BLOG ブログ

平屋をご検討中の方へ!耐震性について解説します!

2021.11.05

地震大国である日本では、地震に強い家づくりをお考えの方が多いでしょう。
そんな方には平屋がおすすめです。
平屋は非常に地震に強く、魅力的な住まいです。

この記事では平屋が地震に強い理由と地震に強い家づくりのポイントをご紹介します。

□平屋が地震に強い理由

平屋が地震に強い理由は「揺れにくい」「逃げやすい」「つぶれにくい」の3つです。

1つ目の理由は揺れにくい点です。
一般的に建物は高い方が揺れやすく、低い方が揺れにくいです。
高層マンションをイメージしてみるとわかりやすいでしょう。

地震が起こったときに高層階の方が揺れ幅が大きいイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、平屋は一階建てなので他の建物と比較して揺れは小さいです。
さらに平屋は地震が収まるとすぐに揺れなくなるため、揺れる時間も短いと言えます。

2つ目の理由は逃げやすい点です。
「地震に強い家」と聞くと、耐震性ばかりイメージしてしまう方が多いでしょう。
しかし、地震が起こったときにどれだけ逃げやすいかも重要な要素です。

マンションの高層階に住んでいると、地震が起こってもすぐに避難できません。
しかし、平屋は一階建てで、地震が起これば玄関や窓からすぐに避難できます。

3つ目の理由はつぶれにくい点です。
地震が起こった際、倒壊した家に潰されて犠牲になる方は多いです。
しかし平屋は上にある重量が屋根だけなので軽く、二階建ての住宅と比較してつぶれにくいという特徴を持っています。

□地震に強い平屋にするには?

地震に強い平屋にするためのポイントは以下の2つです。

・住まいだけでなく地盤も重要
・バランスの悪い家にしない

1つ目のポイントは住まいだけではなく、地盤も重要だということです。
住まいの耐震性を重視するあまり、多くの方が見落としてしまうのが地盤の強度です。
場所によって地盤の強度は大きく変わります。
地盤の強度が低いと、住まいに揺れが伝わりやすくなり倒壊する危険性が高くなります。

2つ目のポイントはバランスの悪い家にしないことです。
いくら地震に強い平屋とはいえ、バランスが良くないと倒壊する恐れが出てきます。

具体的には耐力壁をバランスよく配置して、地震に強い平屋を作りましょう。

□まとめ

今回は平屋が地震に強い理由と耐震性を高めるためのポイントをご紹介しました。
当社は周囲の視線が気にならないようなプライバシー万全の平屋をご提供します。
お客様のライフスタイルに合わせた住まいづくりのサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る