BLOG ブログ

子育てと家の広さとは?快適な生活空間を実現するためのポイントを紹介!

2023.12.05

住まいの発見館会社ロゴ
子育てという大切な時期を迎えるにあたり、家庭では住まいの広さや間取りに頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
家族が快適に過ごすためには、子どもの成長に合わせた理想的な空間が必要不可欠です。
本記事では、子育て家庭におすすめの家の広さの目安と、機能的かつ安心できる間取りの選び方をご紹介します。
 

□子育て家庭におすすめの家の広さの目安

 
子育て中の家庭に最適な家の広さを考えるには、国の基準と一般的な目安を理解することが重要です。
 
1:子どもが小さいうちは最低35~40平方メートルが必要
 
国土交通省の指標では、子どもが未就学児の家庭では最低でも35~40平方メートルの広さが必要とされています。
小さいうちは共有スペースが中心となるため、この広さが基本的な目安となります。
 
2:一般的に理想的なのは65~75平方メートル
 
より快適な生活を求める場合、65~75平方メートルの広さが理想的とされています。
この広さでは、リビングや子どものプレイエリアなど、家族が共有するスペースを余裕を持って確保できます。
 
3:4人家族以上では60平方メートル以上を目指す
 
4人家族以上の場合、少なくとも60平方メートル以上の広さが推奨されます。
特に都市部の住宅では、70平方メートルや80平方メートルを超えると価格が上昇し、家計に負担がかかることもあるため、バランスを考慮することが大切です。
 

□子育て家庭に合った間取りの選び方

 
快適な子育て環境を実現するためには、間取りの選択も重要です。
 
1:子どもを見守りやすい間取りを選ぶ
 
子育て中は、子どもから目を離さないように、開放的な間取りや、リビングから全ての部屋が見渡せるような設計が望まれます。
例えば、1LDKや和室がリビングに隣接している間取りは、子どもの安全を確保しつつ、家事を効率的に行うのにも適しています。
 
2:掃除や整理整頓がしやすい間取りを選ぶ
 
広すぎず、狭すぎない部屋は、掃除や整理整頓をしやすく、子育て中の忙しい生活に適しています。
また、家具の配置や収納の考慮も重要です。
 
3:玄関やお風呂の広さにも注意する
 
家の中で特に重要なのが、玄関やお風呂場です。
子どもがいる家庭では、ベビーカーや靴などが多くなるため、玄関には十分な収納スペースが必要です。
また、子どもと一緒に入浴することを考えると、広めの浴室が理想的です。
 

□まとめ

 
子育て中の家庭における快適な住まい選びでは、家の広さと間取りが重要な要素です。
子どもの成長や家族のライフスタイルに合わせて、適切な広さと機能的な間取りを選ぶことで、子育てがより楽しく、快適になります。
この記事で紹介したポイントを参考に、理想的な住まい選びをしてみてください。

一覧へ戻る

完成見学会

完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード