BLOG ブログ

18畳のリビングを広く見せる!家具配置と色使いのコツで快適空間を実現!

2023.12.29

住まいの発見館会社ロゴ
新居を構えたばかりの家族や、リビングの模様替えを考えている方々には、特に18畳のリビングスペースをいかに効果的に使うかが重要なテーマです。
広々としたリビングは多くの可能性を秘めており、適切な家具の配置と色使いで、その魅力を最大限に引き出すことが可能です。
本記事では、18畳のリビングをより広く、快適に見せるための具体的な方法を紹介します。
 

□18畳のリビングを広々と見せる配置と色使い

 
18畳のリビングは自由度が高く、創造性を発揮するのに最適な空間です。
 
しかし、家具の配置や色使いによって、その印象は大きく変わります。
以下のポイントを参考に、広々とした快適なリビングを実現しましょう。
 
1:大きな窓で開放感を創出
 
大きな窓を設けることで、自然光がたっぷりと入り、リビングに開放感をもたらします。
また、外の景色を楽しむこともでき、空間に深みと広がりを与えます。
 
2:ソファ前にテーブルを置かないレイアウト
 
リビングを広く見せるには、ソファ前にテーブルを置かないことが効果的です。
代わりに、サイドテーブルをソファ横に配することで、スペースを有効活用しながら、広々とした印象を維持できます。
 
3:色の選び方で空間を広く見せる
 
膨張色(白)や後退色(青)を用いると、部屋が視覚的に広く見えます。
壁や天井を明るい色にすることで、光を反射させ、リビング全体を広々と見せる効果があります。
 

□18畳LDK向けの家具レイアウト術

 
18畳のLDKでは、家具の配置がリビングの印象を大きく左右します。
以下のテクニックを駆使して、より広々としたLDKを実現しましょう。
 
1:ソファで空間を上手に区切る
 
ソファを使用して、LDK内の空間を効果的に区切ります。
これにより、部屋全体にメリハリをつけるとともに、広さを感じられるレイアウトが可能になります。
 
2:視線の抜けを感じさせる配置
 
家具を配置する際は、視線の抜けを重視します。
例えば、テレビやソファを部屋の長辺に沿わせて配置することで、リビング全体がスッキリと見え、広がりを感じさせます。
 
3:家具の数を最小限に絞る
 
必要最低限の家具に絞ることで、空間が広々と感じられます。
特に大きなリビングでは、家具を選ぶ際にサイズや配置に注意を払いましょう。
 

□まとめ

 
この記事では、18畳のリビングを広々と見せるための家具の配置と色使いのコツを紹介しました。
大きな窓の設置や、ソファ前にテーブルを置かないレイアウト、色の選び方が重要です。
また、家具のレイアウトでは、空間を効果的に区切る方法や、視線の抜けを意識した配置がポイントです。
これらのアイデアを参考に、より快適で広々としたリビングを実現しましょう。

「耐震等級は意味がない?」正しい知識で安心の住まいを選ぼう!

2023.12.25

住まいの発見館会社ロゴ
新築や中古住宅の購入を検討中の方々の中には、地震が多い日本で、安心して家族と生活したいと願う方もいらっしゃいます。
今回は、耐震等級の重要性とその選択がもたらすメリット・デメリットについて解説します。
この情報を活用して、愛する家族を守るための住宅選びの一助としてください。
また、「耐震等級は意味が無い」とお考えの方も、この記事を参考にしてください。
 

□耐震等級は意味がない?基礎知識を学ぼう!

 
1:耐震等級の概要
 
耐震等級とは、地震に対する建物の強度を示す耐震等級です。
この指標は3段階に分けられ、耐震等級1は最低基準、耐震等級2と3はそれぞれ1.25倍、1.5倍の耐震性能を有します。
 
重要な点は、耐震等級の基準が時間と共に進化していることです。
過去の地震から学び、改正が重ねられています。
同じ耐震等級でも、制定年によって性能が異なるため、その違いを理解することは賢明です。
 
2:耐震等級とその変遷
 
耐震基準は1971年、1981年、2000年に大きく改正されました。
例えば、1981年以前の耐震等級1では、震度5程度の地震で大きな損傷を避けることが基準でしたが、現行の基準ではより高い耐震性能が求められています。
改正の歴史を踏まえると、旧耐震と新耐震では明らかな違いがあり、これを知ることは住宅選びの重要な鍵となります。
 
3:耐震等級の誤解
 
「耐震等級は意味がない」という声も聞かれますが、これは誤解です。
耐震等級は、建物の地震に対する強さを数値でわかりやすく示すための有効な指標です。
耐震性能を判断する際の重要な基準となります。
 

□耐震等級3相当の住宅選びのメリット

 
1:地震に強い住宅を手に入れる
 
耐震等級3相当の住宅は、大規模地震にも耐えうる強固な構造を持ちます。
耐震等級1の住宅と比較すると、地震の際の倒壊リスクを低減し、家族の安全を守る確かな選択肢となります。
 
2:認定機関への申請料が不要
 
耐震等級3相当の住宅は、耐震等級3の認定を受けた住宅と同等の強度を持ちつつ、認定機関への申請料が不要です。
この点は、コスト面での大きなメリットといえます。
 
3:売却時の高評価
 
耐震等級3を持つ住宅は、売却時にその価値が高く評価される可能性があります。
地震に強い住宅は、中古市場でも需要が高く、将来的な資産価値を考える上で、優れた選択となります。
 

□まとめ

 
耐震等級に関する正しい理解は、家族を守るための住宅選びにおいて不可欠です。
耐震等級の基本からその進化、耐震等級3相当の住宅選びのメリットを理解し、安心して生活できる家を見つけましょう。
地震の多い日本での暮らしには、この知識が大きな力となります。

新築住宅を考える方必見!オール電化とガス併用のどっちを選ぶ?

2023.12.21

住まいの発見館会社ロゴ
家づくりの過程でエネルギー源の選択は重要な決断となります。
オール電化とガス併用、どちらがご自身の家計、安全性、環境への影響に合致するのでしょうか。
この記事では、それぞれの特徴を比較し、より適した選択をサポートします。
 

□新築住宅ではガスとオール電化どっちがいい?オール電化のメリット

 
オール電化の住宅は、その経済性や安全性、快適性において、多くの魅力を備えています。
 
1:経済的な利点
 
夜間電力を利用するオール電化は、光熱費を大幅に削減できます。
特にエコキュートを活用した給湯や、床暖房などの暖房システムは、長期的な家計の節約に大きく貢献します。
 
2:安全性の向上
 
火を使わない調理方法は、火災リスクを著しく低減します。
さらに、ガス漏れや不完全燃焼による事故の心配もなく、家族の安全を守れます。
 
3:キッチンの清潔さ
 
IHクッキングヒーターは、そのフラットなデザインからお手入れが簡単で、キッチンを常に清潔に保てます。
また、油や調味料の飛び散りも少なく、美しいキッチン空間を維持しやすいという特徴も持っています。
 
4:災害時の安心感
 
オール電化住宅は、非常時にも安全な水の確保や、電気の復旧が早いというメリットがあります。
これにより、災害時の不安を軽減できます。
 

□新築住宅におけるガスのメリット

 
一方で、ガス併用の住宅も多くのメリットを持っています。
 
1:初期費用の節約
 
ガス併用住宅は、オール電化に比べて初期設置コストが低く抑えられます。
また、さまざまな機器の選択肢があるため、費用対効果を考慮しながら最適な設備を選ぶことが可能です。
 
2:調理の自由度
 
ガスコンロを使用することで、火力の調節が自在に行え、幅広い料理に対応できます。
また、直火調理も可能で、料理の幅が広がります。
 
3:快適な水圧
 
ガス併用住宅では、通常、高水圧のシャワーが利用できます。
これにより、快適なバスタイムを実現できるというメリットがあります。
 
4:災害時の柔軟性
 
電気とガスの両方を利用しているため、災害時に一方が使えなくなった場合でも、もう一方を活用することで生活を維持できるという強みがあります。
 

□まとめ

 
オール電化とガス併用、どちらもそれぞれに魅力があり、家計、安全性、快適性の面で異なるメリットがあります。
この記事で紹介した情報を基に、皆さんのライフスタイルや価値観に合った選択をしていただければ幸いです。
新築住宅を建てる際の重要な決断の一助となればと思います。

耐震等級とは?耐震等級相当3のメリットを紹介!

2023.12.17

住まいの発見館会社ロゴ
地震国日本において、家族と資産を守るために、耐震等級3の住宅への関心が高まっています。
地震のリスクを最小限に抑えることは、安心して生活する上で欠かせない要素です。
本記事では、耐震等級3のメリットと、それを活かした家づくりについて、家を建てる予定の人々や家主たちに向けて解説します。
耐震等級3の家を選ぶことで、家族の安全と資産価値の両方を保持する方法について掘り下げていきましょう。
 

□耐震等級3とは何か?

 
1:耐震性能の基準
 
耐震等級は、住宅の耐震性能をランク付けするものです。
震度6強~7程度の地震に対して倒壊しない程度の耐震性を持つのが等級1、等級3はこれより1.5倍の耐震強度を有します。
特に耐震等級3は、消防署や警察署などの防災施設の基準にも採用されているため、より高い安全性が求められます。
 
2:近年の動向
 
自然災害が頻発する昨今、防災意識の高まりを背景に、耐震等級3を標準仕様とするハウスメーカーが増えています。
これにより、より多くの家族が高い安全性を持つ住宅に住めるようになると期待されます。
 

□耐震等級3のメリット

 
1:地震に強い住宅の実現
 
耐震等級3相当の住宅は、大規模地震に対する耐久度が非常に高いです。
これにより、被害のリスクを軽減し、震災後も安心して暮らせる環境を提供します。
家族を守るという観点からも、耐震等級3相当の住宅は非常に有効な選択肢です。
 
2:コストパフォーマンスの向上
 
耐震等級3相当の住宅は、コストを抑えつつも高い耐震性を実現しています。
申請手数料などの節約に加え、住宅ローンの金利引き下げも可能です。
これにより、高い安全性を持ちながらも経済的な負担を軽減できます。
 
3:デザイン性との両立
 
耐震等級3では、しばしば間取りに制約が出ることがありますが、それでもデザイン性を損なわず、快適性とのバランスを取れます。
耐震性とデザイン性の両立は、住宅の質を左右する重要な要素です。
特に家には耐震性のような安全性も欲しいという方も多いですが、デザイン性にもこだわりたいという方もいらっしゃるのでそのような方にもおすすめです。
 

□まとめ

 
耐震等級3の住宅は、地震に強く、コストパフォーマンスに優れ、デザイン性も兼ね備えています。
家族の安全と資産価値の保持の観点から、耐震等級3相当の住宅を選ぶことは、非常に理にかなった選択です。
安心して暮らせる住まいを手に入れるために、耐震等級3の住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

 

子どもなし夫婦の家づくり!2人だけの幸せ空間を手に入れるために!

2023.12.13

住まいの発見館会社ロゴ
子どもなしの夫婦にとって、自分たちだけの空間を作り出す家づくりは、理想と現実を融合させる貴重な機会です。
二人の時間を大切にし、共通の趣味やライフスタイルを反映させた住空間は、日々の生活を豊かに彩ります。
この記事では、子どもなし夫婦が抱く家づくりに対する夢と、それを実現するための具体的なポイントをご紹介します。
 

□子どもなし夫婦の家づくりをする際のポイント

 
1:予算の設定
 
子どもなし夫婦の家づくりにおいて、まず重要なのは予算の設定です。
年収の約5倍程度を目安にしながらも、維持費や固定資産税も念頭に置きましょう。
予算設定は家づくりの土台を形成するため、収入と支出を正確に把握し、無理のない範囲で計画することが大切です。
 
