BLOG ブログ

家づくりを検討している方へ!家づくりでよく起こるトラブルとは?

2021.01.09

新築を建てることを検討中で、家づくりでよく起こるトラブルについて詳しく知りたいとお考えの方はいませんか。
住宅を建てるときにトラブルは起こしたくないですよね。
そこで今回は、住宅を建てる際に起こりやすいトラブルと、その対策方法を紹介します。

□どのようなトラブルが起こりやすいのか

新しく住宅を建てるには、非常に大規模な工事が必要です。
大規模な工事であるがゆえに、さまざまなトラブルが発生する可能性があります。

起こりやすいトラブルとしては、予定していた期間で工事が終了しないことが挙げられます。
建てる住宅の規模によって期間は変化しますが、基本的に新しく住宅を建てる際は約1年ほどの期間が必要だと言われています。
しかし、工事を始める前に問題が発生したり、工事を進めていく途中でイレギュラーが起こったりして、工事の期間が延長してしまうことはあります。

このように、やむを得ない理由で工期が延長してしまった際に、スケジュールに余裕を持っていなければ、トラブルになることがあるので気をつけてください。

他には、近隣の住民とのトラブルも住宅を建てる際にしばしば起こってしまうトラブルの1つとして挙げられます。
住宅の建設は、大規模な工事になるので、作業音や人の出入りでどうしても騒がしくなってしまいます。
数日であれば近隣の方も我慢していただけるかもしれませんが、やはり長期間に及ぶとストレスを与えてしまうことにつながってしまいます。

□トラブルを防ぐ方法とは

このように、起こりやすいトラブルを防ぐためには、トラブルに対して事前に予防策を持っておくことが大切です。
工事期間の延長に関しては、工事を始める前のプランニングの時点で、「工事中にイレギュラーが起きてしまったら」ということをあらかじめ考えておくことが重要です。
イレギュラーが起こるかもしれないと想定しておけば、日程に余裕を持ってプランニングできますよね。

また、近隣住民とのトラブルを避けるためには、事前に迷惑をかけてしまうかもしれないと伝えておくことが重要です。
良好な関係を築けていればこのトラブルもほとんど起こることはないです。
工事の段階で良好な関係を築けていれば、いざ新築住宅に住み始めた際にも気持ちよく生活できることでしょう。

□まとめ

今回は、住宅を建てる際に起こりやすいトラブルと、その対策方法を紹介しました。
本記事が、家づくりを検討している方の参考になれば幸いです。

一覧へ戻る