BLOG ブログ

「耐震等級は意味がない?」正しい知識で安心の住まいを選ぼう!

2023.12.25

住まいの発見館会社ロゴ
新築や中古住宅の購入を検討中の方々の中には、地震が多い日本で、安心して家族と生活したいと願う方もいらっしゃいます。
今回は、耐震等級の重要性とその選択がもたらすメリット・デメリットについて解説します。
この情報を活用して、愛する家族を守るための住宅選びの一助としてください。
また、「耐震等級は意味が無い」とお考えの方も、この記事を参考にしてください。
 

□耐震等級は意味がない?基礎知識を学ぼう!

 
1:耐震等級の概要
 
耐震等級とは、地震に対する建物の強度を示す耐震等級です。
この指標は3段階に分けられ、耐震等級1は最低基準、耐震等級2と3はそれぞれ1.25倍、1.5倍の耐震性能を有します。
 
重要な点は、耐震等級の基準が時間と共に進化していることです。
過去の地震から学び、改正が重ねられています。
同じ耐震等級でも、制定年によって性能が異なるため、その違いを理解することは賢明です。
 
2:耐震等級とその変遷
 
耐震基準は1971年、1981年、2000年に大きく改正されました。
例えば、1981年以前の耐震等級1では、震度5程度の地震で大きな損傷を避けることが基準でしたが、現行の基準ではより高い耐震性能が求められています。
改正の歴史を踏まえると、旧耐震と新耐震では明らかな違いがあり、これを知ることは住宅選びの重要な鍵となります。
 
3:耐震等級の誤解
 
「耐震等級は意味がない」という声も聞かれますが、これは誤解です。
耐震等級は、建物の地震に対する強さを数値でわかりやすく示すための有効な指標です。
耐震性能を判断する際の重要な基準となります。
 

□耐震等級3相当の住宅選びのメリット

 
1:地震に強い住宅を手に入れる
 
耐震等級3相当の住宅は、大規模地震にも耐えうる強固な構造を持ちます。
耐震等級1の住宅と比較すると、地震の際の倒壊リスクを低減し、家族の安全を守る確かな選択肢となります。
 
2:認定機関への申請料が不要
 
耐震等級3相当の住宅は、耐震等級3の認定を受けた住宅と同等の強度を持ちつつ、認定機関への申請料が不要です。
この点は、コスト面での大きなメリットといえます。
 
3:売却時の高評価
 
耐震等級3を持つ住宅は、売却時にその価値が高く評価される可能性があります。
地震に強い住宅は、中古市場でも需要が高く、将来的な資産価値を考える上で、優れた選択となります。
 

□まとめ

 
耐震等級に関する正しい理解は、家族を守るための住宅選びにおいて不可欠です。
耐震等級の基本からその進化、耐震等級3相当の住宅選びのメリットを理解し、安心して生活できる家を見つけましょう。
地震の多い日本での暮らしには、この知識が大きな力となります。

一覧へ戻る

7月13日完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード