BLOG ブログ

スタイリッシュな家づくりのポイントとは?外観から内装まで解説!

2023.11.29

住まいの発見館会社ロゴ

デザインやスタイルに敏感な人々にとって、家はただの居住空間ではありません。
それは、自分自身の価値観やセンスが反映される、1種のアート作品でもあります。
この記事では、そんな人々が求めるスタイリッシュな家づくりのヒントを多角的に探求し、具体的なデザインの例を通じて、理想とする家づくりのビジョンを明確にする手助けをします。

◻︎スタイリッシュな家の外観デザインの秘訣

1.機能美を追求する

外観デザインの魅力は、各部位の「機能美」によって高まります。
開口部は広く設け、不要な面はシンプルに整えることで、外観がすっきりと見えます。
軒を出す場合は長く出し、不要な面は軒ゼロにするなど、各部位の役割を明確にすることが重要です。

2.目立たせない工夫

家のデザインを邪魔するような要素、例えば雨どいや室外機の配管は、目立たないように工夫が必要です。
外壁を少し凹ませることで、これらの要素を目立たせないようにする方法もあります。

3.外壁の色選び

外壁の色は、黒やグレーと白のモノトーンを基本に、2~3色に抑えるとスタイリッシュな印象になります。
それぞれの「箱」を塗り分けることで、外観に凹凸とリズムを生み出します。

4.窓の配置

窓は、内装だけでなく外観にも影響を与えます。
窓を整然と並べて配置することで、外観がスタイリッシュに見えます。
窓枠の色も、壁の色に合わせることで、全体の調和が生まれます。

◻︎スタイリッシュな家の内装と間取りのコツ

1.視線が抜ける空間

間取りは、細かく区切らずに「視線が抜ける空間」を作ることがポイントです。
廊下を作らず、長い距離を見渡せる空間を確保することで、開放感が生まれます。

2.窓の高さ

掃き出し窓は、天井と同じ高さにすることで、一本の横線を減らし、空間が広がります。
これにより、余計なものをそぎ落とし、シンプルな空間が実現します。

3.内装の色選び

内装の色も、外観と同様にモノトーンを基本に、2〜3色に抑えます。
白を基調に、黒を効果的に使うことで、立体感や奥行きが出て、空間が広く見えます。

4.照明の工夫

照明は、「見せる照明」と「見せない照明」をうまく組み合わせることが重要です。
ダイニングにおしゃれなペンダントライトを選んだ場合、他はダウンライトやスポットライトといった機能的な照明を選ぶと、空間がすっきりとまとまります。

◻︎まとめ

スタイリッシュな家づくりは、外観から内装、間取りに至るまで、多くの要素が絡み合っています。

しかし、その全てが1つの美しい調和をなすことで、理想の家が形になります。
この記事が、あなたの家づくりの参考になれば幸いです。

一覧へ戻る

完成見学会

完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード