BLOG ブログ

マイホームの資金計画はどうする?マイホームをお考えの方必見!

2022.01.25

住まいの発見館会社ロゴ「マイホームの資金計画の立て方について知りたい」
「ローンの返済計画の際に気をつけるべきところはどこだろう」
このようにお考えの方は多いでしょう。
マイホームを建てるのであれば、資金計画について理解を深めておきたいものです。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてみてください。

□資金計画の立て方について

ここでは、資金計画の立て方をご紹介します。

まず、返済できる額を決めます。
これは、無理なく返せるお金のことです。
目安は、年収の25パーセントです。
例えば、年収が500万円の場合は125万円ほどが年間の返済額の目安になります。
月々で考えると10万円ほどですね。

毎月の返済額から考えたい方は、今住んでいる家の家賃をもとに考えてみましょう。

次に、家づくりにどれくらいのお金がかかるのかを確認します。
家づくりにかかるお金は大きく3つであり、建物代と土地代と諸費用です。
それぞれの費用をもれなく把握しましょう。

家づくりにかかる費用の平均は4000万円前後です。

最後に、用意するお金を計算します。
用意するお金は大きく2つに分けられ、自己資金と住宅ローンです。
自己資金は頭金ともいいます。

頭金の目安は、資金の総額の2割ほどが目安であるといわれています。
しかし、すぐに用意できるわけではない額だと思いますので、家づくりの前に必ず用意しなければならないというものではありません。

□住宅ローンの返済計画の注意点について

ここまで、資金計画について解説しました。
次に、返済計画の注意点について解説します。

1つ目は、無理のない返済額を把握することです。
ギリギリの返済額で資金計画を立ててしまうと、後悔してしまう可能性があるので気をつけましょう。

2つ目は、ご自身に合った金利タイプを選ぶことです。
固定金利か変動金利、もしくは複数の金利タイプを組み合わせるプランにするのか、よく考えましょう。

3つ目は、適切な返済期間を考えることです。
借入時の年齢や、頭金の額や、将来のライフスタイルなどについて考慮したうえで返済期間を考えましょう。

□まとめ

今回は、マイホームをお考えの方に向けて、資金計画について解説しました。
資金計画の立て方や、ローン返済計画の注意点について知れたと思います。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、資金計画を立ててみてくださいね。
マイホームをお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

一覧へ戻る