BLOG ブログ

マイホームは平屋か二階建てどっち?それぞれの魅力を解説します

2021.02.05

マイホームを建てる際に、平屋と二階建てのどちらにしようか悩んでいる人はいらっしゃいませんか。
平屋と二階建てには、それぞれのメリットが存在します。
そこで今回は、平屋と二階建てのメリットについて、詳しく解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□平屋と二階建てのメリットを紹介!

*平屋のメリット

1つ目は、階段がないため、高齢者や小さな子供に優しいことです。
小さな子供や高齢者がいると、階段から落ちないか心配ですよね。
平屋だとそのリスクがないため、安全面で大きなメリットがあると言えます。

2つ目は、階段を上り下りする必要がなく、生活がしやすいことです。
特に、朝起きてすぐや夜寝る前は眠いため、移動が面倒に感じるのではないでしょうか。
平屋なら上り下りがなく、移動の負担がかかりません。

3つ目は、台風や地震などの自然災害に強いことです。
平屋の構造上、風や振動の影響を低減できるでしょう。

4つ目は、外壁の手入れが簡単なことです。
二階建ては外壁の高い部分に届かず、自分で掃除できないことがあります。
平屋であれば、全て自分で掃除できるため、依頼する費用はかかりません。

*二階建てのメリット

1つ目は、日当たりが良いことです。
平屋と比べ、高い位置に部屋があるため、日当たりが良くなります。

2つ目は、プライバシーが守れることです。
物音や話し声が聞こえにくく、子供の成長期でもプライバシーを保護できます。

3つ目は、セキュリティが高いことです。
平屋より一階部分の窓の数が少ないため、周りから見られるリスクを減らせます。

□将来性の面では平屋か二階建てのどちらがおすすめか

前述したように、平屋と二階建てそれぞれにメリットがあり、どちらが優れているかを一概には判断できません。
そこで、将来性という観点に絞って、どちらがおすすめか説明します。

将来性を考えると、平屋がおすすめです。
家を建てる人の多くが、20代や30代などの若い世代であると考えられます。
若い世代の場合、今の生活が忙しく、老後の生活について考えている人は少ないでしょう。
しかし、新たな住宅を購入する機会は少なく、同じ住宅に住むことが多いので、老後の生活について考えるのが大切です。

平屋であれば、老後でも階段の上り下りが苦にならず、今の環境を持続できます。
バリアフリーな環境で暮らせるため、安心感が得られるでしょう。

□まとめ

今回は、二階建てと平屋のそれぞれのメリットを紹介しました。
将来性の面からは平屋がおすすめですが、他の観点から考えると二階建ての方が適しているかもしれません。
ご自身の重視する価値観から、最適な方を選択するようにしてください。

一覧へ戻る