BLOG ブログ

平屋にするなら中庭を取り入れるべき!中庭のメリットを紹介します

2021.02.13

平屋の注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。
平屋に中庭を設けると、さまざまなメリットがあります。
今回の記事では、平屋に中庭を設置するメリットや、中庭が合う人の条件を紹介します。
中庭の設置を検討中の方は必見です。

□平屋に中庭を設置するメリットを紹介!

ここでは、平屋に中庭を設置するメリットを3つ紹介します。

1つ目は、採光性が良くなる点です。
太陽の光が窓を通して家の中に入るため、日中は照明に頼らなくても明るさを確保できます。
全ての部屋に中庭が面する間取りにしておくと、家全体を明るく保てるでしょう。

2つ目は、通風が良くなる点です。
中庭に面した窓やサッシを開けると、自然の空気を取り込めます。
これは、中庭があたためられることで、小さな上昇気流が発生するためです。

部屋の空気が上昇気流に引っ張られて外へ出る代わりに、新しい空気が部屋の中に入ってくるでしょう。
外からの視線が気になり、窓を開けるのをためらう人がいますが、中庭に面していれば外から見られる心配はありません。

3つ目は、開放感がある点です。
中庭を設置すると、開放感があり、家全体がおしゃれな雰囲気に仕上がります。
外観の印象も良くなり、外の空気を感じられるのもメリットと言えるでしょう。

□中庭が合う人の条件とは?

中庭の設置が向いている人の条件を紹介します。
その条件とは、庭や家のプライバシー保護を大切にする人、日当たりが悪そうな敷地条件の人、他の人と違う家にしたい人、二世帯住宅を検討している人です。
これらの条件に当てはまっている人は中庭の設置を検討すると良いでしょう。

前述したように、中庭はプライバシーが守られますし、光を十分に取り込めます。
また、各部屋から庭が見えるので、通常とは少し違った雰囲気を味わえます。
個性的な家にしたい人にはぴったりでしょう。

さらに、二世帯住宅とも意外と相性が良いです。
中庭を挟んで生活スペースを設けると、ある程度の距離感が生まれ、プライバシーを守れます。
それでいて距離が遠すぎるわけではないので、必要があればすぐ会えるでしょう。
そのため、二世帯住宅の場合は、中庭を設置するのがおすすめです。

□まとめ

今回は、中庭を設置するメリットと中庭が合う人の条件を紹介しました。
中庭を設けると、通風性、採光性などの利点を得られます。
また、二世帯住宅にも向いており、設置すれば適度な距離感を保てます。
中庭のメリットに魅了された方は、中庭の設置を検討してみてください。

一覧へ戻る