BLOG ブログ

家づくりを検討している方へ!家づくりにかかる期間について

2021.01.25

「新しく家を建てることを検討している。」
「家づくりにかかる具体的な期間について詳しく知りたい。」
このようにお考えの方はいませんか。
そこで今回は、新しく家を建てる際に必要となる期間について詳しく解説していきます。

□家を建てるにはどのくらいの期間が必要なのか

現在、新しい住宅の建設を計画している方の中には、完成までにかかる期間について気になっている方もいらっしゃいますよね。

自分のライフスタイルにあわせて理想の住宅を建設するために、家ができあがるまでの期間に関して詳しく知っておくことは非常に大切です。
では、住宅が完成するまでにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

一般的に住宅の建設にかかる期間は、約1年必要であると言われています。
もちろん建てる家の規模や工事中に起こるトラブルの有無にもよりますが、基本的には1年程の期間を軸にプランニングをしていきましょう。

完成までの手続きを短くするためにできることとしては、住宅会社に依頼する前に自分たちの理想の住宅像を具体的にすることです。
また、住宅会社とイメージ共有をする際に、言語化できることも重要です。
お客様のイメージを担当が短い時間で正確に理解できれば、話し合いがスムーズに進み、結果的に完成までの期間を短くできるでしょう。

このように住宅を建てる際には、事前に細かくプランニングすることが非常に大切です。

□それぞれの工程に必要な期間について

一般的に住宅の完成までにかかる期間は、1年程だと紹介しました。
この1年という期間を細分化して、それぞれの工程にかかる期間の目安を紹介すると以下のようになります。

・住宅の内容と業者選びのプランニング(1カ月から3カ月)
・業者の決定、契約と土地探し、住宅ローン(3カ月から半年)
・工事(3カ月から半年)
・完成(約1カ月)

基本的には、このような期間でそれぞれの工程が進められます。
ただし、土地探しや住宅ローン、工事に関してはイレギュラーなことが起こる可能性もあるので、最初のプランニングの時点で時間をかけて、細かな箇所まで決めておくことをおすすめします。

このように、それぞれの工程にかかる期間に分けて、自分がするべきことを可視化して計画的に完成までの手続きを済ませていきましょう。

□まとめ

今回は新しく住宅を建てることを検討している方へ向けて、完成までにかかる期間についてご説明しました。
この記事で紹介したことを参考にしていただき、理想の住宅を実現できることを願っております。

一覧へ戻る