2:理想の居住地を選ぶ
 
次に、住みたい場所の選定です。
エリアの特徴、通勤や通学の利便性、公共施設へのアクセスなど、多角的に考えることが重要です。
 
特に子どもがいない夫婦の場合、自分たちのライフスタイルに合った場所選びが自由度を高めます。
例えば、子学校や保育園、幼稚園などの距離も考慮する必要も無いので幅広い居住地が選択可能です。
 
3:将来的なライフプランを考慮
 
将来の家族構成や仕事のことも含め、長期的なライフプランを考慮することが必須です。
夫婦の働き方やライフスタイルの変化を見越し、柔軟に対応可能な家づくりを心がけましょう。
 
4:夫婦間の優先順位を明確に
 
お互いの希望や譲れないポイントを明確にし、理想の住まいを具体化していくことが大切です。
互いの要望を尊重しながら、理想と現実のバランスを取りながら計画を進めましょう。
 

□子どもなし夫婦が家づくりするメリット

 
1:自由度の高い空間デザイン
 
子どもがいないため、自分たちの好みやニーズに完全に合わせた空間デザインが可能です。
生活感を隠したり、趣味の空間を作ったりと、二人だけの理想を形にしやすくなります。
 
2:家が資産になる
 
家を所有することで、資産としての価値が生まれます。
賃貸住宅とは異なり、長期的な金銭的な投資としての意味合いも大きいです。
 
3:自由な生活スタイル
 
生活音に配慮する必要が少なく、ペットとの共生や友人を招くことも容易になります。
また、老後の生活設計においても、資産としての家は大きな安心材料になります。
 

□まとめ

 
子どもなし夫婦特有のニーズに応える家づくりは、夢を現実にするための予算設定、理想の居住地選び、将来計画の考慮、夫婦間の優先順位の調整が鍵です。
この記事で紹介したポイントを参考にしながら、二人だけの理想の家を実現しましょう。

急に寒くなりましたね…薪ストーブ快適です♪♪

2023.12.12

こんにちは!
急に寒くなりましたね…


11月前半は薪ストーブや暖房なしでも暖かく過ごせましたが、
後半は薪ストーブ必須でした!!

 

実家から薪を持ってきたり、
知り合いの方から薪を譲っていただいたり、忙しく過ごしています。

薪ストーブつけると、猫たちも寄ってきます♪

手作りキャットタワーの上でくつろいだり、
ベビーフェンスの上に乗っていたり。


気ままな猫たちです♪


遠赤外線の効果か、体の芯から温まります♪
燃え盛る炎も綺麗ですが、
炉内の温度が一定を超えたときに空気を絞ることで
また違った炎の表情が見れます。


これはゴーストフレームと呼ばれるもので、
ゆらゆら揺らめくとても神秘的な炎です。

 

炎を見ているだけでも癒やされます!
書いている今は12月の頭ですが、
まだエアコンはつけていません!

薪ストーブをつけると楽しい上に節約にもなります!
平屋なので、家全体も暖まりやすく、寝るときも快適です♪

息子も今のところ体調も崩さず元気に過ごしています。

11月は薪割りをサボってしまっていたので、12月は頑張ります!

大掃除も頑張ります…笑

吹き抜け照明の失敗を防ぐ!失敗例と対策やおすすめ照明を紹介!

2023.12.09

住まいの発見館会社ロゴ
新築やリノベーションを検討中の家主やインテリアに興味を持つ方々にとって、吹き抜けの照明選びは重要なポイントですよね。
 
しかし、適切な選択をしなければ、失敗するリスクも伴います。
この記事では、吹き抜け照明の失敗例とその対策、おすすめの照明器具について解説します。
 

□吹き抜け照明の失敗例とその対策

 
1:天井にシーリングライトを付けたら暗かった
 
吹き抜けにシーリングライトを取り付けると、光が拡散しすぎて暗くなることがあります。
 
【対策】ダウンライトの採用
天井にダウンライトを設置することで、光が直接下方に向き、吹き抜け空間を明るく照らします。
 
2:明るすぎて落ち着かない空間に
 
照明を多く設置しすぎると、空間が眩しくなりがちです。
 
【対策】間接照明の利用
間接照明を取り入れることで、柔らかな光で空間を照らし、落ち着いた雰囲気を作り出せます。
 
3:照明の数が多すぎてデザイン性が低下
 
吹き抜け空間の照明を多用すると、デザイン性が損なわれることがあります。
 
【対策】内装と同系色の照明の選択
内装に合わせた色の照明を選ぶことで、空間に統一感を出し、スタイリッシュな印象に仕上がります。
 
4:見せ梁やシーリングファンの影が気になる
 
天井の照明により、梁やシーリングファンの影が床に現れることがあります。
 
【対策】照明一体型のシーリングファンの採用
ファンの先に照明があることで、影が気にならず、快適な空間を実現できます。
 
5:照明器具の交換が大変
 
吹き抜けの照明器具は、交換が困難な場合が多いです。
 
【対策】吹き抜けの範囲を狭める
吹き抜けの範囲を狭めることで、照明器具の交換が容易になります。
 
6:派手な照明を選んだら圧迫感を感じた
 
派手な照明を多用すると、空間に圧迫感が生じることがあります。
 
【対策】周りをシンプルに保つ
照明を目立たせたい場合は、その他の内装をシンプルにすることが重要です。
 

□吹き抜けにおすすめの照明器具4選

 
1:ペンダントライト
 
吹き抜け空間と相性が良く、デザイン性に富んでいます。
ただし、光源の強さに注意が必要です。
 
2:スポットライト
 
一部分を強く照らすことが可能で、天井空間を明るく保つのに最適です。
 
3:ブラケットライト
 
壁際を照らすのに適しており、補助照明としての役割を果たします。
 
4:ダウンライト
 
空間を邪魔しないシンプルなデザインで、補助照明として使用するのが一般的です。
特にLEDタイプは長寿命で、メンテナンスの手間が少ないのが特徴です。
 

□まとめ

 
この記事では、吹き抜けの照明における一般的な失敗例とその対策、おすすめの照明器具をご紹介しました。
吹き抜けの照明選びでは、失敗例を念頭に置きつつ、空間に合った照明器具を選ぶことが重要です。
適切な照明計画により、快適でスタイリッシュな吹き抜け空間を実現しましょう。

子育てと家の広さとは?快適な生活空間を実現するためのポイントを紹介!

2023.12.05

住まいの発見館会社ロゴ
子育てという大切な時期を迎えるにあたり、家庭では住まいの広さや間取りに頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
家族が快適に過ごすためには、子どもの成長に合わせた理想的な空間が必要不可欠です。
本記事では、子育て家庭におすすめの家の広さの目安と、機能的かつ安心できる間取りの選び方をご紹介します。
 

□子育て家庭におすすめの家の広さの目安

 
子育て中の家庭に最適な家の広さを考えるには、国の基準と一般的な目安を理解することが重要です。
 
1:子どもが小さいうちは最低35~40平方メートルが必要
 
国土交通省の指標では、子どもが未就学児の家庭では最低でも35~40平方メートルの広さが必要とされています。
小さいうちは共有スペースが中心となるため、この広さが基本的な目安となります。
 
2:一般的に理想的なのは65~75平方メートル
 
より快適な生活を求める場合、65~75平方メートルの広さが理想的とされています。
この広さでは、リビングや子どものプレイエリアなど、家族が共有するスペースを余裕を持って確保できます。
 
3:4人家族以上では60平方メートル以上を目指す
 
4人家族以上の場合、少なくとも60平方メートル以上の広さが推奨されます。
特に都市部の住宅では、70平方メートルや80平方メートルを超えると価格が上昇し、家計に負担がかかることもあるため、バランスを考慮することが大切です。
 

□子育て家庭に合った間取りの選び方

 
快適な子育て環境を実現するためには、間取りの選択も重要です。
 
1:子どもを見守りやすい間取りを選ぶ
 
子育て中は、子どもから目を離さないように、開放的な間取りや、リビングから全ての部屋が見渡せるような設計が望まれます。
例えば、1LDKや和室がリビングに隣接している間取りは、子どもの安全を確保しつつ、家事を効率的に行うのにも適しています。
 
