BLOG ブログ

ロマンのある家を求める方必見!隠し部屋のある間取りを紹介します!

2023.10.29

住まいの発見館会社ロゴ

注文住宅をお考えの方々に、一般的な家にはない、独自の個性や機能を持つ家を求めている方は多いでしょう。
そこで今回は、隠し部屋という特別な空間が持つ魅力や実用性について解説します。
この記事を通じて、理想の家づくりの参考にしてください。

□隠し部屋の魅力とその実用性

隠し部屋は、外からはその存在を感じさせない特別な部屋を指します。
欧米ではセーフティールームとして知られ、緊急時の避難場所やシェルターとしての役割を果たしています。
また、貴重品を安全に保管するための場所としても利用されています。

日本の隠し部屋は、欧米とは異なり、趣味や仕事のための専用スペースとして設けられることが多いです。
最近では、家の中に秘密の場所を持つことの遊び心を楽しむ方も増えており、多様な用途での利用が広がっています。

隠し部屋は、高価な趣味の道具や子どもに触れられたくないものを安全に保管するのに適しています。
また、家族から離れて集中したい時や、特定の趣味や活動に専念したい時に、隠し部屋はおすすめの場所となります。

防音性能を整備すれば、家族で音楽や映画を存分に楽しめる部屋としても活用できます。
隠し部屋を設置することで、家での生活がより豊かなものになるでしょう。

□隠し部屋のある家の事例

*1.屋根裏の隠し部屋

屋根裏を有効活用することで、季節の家電やイベント用品などを保管するのに適しています。
特に、本棚を動かすことでアクセスする隠し部屋は、季節のイベントごとに必要なアイテムを取り出すのが楽しみになるでしょう。

*2.リビングの隠し部屋

リビングに隠し部屋を設置できる場合もあります。
この隠し部屋は、収納棚のついた引き戸を使って、他の部屋とは異なる秘密の空間を作り出します。
天井が低いため、子どもたちの秘密基地としても利用されることも多いです。

*3.階段近くの隠し部屋

階段の近くに設けられた隠し部屋は、ウォークインクローゼットや収納スペースとして利用されることが多いです。
特に、家の全体を趣味の空間として設計することで、家全体が一つの大きな遊び場としても活用できます。

□まとめ

隠し部屋は、注文住宅を検討している方にとって、非常に魅力的な選択肢となります。
その実用性はもちろん、家の中に秘密の場所を持つことの遊び心も満たせるでしょう。
隠し部屋の存在によって、日常生活に彩りや楽しさも加われば幸いです。
当社では、多くの注文住宅を施工しています。
何か疑問点があればお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る

完成見学会

完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード