BLOG ブログ

平屋にとって外壁は重要です!専門家が解説いたします!

2021.04.05

平屋の外観デザインについてお考えの方はいらっしゃいませんか。
屋根や外壁についてお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
本記事では平屋の外壁について紹介します。

□平屋の外観デザインの考え方を紹介します!

平屋の外観デザインを考える際には、次のようにすると良いでしょう。

まず、平屋は2階部分がないため、屋根が比較的低い位置にあることが特徴です。
そのため、屋根が全体の見た目に与える影響は、2階建ての住宅よりも大きいと言えるでしょう。
そのため、外壁についても屋根との相性やデザインについてバランスを取ると良いでしょう。

また、外観デザインでは、窓の大きさも大切です。
平屋をお考えの多くの方が、「開放的な家にしたい」と言われます。
しかし、大きな窓を設置する際は、外からの視線についても注意する必要があるでしょう。
人通りが少ない場所であったり、植物が目線を遮っていたりする場合には問題ないでしょう。

□外壁でよくある失敗を紹介!

外壁でよくある失敗にはどのようなものがあるでしょうか。

まず、イメージしていた色と違うというケースがあります。
これは、外壁の色をカタログや小さなサンプルから選んでいる場合に起こりやすい失敗です。

原因としては、「面積効果」と呼ばれる錯覚が挙げられます。
小さな面積で見た場合と、大きな面積で見た場合では色の印象や見え方が異なるというものです。
こういった錯覚についてもプロの方と相談してから決めることで、ある程度防げるでしょう。

他にも、汚れが目立ちやすい色を選んでしまったという失敗もあります。
明るい雰囲気の外観にしたいと考えている方は多いと思います。
しかし、外壁は常に雨や風にさらされています。

そのため、泥や埃が付着することも考慮しておきましょう。
選ぶ色が鮮やかすぎたり、明るすぎたりすると汚れが目立ってしまう可能性もあります。
プロの方と相談して色を決めるようにしましょう。

次に、サッシやドアと色が合わないという場合もあるでしょう。
外壁の色を決める際は屋根やサッシ、ドアといった他のパーツとの組み合わせについても考える必要があります。
特に、屋根は面積が広いため組み合わせについて注意することがおすすめです。

先ほども紹介したように、平屋では2階建ての住宅と比較して屋根がよく見えるため、しっかりと色のバランスを取る必要があるでしょう。

□まとめ

今回は、平家をお考えの方へ向けて外壁デザインの考え方と、外壁に関するよくある失敗を紹介しました。
平屋をお考えの方は外観デザインや外壁についても考えてみましょう。
本記事が、平屋の外壁について考える際の参考になれば幸いです。

一覧へ戻る