BLOG ブログ

平屋を検討中の方へ!天窓のメリットと取り付ける際のポイントをご紹介します!

2021.07.21

平屋に天窓を取り付けるべきかどうかお悩みの方は多いでしょう。
取り付ける意味があるのだろうかと不安になりますよね。
そこで今回は、天窓のメリットと取り付ける際のポイントをご紹介します。
平屋を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

□平屋に天窓を取り付けるメリットとは?

まずは、平屋に天窓を設けるべき理由について見ていきましょう。
1つ目は、日当たりが良くなることです。
マイホームを建てる際、しっかり太陽の光が取り込めるかどうかは重要なポイントですよね。
天窓であれば、昼間はほぼ一定量の日光を取り込め、普通の窓の約3倍もの採光があると言われています。

2つ目は、風通しが良いことです。
快適性を高めたい場合、採光に加え、風通しも大切ですよね。
室内の暖かい空気は、上に昇る傾向があるため、天窓があると1階部分から家の最上部に風が流れていきます。
夏の暑い日でも、家族みんなが快適な環境で過ごせるでしょう。

3つ目は、省エネできることです。
風通しが良くなることで、室内での照明や冷暖房の使用頻度を大幅に減らせます。
少しでも電気代を節約したい方は、ぜひ天窓を取り付けてみてください。

□天窓を取り付ける際のポイントをご紹介!

ここからは、天窓を設ける際の注意点を部屋ごとに紹介していきましょう。
まず、寝室は月明かりが眩しくて寝れない場合があるため、必要に応じてブラインドやカーテンなどで遮光できるようにすると良いでしょう。
直射日光が差さない天窓なら、優しい光で穏やかな朝を迎えられるはずです。

リビングまたはダイニングは、天窓を取り付けることで開放感を感じられる空間になります。
しかし、夏は日照量が多いので、光と熱が入りすぎて、室温が高くなってしまう点には注意が必要です。
そのため、カーテンやブラインドで日差しを遮る、または熱い空気を外に逃す工夫を行いましょう。
夏はもちろんのこと、冬も心地よい温度を保てるかどうか、総合的な視点から設置位置を考えてください。

天窓の効果を最大限に発揮できるのが、廊下です。
窓を設置しにくく暗い空間になりがちな廊下ですが、天窓があることで影の中に光が差し込むというコントラストを楽しめます。
廊下の天窓は、廊下の位置や間取りを考慮した上で、取り付けましょう。

□まとめ

今回は、天窓の魅力と設置する際の注意点をご紹介しました。
天窓を取り付ける際は、ぜひ今回紹介したポイントに気をつけてください。
注文住宅を検討中の方は、ぜひ当社で家族みんなが快適に暮らせる空間をつくりましょう。

一覧へ戻る