BLOG ブログ

家事導線やスタイリッシュな外観!暮らしの工夫と個性が溢れる家

2019.11.22

2019年10月
佐倉市で完成見学会を開催しました。

佐倉駅から徒歩5分の好立地。
落ち着いたトーンのクラシカルなレンガを使用した外観ですが、中に入ればポップな壁紙を使用したトイレや、階段スペースを活用した2階の天井まで吹き抜けがある広いリビング、家事導線が考えられたアイランドキッチンなど、暮らしの工夫と個性がいっぱいです。

 

スタイリッシュでリゾートライクな外観

レンガ積み職人が1個1個積み上げたレンガ外壁はとても印象的。
通常の家では味わえないリゾートライクな外観は必見です。

家の中にもレンガを使用した壁があります。

 

家事・食事が楽しくなる工夫

洗面室からダイニングキッチンへの家事ラク動線に注目。
ダイニングテーブルは造作でこしらえ、キッチンと一体となり日々の配膳が便利!

 

ナチュラルな明るさと素材感を楽しむ

リビング上部が吹抜けになっていて、東・南・西面すべてから光が入ります。
リビングの天井は天然木仕上げ。
壁面はデザインウォールの素敵な空間です。

 

高い天井には大きな窓。階段を利用した採光の工夫

生活の中心となるリビングにしっかりと光が入るよう、採光にも工夫をしています。
リビングから繋がる階段が吹き抜けの役割を果たし、天井付近に設置した大きな窓から光を取り入れられるようにしました。

南〜南西を向いた窓からは明るい光が入ります。

天井を高くすると気なるのがエアコンの効き具合や光熱費。
広い空間を快適な温度にするためには、高い断熱性能は欠かせません。
今回の住まいも、住まいの発見館が標準で提供しているセルロースファイバーが高品質な断熱性能と省エネ性能を実現しています。

 

若いご夫婦のこだわり

洗面所や玄関などからキッチンまで使い勝手の良い家事導線を設計。
アイランドキッチンに併設されたダイニングテーブルは奥様の憧れでした。

子ども部屋は、今は大きな一つの部屋ですが、お子様が成長すれば壁をつくり部屋を分けることも可能です。
クローゼットやドア、窓など部屋を分けても困らないようそれぞれの部屋に設置しています。

 

クラシカル、それでいてポップに。

レンガの家が数多く立ち並ぶヨーロッパの街並み。
中でもイタリアなどは、法律で「外観を大きく変えることは禁止」と決められています。
そのため、実は「築300年を超えている」といった建物が今尚、数多く存在しており、趣きのある街並みを演出しています。

街並みそのものは古風ですが、家の中に入ると景色は一変。
洗練されたインテリアデザインで、POPな雰囲気、デザインにこだわった家、時には白黒でモノトーンなど、古風でクラシカルな外観からは想像できない家が数多く存在します。

今回の住まいも「レンガの家」に強いこだわりを持ったご夫婦が実現したかった暮らしです。
クラシカルなレンガで落ち着いた雰囲気の外観。
その一方で、家の中に入ると、ポップな壁紙や広い天井が堅苦しくない空間を演出。

地震や台風などの自然災害にも強く、最低限のメンテナンスで生活できるレンガの家は、きっとこれから50年後、100年後の生活を支え続けてくれることでしょう。

 

一覧へ戻る