BLOG ブログ

家づくりで後悔しない!「家づくりで良かったこと」の実例とその理由

2023.11.13

住まいの発見館会社ロゴ

家づくりは、一生に一度か二度の大きな決断と言えるでしょう。
その過程は多くの選択肢と情報で溢れ、時には圧倒されることもあります。
本記事は、そんな家づくりの道に迷いがちな方に向けて、失敗を避け、成功へと導くヒントを提案します。

◻︎家づくりで取り入れて良かったこととは?

1.リビング横に和室を設置する

リビングの隣に和室を設置することで、空間が一気に広がります。
特に、子育て中の親にとっては、親の目が届く範囲でお子様たちを遊ばせるのに便利です。
和室があることで、家族のコミュニケーションも活性化する可能性が高まります。
急な来客時には、和室の仕切りを閉じることで、おもちゃで散らかった部屋を瞬時に隠せることもメリットの一つです。

2.段差を少なくする

家の中で段差が少ないと、小さなお子さまや高齢者も安心して移動できます。
また、段差が少ないことで、つまずきや転倒といった事故のリスクも減少します。
特に、お子様が家の中で走り回ることが多い場合、安全性が高まります。
段差がないと、大きな荷物を持っていても、スムーズに移動できるので、日常生活が快適になるでしょう。

3.コンセントを多めに配置する

近年、スマートフォンやタブレットなど、電子機器の使用が増えています。
コンセントが多いと、これらの機器をストレスなく使用できます。
また、家具の配置に制限がかからず、インテリアの自由度も高まり、電源タップを使用する必要がなく、見た目もスッキリとするでしょう。

◻︎家づくりする前にやってて良かったこととは?

1.住宅会社のカタログをたくさん見る

住宅会社のカタログを多用することで、自分好みの家づくりがしやすくなります。
具体的な家づくりのイメージがわかる写真や、家の性能、技術的な仕様が理解できます。
また、自分が気づいていない新しい間取りや設備に出会える可能性もあるでしょう。

2.経験者の意見を聞く利点

家を建てた経験がある人からのアドバイスは、非常に貴重です。
自分が気づかなかったポイントや、失敗を避けるためのヒントが得られます。
多角的な意見を聞くことで、より最適な選択が可能になるため、積極的にアドバイスを求めると良いでしょう。

◻︎まとめ

家づくりは、多くの選択と判断が求められる重要なプロセスです。
この記事で紹介したポイントを参考に、失敗を避け、成功に近づくための一歩を踏み出しましょう。
賢い選択をするためには多くの情報と、それをどう解釈、適用するかが鍵となります。
そして、家づくりは1人ではなく、家族、専門家、そして経験者の意見を取り入れ、多角的に考えることが成功への近道です。

一覧へ戻る

7月13日完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード