BLOG ブログ

中庭を作るメリットとデメリットとは?作る際の注意点も合わせて紹介します!

2021.09.25

「中庭を設けるときにはどのような注意が必要なのだろう」
このようにお悩みの方も多いですよね。
中庭があると、子供を安心して遊ばせられるなどの理由から、中庭を設けようと考えている方も多いでしょう。
この記事では、中庭を設けるメリットとデメリット、設ける場合の注意点を解説します。
ぜひ参考にしてください。

□ 中庭を設けるメリットとデメリットとは?

中庭を設けようか検討している際に、まず気になるのは、中庭を設けることよるメリットとデメリットですよね。
ここでは、メリットとデメリットを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1つ目が、外の視線を気にせずに生活できることです。
特に、土地が密集していて狭い都心部などでは、外からの視線をいかに対処するかが非常に重要です。
土地が小さいからこそ、中庭を設けて部屋の圧迫感を少なくできます。

2つ目が、防犯性が上がることです。
道路など、人目につく場所の窓の数を減らせることは不審者の侵入経路を遮断することにつながります。
そのため、防犯上非常に良いと言えるでしょう。

続いて、デメリットを紹介します。

1つ目が、外壁が増えることで建築費用がかさむことです。
中庭を設ける場合、ロの字型、もしくはコの字型の家になります。
そうすると、真四角の家よりも壁の面積が増えるので、建築費がかさむことにつながります。

2つ目が、動線が長く複雑になりやすいことです。
家を分断するようなレイアウトになりやすい為、必然的にそれをつなぐ動線が発生します。
できる限り無駄な動線が生まれないレイアウトを考える必要があります。

以上が、中庭を設けるメリットとデメリットと言えるでしょう。

□中庭を設ける際の注意点とは?

前の章で、中庭のメリットとデメリットを紹介したので、大まかにお分かりいただけたかと思います。
続いて、中庭をつくる際の注意点を紹介します。

1つ目が、断熱性を意識することです。
中庭を設けると、開放感があり通気性も上がりますが、その分外気の影響を受けやすくなります。
そのため、断熱性を意識して設計することが大切です。

重視すべきポイントとしては、窓の断熱化です。
窓は、熱の出入りが非常に多いので、断熱効果の高い複層サッシなどを採用する住宅が増えています。
コストがかかりますが、快適な生活を送るためには、窓の断熱は欠かせないと言えるでしょう。

2つ目が、水捌けが悪くならないように定期的なメンテナンスを行うことです。
中庭は、建物に囲まれることになるので、水の逃げ道を計算した設計が大切です。
特に、大雨の時は水が溜まり危険なので、排水管にも工夫が必要です。

以上が、中庭を設ける際の注意点です。
中庭を検討している方はぜひ参考にしてください。

□まとめ

この記事では、中庭を設けるメリットとデメリット、設ける場合の注意点を解説しました。
平屋を建てる予定の方の中には、特に中庭を設けたいという方が多いです。
中庭や平屋を検討している方はぜひ一度当社にご相談ください。

一覧へ戻る