BLOG ブログ

平屋の家づくりを検討中の方必見!平屋はなぜ地震に強いのかを考えていきます!

2022.07.03

住まいの発見館会社ロゴ

マイホームは2階建てや3階建てが多いですが、1階しかない平屋も同様に人気があります。
人気の理由は住宅が広く感じたり、他の部屋への行き来がしやすかったりとさまざまですが、地震に強いのも支持される大きな理由です。
今回は平屋の家づくりを検討中の方へ、平屋はなぜ地震に強いのかについて説明します。

□平屋はなぜ地震に強いのか

平屋は2階建てや3階建てよりも地震に強いと言われています。
その理由は、シンプルな造りであるためです。
2階建てや3階建ての住宅よりも平屋は造りがシンプルで、天井や壁、床などがバランス良く支えられています。
そのため、地震が起きても振動が分散されやすく、倒壊のリスクも少ないです。

また、高さがないことも地震に強い理由です。
一般的に建物は高さがあればあるほど振動の影響を受けやすく、地震の揺れが建物全体に繋がりやすくなっています。
平屋は高さがないので、地震が起きても揺れにくく、建物自体のダメージも少ないです。
平屋は造りがシンプルであると同時に建物の高さも低いため、地震の被害を受けないための条件が揃った住宅と言えます。

□平屋の耐震性をさらに向上させるには

平屋は2階建てや3階建ての住宅に比べて耐震性が高いですが、さらに地震に強くする方法があります。

1つ目は、今の壁に筋交いや補強用合板を加えて壁を補強したり、新たに壁を増設したりする方法です。
これらの補強工事を行うことで建物を支える力がより強化されるため、耐震性がさらに強くなるでしょう。

2つ目は、屋根を軽くする方法です。
土葺き屋根や瓦屋根は重い素材で、耐震性の観点では不利な素材です。
この素材を採用している平屋であれば、スレートのような軽い素材を屋根に用いることで、さらに耐震性を上げられるでしょう。

高い耐震性を有している平屋にこれら2つの変更を加えれば万全の地震対策をしたと言えます。
ただ、それでも地震に耐えられるかどうか気になる方もいるはずです。
その場合は、耐震診断してもらうのがおすすめです。

耐震診断してもらうことで住宅の耐震性について見てもらえるほか、耐震工事が必要かどうか判断してもらえます。
地震に耐えられるか不安な方は積極的に利用しましょう。

□まとめ

今回は平屋がなぜ地震に強いのかについて説明しました。
さらに平屋の耐震性を向上させるための方法も紹介しました。
平屋はシンプルな構造かつ高さが低い構造なので、地震に強いと言えます。
また、平屋の耐震性は補強工事を加えることや屋根の軽量化で、さらに向上させられることも覚えておきましょう。

一覧へ戻る