2:掃除や整理整頓がしやすい間取りを選ぶ
 
広すぎず、狭すぎない部屋は、掃除や整理整頓をしやすく、子育て中の忙しい生活に適しています。
また、家具の配置や収納の考慮も重要です。
 
3:玄関やお風呂の広さにも注意する
 
家の中で特に重要なのが、玄関やお風呂場です。
子どもがいる家庭では、ベビーカーや靴などが多くなるため、玄関には十分な収納スペースが必要です。
また、子どもと一緒に入浴することを考えると、広めの浴室が理想的です。
 

□まとめ

 
子育て中の家庭における快適な住まい選びでは、家の広さと間取りが重要な要素です。
子どもの成長や家族のライフスタイルに合わせて、適切な広さと機能的な間取りを選ぶことで、子育てがより楽しく、快適になります。
この記事で紹介したポイントを参考に、理想的な住まい選びをしてみてください。

リビング階段のメリットとデメリットとは?その対策も紹介!

2023.12.03

住まいの発見館会社ロゴ

家を建てる、あるいはリノベーションを考える際、空間の有効活用や家族間のコミュニケーションに焦点を当てる方もいらっしゃいます。
特に、リビング階段はその両方を叶える魅力的なオプションとされています。

しかし、その一方で、冷暖房効率やプライバシーといったデメリットも無視できません。
この記事では、リビング階段のメリットとデメリット、そしてその対策について解説します。

◻︎リビング階段のメリットとは?

1.開放感を高める空間設計

リビング階段は、吹き抜けと組み合わせることで、空間に開放感をもたらします。
視界が広がることで、家全体が一体感を持ち、心地よい生活空間を作り出すのです。
吹き抜けがあることで、自然光も多く取り込むことができ、明るいリビングが実現します。

2.家族間のコミュニケーション促進

リビング階段の設置により、家族が1階と2階を行き来する際にリビングを通るため、自然と顔を合わせる機会が増えます。
また、声が届きやすく、家族同士の気配を感じやすい環境が整います。
これにより、家族間のコミュニケーションが自然と増えるでしょう。

3.家族の生活リズムの把握

リビング階段を通ることで、家族の外出・帰宅が一目瞭然となります。
これにより、「いってらっしゃい」「おかえり」といった日常の声掛けが自然と増え、家族の絆を深められます。

4.デザイン性の向上

リビング階段は、そのデザイン性が高く、リビング空間にアクセントを加える要素となります。
踏板や手すりの材質選びによって、さらに個性的な空間を作り出せます。

◻︎リビング階段のデメリットとその対策とは?

1.冷暖房効率の低下
リビング階段の設置により、空間が広がるため冷暖房効率が低下する可能性があります。
特に冬場はこの影響が大きいのです。

・対策
高気密・高断熱の住宅を選ぶことで、この問題を緩和できます。
また、階段下にドアを設置することで、冷暖房効率を向上させる方法もあります。

2.音や匂いの拡散
リビング階段があると、音や匂いが2階まで広がりやすくなります。

・対策
防音の壁やドアを設置することで、この問題を軽減できます。
また、キッチンのレンジフードの集煙性能を高めることで、匂いの拡散を防げるのです。

3.プライバシーの確保が難しい
家族間のコミュニケーションが増える反面、プライバシーが犠牲になる可能性があります。

・対策
間取りを工夫することで、この問題を解消できます。
例えば、2階にも洗面台やトイレを設置することで、来客時にも気を使わなくて済むようになります。

◻︎まとめ

リビング階段は、家族の絆を深める素晴らしいオプションでありながら、冷暖房効率やプライバシーといったデメリットも存在します。

しかし、それらのデメリットに対する対策をしっかりと行えば、より快適な生活空間を実現できるでしょう。
リビング階段の設置を考える際は、この記事を参考に、快適な住空間を作りましょう。

8月3日完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード