BLOG ブログ

家づくりをお考えの方へ!壁の種類や取り入れ方について解説します!

2021.06.29

家づくりをお考えの方に向けて、今回は壁の種類やメリットデメリット、取り入れ方などについて解説いたします。
壁は家づくりにおいて大切な要素の1つです。
家づくりをお考えで壁について気になる方はぜひ参考にしてみてください。

□それぞれの壁材のメリットデメリットについて解説します!

まず、壁材の種類についてそれぞれ見ていきましょう。

まずは、クロスについて解説します。
クロスは、壁の仕上げ材の中でも安価な壁材であり、非常に扱いやすいものとなっています。
工期が短く済むのも大きな特徴の1つです。
クロスのメリットは、掃除がしやすいことであり、中性洗剤で固く絞った布で拭き取ることもあります。
デメリットは、結露がしやすいという点です。
結露がしやすい場合、貼り合わせ部分が剥がれてくることがあるので、注意が必要です。

また、風合いが非常に魅力的な布クロスや紙クロスもあるので、ぜひ検討してみてください。

次に塗り壁について解説します。
塗り壁は湿度を調整する機能や防火性、防音性に優れており、日本では古くからお馴染みで知られている壁です。
また、様々な質感を楽しめるのも大きな特徴です。

デメリットとしては、塗り壁に汚れが付着してしまった場合、取り除くことが難しい点が挙げられます。
素材によっては落とせる場合もありますが、全面張り替えた方が良い場合は大変です。
また、塗り壁は施工費が高くつき、工期も長い点にも注意が必要です。

□壁の色や柄の取り入れ方について解説します!

次に、壁の色や柄を取り入れる際のポイントを主に3つ紹介します!

1つ目のポイントは、使う色は3色までに限定することです。
一つの空間の中に使う色を3色までにまとめれば、インテリアがまとまりのあるものに見えるでしょう。

2つ目のポイントは、色の効果を利用することです。
暖色系や寒色系などを使い分けることによって、空間を上手に演出することが可能です。

3つ目のポイントは、フォーカルポイントの壁を作ることです。
フォーカルポイントとは、注目を集める場所を空間の中に作ることを指します。
フォーカルポイントを考える際には、ポイントをどこにするかを考えて、壁面の素材や配色などを考えると良いでしょう。

□まとめ

今回は、家づくりをお考えの方に向けて、壁の種類や配色のポイントなどについてご紹介いたしました。
今回の記事で具体的に壁のことについてわかっていただけたのではないかと思います。
家づくりをお考えの方は、ぜひ1度当社へご相談ください。

一覧へ戻る