BLOG ブログ

平屋でビルトインガレージを検討している方必見!メリットやポイントを紹介します!

2021.08.29

「ビルトインガレージのメリットについて知りたい」「作る際の注意点を知りたい」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、平屋にビルトインガレージを作るメリットと作る際の注意点について紹介します。

□ビルトインガレージを作るメリットとは

ビルトインガレージは、家にガレージが組み込まれています。
そのため、天気が悪い日でも濡れずに車の乗り降りができます。
また、ガレージ部分は家を建てる際に、床面積の5分の1を上限とする容積率を除外できます。
ビルトインガレージの間取りを考える際にコツがあります。

まずは、車を止めるために必要な面積です。
車種によって必要な面積は変わります。
次に、ガレージに収納スペースが欲しい方や、車いすの出入りが必要な方は十分なスペースを設けることが大切です。
事前に車種やスペースをどうするか相談しておきましょう。

ビルトインガレージは、床面積によって家の間取りが決まります。
例えば、間取りが25畳の場合、車が1台止められるスペースがあり、2~3LDKの家を建てられます。
30~35畳の場合は、車1台止められるスペースがあり、3~4LDKの2階建てや3階建ての家を建てられます。
また間取りを考えて、工夫をすれば車を2台止められます。

□ビルトインガレージを作る際の注意点とは

ビルトインガレージを作る際の注意点は主に3つあります。

1つ目は、ガレージスペースの場所です。
ガレージは、ドアの開閉や人が歩けるスペース、車を止める台数によって必要な面積が変わります。
また、ガレージの面積を最後に考えると、十分なスペースを確保できなくなり、ガレージを作れない場合があります。
それゆえ、どこに作るかよく考えることが大切です。

2つ目は、車の振動を感じない間取りにすることです。
寝室や子供部屋から遠い位置にすることが大切です。
家族構成やライフスタイルを考えた間取りを心がけましょう。

3つ目は、ドアの位置を考えることです。
家からの出入りや、生活の動線を考えることが大切です。
また、ビルトインガレージは雨風をしのげることが大きな特徴です。
ガレージを使う頻度が多い人の行動を考えるようにしましょう。

□まとめ

今回は、平屋にビルトインガレージを作るメリットと作る際の注意点について紹介しました。
ビルトインガレージを作る際の間取りをしっかり考えて作ることが大切です。
ビルトインガレージについてお悩みや質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

一覧へ戻る