽さも掃除のしやすさに関わる条件だと言えます。

□掃除しやすくするコツについて

1つ目は、クリーナーを手の届くところに配置することです。
汚れをすぐに拭けるように、キッチンの引き出しのバーにかけておくと動作も最小限にできて便利です。
また、ボトルをおしゃれにすることで見た目も良くなるでしょう。

2つ目は、調味料の下にはキッチンペーパーを敷くことです。
調味料の収納スペースにキッチンペーパーを敷くことで、液垂れによる汚れの対策になります。
棚の中で調味料が転倒することは少なくないので、キッチンペーパーだけでなく仕切りを付けるなどの工夫も効果的です。

キッチンの掃除の手間を減らすためには、できるだけものを置かないように意識することも大切です。
収納を増やしたりパントリーを導入することで、ものが外に出ていない綺麗な見た目のキッチンを実現できます。
キッチンがすっきりしていれば、見た目を良くできるのはもちろん、使い勝手も向上させられるでしょう。

□まとめ

今回は、掃除しやすいキッチンの特徴や掃除しやすくするコツを紹介しました。
掃除がしやすいキッチンにするために、素材や収納にこだわりましょう。
また、小さな工夫ですが、クリーナーを近くに置いたり、キッチンペーパーを活用したりといったことも綺麗なキッチンを作る要素なので覚えておきましょう。

掃除がしやすい部屋の特徴と作り方のポイントを紹介します!

2022.08.02

住まいの発見館会社ロゴ

生活しやすい部屋の条件として大切なのが、掃除がしやすいことです。
そのため、生活しやすい部屋にしたい方は、掃除がしやすい部屋について知っておく必要があるでしょう。
そこで今回は、掃除がしやすい部屋の特徴と作り方のポイントを紹介します。
ぜひお役立てください。

□掃除がしやすい部屋とは?その特徴を紹介!

1つ目は、動線を意識している部屋です。
動線とは人の動きを線で表したもので、短ければ短いほど効率的な作りと言えます。
掃除がしやすい部屋は中央に通り道があり、その両側に家具や家電が配置されているシンプルな作りであることが多く、掃除機をかけやすいです。

2つ目は、床や机の上など至る場所に最低限の物しか置かれていない部屋です。
物が多く散らかっている部屋は整理や掃除がしにくく、掃除機もかけにくいと言えます。
反対に収納を上手く活用していて物が散らかっていない部屋は、掃除機をかけやすくすぐに綺麗にできるでしょう。

3つ目は、物の定位置が決まっている部屋です。
物の定位置が決まっていないと部屋全体が散らかった印象になりやすいと言えます。
掃除がしやすい部屋に住む人の多くは、使ったら元の位置に戻す習慣がしっかりと備わっているケースがほとんどです。

□掃除がしやすい部屋の作り方とは?作り方のポイントを紹介!

部屋を綺麗にしやすくするために、まず注力したいのが収納です。
部屋にある物は、できるだけボックス収納や棚に収まるようにしましょう。
また、物をどこに収納するのかを明確に決めておくと、使い勝手が良くなるのでおすすめです。

掃除の手間になるラグや絨毯に関しては、特別なこだわりがない限り、敷かないのが賢明です。
ラグや絨毯はインテリアとしては優秀で、敷かないと見た目が暗くなってしまいます。
その場合は壁紙やカーテンなど、他のインテリアで代用すると良いでしょう。

他にも、電子機器をたくさん扱う部屋については、配線を1つにまとめるのが効果的です。
配線が床を覆っているような部屋では、散らかった悪い印象しか与えません。
配線は結束バンドでまとめたり、コードを入れる用の収納を作ったりしましょう。

□まとめ

今回は、掃除がしやすい部屋の特徴と作り方のポイントを紹介しました。
部屋を綺麗にしていないと、さまざまな問題が生じます。
そのため、今回紹介したポイントを押さえて、部屋を掃除しやすい空間にしましょう。
また、家づくりに関して相談したい方は、ぜひ当社までご相談ください。