BLOG ブログ

家づくりにお悩み中の方必見!平屋は地震に強いか?

2022.02.17

住まいの発見館会社ロゴ

持ち家を検討中の方であれば、耐震性の高い家にしたいですよね。
特に日本は地震が特に多いため、耐震性は非常に重要です。

そこで、平屋が地震に強いかどうか気になる方もおられるでしょう。
今回は地震に強い平屋についてと、さらに耐震性を上げる方法を紹介します。
ぜひ平屋の住宅も検討してみてください。

□平屋が地震に強い理由とは?

平屋が地震に強い理由として、次の2つがあげられます。

1つ目の理由は、構造がシンプルであることです。
2階建て住宅や、3階建て住宅と比較すると、平屋は圧倒的にシンプルな構造になっています。
そのため、地震の揺れが、分散されやすくなり、建物が倒壊するリスクが低くなります。

一方で構造が複雑な2階建て住宅や、3階建て住宅は、揺れが1点に集中してしまい、倒壊しやすくなります。

2つ目の理由は、建物が低いことです。
建物は、高さがあるほど、揺れの影響を受けやすくなっています。
地震が起きた時に影響を大きく受けてしまうと、建物全体が大きく揺れるため、倒壊しやすくなります。

平屋は高さがないため、揺れの影響が少なくて済みます。
建物によって構造が異なってくるため、一概に2階建て住宅や3階建て住宅と比較して耐震性があるとは言えませんが、比較的耐震性が高くなります。

□平屋の耐震性をさらに上げるには?

さらに耐震性を高めるためには2つ方法があります。

1つ目は、壁を使って補強することです。

今ある壁に筋交いや補強用の合板を使って、壁を強くしたり、壁の数を増やしたりすることも効果的です。
壁は建物全体を支える重要な役割を担っているため、壁を補強することで、より耐震性を高められるでしょう。

2つ目は、柱を強くすることです。
壁を増やすことのデメリットとして、光が入りづらくなることがあります。

それを避けたい時は、柱を強化しましょう。
柱に筋交いをつけたり、柱と天井、床の接合部分に金具を取り付けることで柱を強化できます。

3つ目は、屋根を軽くすることです。
屋根を軽くすることで、建物にかかる重みを軽減し、耐震性を高められます。

□まとめ

平屋は地震に強いか、さらに耐震性を上げる方法はあるのかについて紹介しました。
平屋は構造がシンプルなため、地震に強いです。
耐震性を上げるには、壁や柱などの建物を支える部分を強化し、屋根を軽くして、家にかかる重みを減らすことが効果的です。
耐震性の高い住宅を希望の方は、平屋を検討してみてください。

一覧へ戻る