BLOG ブログ

フラット35sとは?わかりやすく説明します!

2022.11.17

住まいの発見館会社ロゴ住宅を購入する際に住宅ローンを借りることが一般的です。
住宅ローンの種類として、フラット35と呼ばれるものがあります。
このフラット35には、フラット35sと呼ばれる制度があります。
今回はフラット35sとは何か、フラット35sの利用条件と注意点についてわかりやすく説明します。
ぜひ、参考にしてください。

□フラット35sについてわかりやすく説明!

フラット35とは、住宅の購入や新築の際に使用するローンのことを言います。
返済期間が最長35年であるため、フラット35という名前となっています。
このフラット35でローンを借りた時に使用できるのが、フラット35sという制度です。
フラット35sは特定の条件を満たした住宅を購入する際に限り、金利を下げることが可能となります。

詳しい内容としては、プランが2つに分けられます。
Aプランでは、借入から10年の金利が年で0.25パーセント引き下げられ、Bプランでは、借入から5年の金利が年で0.25パーセント引き下げられます。

フラット35sの金利引き下げは、3000万円借り入れたとすると、Aプランで最高70万円程度の差額が生まれます。
通常のフラット35よりも適用される月の返済額が1000円から3000円程度低くなるため、生活にも少しの余裕をもたらします。

□フラット35sの利用条件と注意点についてご紹介します!

先ほど、フラット35sは特定の条件を満たした住宅を購入する際に限り、金利を下げることが可能とご紹介しました。
ここからはその特定の条件についてご紹介します。

フラット35sは、購入する(建築する)住宅が4つの技術基準レベルのうち、ひとつ以上満たしている場合に利用できます。
Bプランよりも長い適用を受けられるAプランを利用するには、より高い基準レベルが設置されています。

・認定低炭素住宅
・一次エネルギー消費量等級5の住宅
・性能向上計画認定住宅
・高齢者等配慮対策等級4以上の住宅
・耐震等級3の住宅
・長期優良住宅

上記の基準を1つでも満たしている住宅であるとフラット35sのAプランが適用されます。

□まとめ

今回はフラット35sとは何か、フラット35sの利用条件と注意点についてわかりやすく説明しました。
このような制度を探すためには、当社のように住宅作りの専門店に相談することがおすすめです。
注文住宅や間取りについてご不明な点のある方は、当社までお気軽にご相談・ご連絡ください。

一覧へ戻る

完成見学会

完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード