BLOG ブログ

ナチュラルテイストの家はどんな家?家づくりのポイントを解説します!

2023.06.13

住まいの発見館会社ロゴ

注文住宅は自由度が高く、個性や嗜好を取り入れやすい点が魅力ですよね。
自由度が高く選択肢が多いため、テーマがなかなか決まらない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのテーマとしてナチュラルテイストを提案します。
木の素材感を残した温かみのある雰囲気で、多くの人に好まれるデザインです。
今回は、ナチュラルテイストの概要や、近づけるためのポイントについて解説します。

□ナチュラルテイストの家とは

ナチュラルテイストとは、自然の雰囲気に仕上げるテイストを指します。
そのため、自然素材である木や、レンガを中心にデザインしていきます。
ナチュラルテイストは和室とも相性が良く、和室の場合は和紙や畳を中心に仕上げます。
和室以外にもモダンやフレンチなど、様々なテーマと相性が良いことがメリットでしょう。

シンプルな自然素材を使う分、素材によって雰囲気が大きく異なります。
例えば木なら、白に近く柔らかい素材があれば、黒に近く固い素材もあります。
素材に幅があるため、デザインに迷いやすい点に注意しましょう。
ナチュラルテイストと他のテーマを組み合わせる場合は、そのテーマに合わせて自然素材を選ぶと良いでしょう。

□ナチュラルテイストに近づけるためのポイント

他のテーマを取り入れず純粋なナチュラルテイストにする場合は、内装を自然の色で統一することが大切です。
例えば草木の色であるグリーンや、石の色であるグレー、砂のイエローなど、自然に存在する色でまとめると、落ち着いた雰囲気に仕上がります。

カーテンやクッション、ラグにも自然素材を取り入れられると、さらに良いでしょう。
例えば、木綿や麻製のものが良いでしょう。
自然素材の物は、使い込むことで生地が柔らかくなり、色も変化します。
室内の雰囲気に合わせて、落ち着いた淡い色を選びましょう。

内装を自然の色で統一している中に、アクセントとして明るめの色を取り入れても良いでしょう。
差し色程度にとどめたい場合は小物類をアクセントとして取り入れ、ベースカラーの他に取り入れたい色がある場合はソファや収納など、少し大きめの家具に明るい色を取り入れましょう。

□まとめ

今回は、ナチュラルテイストの概要や、ナチュラルテイストに近づけるためのポイントについて解説しました。
木やレンガなどの素材を生かすことが大切なため、内装にはできるだけ自然色を使いましょう。
自然色だけで物足りない場合は、小物や大きめの家具などに明るめの色を取り入れましょう。

一覧へ戻る

8月3日完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード