BLOG ブログ

平屋にロフトを作るメリットは色々あります!平屋のロフトのメリットを専門家が解説します

2021.03.17

「平屋を建てたい」、「ロフトをつくりたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そんな方へ今回は、平屋にロフトをつくることのメリットを紹介します。
注意点も合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

□平屋にロフトをつくることのメリット

ロフトは秘密基地のようなワクワクが詰まっている場所でしょう。
ワンフロアである平屋にロフトをつくることで、プラスアルファの遊び心を感じられ、工夫次第で使い方もたくさんあります。
そんな魅力に溢れたロフトのメリットを3つ紹介します。

*デッドスペースを有効活用できる

ロフトは法律で天井高1.4m以下にすることが決められています。
その少しの空間で、デッドスペースであったはずの空間を有効に活用できます。
平屋は天井を広く取れるので、ロフトをつくっても十分開放感のある空間を維持できる点も魅力です。
平屋のロフトは、平屋の魅力を最大限に活用しつつ付加的な価値をつけていると言えるでしょう。

*窓を設置することで、換気がしやすくなる

熱気は上に向かって移動するため、ロフトに熱がこもりやすくなります。
ロフトに窓を設けることによって、家全体の空気のめぐりをよくできるでしょう。

*好きなように多目的に活用できる

天井が低いロフトですが、様々な目的として活用できる点も魅力です。
例えば、一時的な子供の部屋として利用したり、書斎として利用したりが挙げられるでしょう。
他にもご家庭のニーズによって様々な活用方法が考えられます。

□平屋にロフトをつくる際の注意点

上記で紹介したようにロフトは魅力に溢れています。
その一方で注意するべきポイントもあるでしょう。

1つ目の注意点は、天井高や広さに制限があることです。
ロフトはそもそも屋根裏の空間を利用したスペースですよね。
ロフトをこんな活用をしたい、こんなものを置きたいなど想像を膨らませていると、どんどんより大きい空間の方が良いと思い始めるかもしれません。

しかし、ロフトは天井高が1.4mまでで、広さは1階の床面積の半分未満と決められています。
ロフトの大きさには制限があるという前提を忘れずに活用方法を考えましょう。

また、ロフトは熱がこもり暑くなる傾向があります。
窓を設けるなどして暑さや暗さ対策をしましょう。

最後に子供への安全対策をすることにも注意しましょう。
転落の危険性を考慮して、手すりや階段を設置することをおすすめします。

□まとめ

平屋にロフトをつくると平屋の楽しみ方も広がります。
様々な用途に使えるロフトの魅力を感じて、ぜひ検討してみてください。

一覧へ戻る