BLOG ブログ

実家の近くに住むメリットとデメリットを知って理想の親子関係を築こう!

2024.01.02

住まいの発見館会社ロゴ
若い夫婦や子育て中の家庭が直面するのは、親のサポートを受けつつも自立した生活を求めるジレンマです。
近年、このバランスを見つけるため、実家の近くに住む選択をする人々が増えています。
今回は、この生活スタイルがもたらすメリットとデメリット、そして親との適切な距離感を保つための方法を紹介します。
 

□実家の近くに住むメリット

 
1:育児と家事のサポート
 
実家の近くに住む最大のメリットは、育児や家事でのサポートしてくれやすいということです。
特に共働き家庭にとって、この支援は大きな負担軽減となります。
 
しかし、実家近くに住んでいれば、急な病気やトラブル時にも親の存在は心強く、日々の不安を和らげる要因になります。
 
2:同居のデメリットを回避
 
同居はしばしば生活スタイルの違いやプライバシーの問題を引き起こします。
同居すると、生活スタイルが違うことでストレスが溜まったり、喧嘩の原因になったりしますが、同居ほど距離が近くないので、同居が苦手という方にもおすすめです。
実家の近くに住むことで、親との良好な関係を保ちつつ、必要な時だけサポートを得られるのです。
 
3:住み慣れた街での安心感
 
実家近くに住むということは、住み慣れた地域で暮らすことを意味します。
土地勘があることは、日常生活において大きな利点となり、親だけでなく地域社会とのつながりも深められます。
 

□実家の近くに住むデメリットとその対策

 
1:親からの過干渉
 
実家が近いと親からの過干渉が問題になることがあります。
過干渉のせいで親との関係が悪くなるというリスクもあります。
こうした問題を避けるためには、親との明確な境界線を設定し、必要な時以外はお互いのプライバシーを尊重することが重要です。
 
2:将来の介護問題
 
親が高齢になると介護の問題が浮上します。
この問題を避けるためには、家族間で早めに話し合い、介護に関する計画を立てておくことが大切です。
これは、兄弟間のトラブルを防ぐためにも重要です。
 
3:夫婦関係への影響
 
親との関係が夫婦関係に影響を及ぼすこともあります。
このため、夫婦間のコミュニケーションを大切にし、問題が生じたときは早めに解決策を探る必要があります。
 

□まとめ

 
実家の近くに住む選択は、育児や家事のサポート、住み慣れた街での安心感など多くのメリットがありますが、親からの過干渉や介護問題、夫婦関係への影響などさまざまなデメリットも存在します。
これらのポイントを理解し、適切な距離感を保つことで、より充実した家庭生活を送れるでしょう。

一覧へ戻る

完成見学会

完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード