BLOG ブログ

家づくりをお考えの方へ!照明の種類について紹介します!

2021.06.17

家づくりをお考えの方に向けて、今回は照明の種類や部屋ごとの照明の使い方についてご紹介いたします。
照明はうまく使いたいがコツがわからないという方も多いのではないでしょうか。
家づくりにおける照明の使い方などについて気になる方はぜひ参考にしてみてください。

□照明器具の種類についてそれぞれご紹介します!

家づくりの照明について考える際には、まず主によく使用される種類について知っておきましょう。
照明の種類について主に5つご紹介します。

1つ目の照明は、シーリングライトです。
シーリングは天井の意味を持つ言葉であり、その名の通り天井に直接つけられているタイプの照明です。
この照明は天井の高い位置から部屋全体を照らせるので、使用されることが非常に多い照明であると言えます。
また、取り外しなどが非常に簡単であるのも大きなメリットです。

2つ目の照明は、ダウンライトです。
ダウンライトは、天井に埋め込んで設置するタイプの照明です。
天井に埋め込むことによって、天井全体をフラットな印象に仕上げられます。

ただし、ライトの明るさは控えめであるため複数のライトをバランス良く設置することが大切です。
絵画などを照らして引き立たせるという使用方法もあり、全体的に非常に使いやすい照明であると言えるでしょう。

3つ目の照明は、間接照明です。
間接照明は、天井や壁などに光を当てて意図的に反射させ、間接的に空間を照らすために作られた照明です。
天井の一部を高くした、折り上げ天井を引き立たせるために使用されることが多いでしょう。
天井高を強調することで、空間の伸びやかさを演出できます。

□部屋ごとに照明の使い方のポイントについて解説します!

次に、部屋別に照明で失敗しないためのポイントについて解説します。

まずは、玄関における照明の使い方について解説します。
玄関は最も照明の使い方を間違えやすいポイントです。
それは、照明を後ろから当たるように照明を設置されることが多いからです。
照明は前から当たったほうが、表情が明るく見えて印象が良くなります。

また、ダイニングテーブルでも照明は大切です。
食事などを印象良く見せるために、テーブルの大きさなどから最適な位置に照明を設置できるように寸法を測るようにしましょう。

□まとめ

今回は照明の種類や使い方についてご紹介いたしました。
具体的な使用方法についてわかっていただけたと思います。
家づくりに関してお悩みの際は、ぜひ1度当社へご相談ください。

一覧へ戻る