BLOG ブログ

平屋を考えられている方へ!暑さ対策の方法について解説します!

2021.11.02

平家を建てようと考えているけど、暑さ対策が心配という方はいらっしゃいませんか。
日本の夏は年々暑さが厳しくなっています。
平家は居室が屋根と近いことからも十分に暑さ対策を施す必要があります。
そこで今回は、平家を建てようとお考えの方へ暑さ対策の方法について紹介します。

□平家が暑くなる原因とは

平家が暑くなる原因は主に4つあります。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1つ目は、居室が屋根と近いことです。
屋根が近いと太陽に照らされてこもった熱が居室まで届きやすくなってしまいます。
構造上仕方がない部分ですが、暑さ対策を徹底することで、快適に暮らすことは可能です。

2つ目は、通風です。
通風の有無も暑さには関係しています。
通風を工夫するだけでかなり快適に暮らせるようになるでしょう。

3つ目は、適切な位置にひさしを設置することです。
最近の住宅の特徴として、ひさしの少なさが挙げられます。
ひさしは太陽の直射日光を遮ってくれます。
そのため、暑さ対策には必要不可欠と言えます。

4つ目は、開口部の面積や天窓の位置です。
室温は窓からの影響を大きく受けます。
開口部の面積や天窓に位置には十分に注意しましょう。

以上が、平家が暑くなる原因の紹介でした。

□平家の暑さ対策について

ここまでは平家が暑くなる原因について紹介しました。
ここからは、実際に平家の暑さ対策について紹介します。

1つ目は、屋根裏空間を大きく確保することです。
屋根裏は大きい方が暑さ対策として有効でしょう。
外観にも大きく影響する部分なので、無理に広い屋根裏を作る必要はありません。

2つ目は、屋根の材料に着目することです。
暑さ対策を考える上では、屋根の素材についても十分に検討する必要があります。
遮熱機能付きの屋根材を使用することもおすすめです。

3つ目は、屋根裏に換気システムを導入することです。
先ほども紹介した通り、平家は居室と屋根の距離が近いので暑くなりやすいです。
屋根裏で暖められた空気はそのまま居室を温めることになるでしょう。
そのため、屋根裏に換気システムを設置するだけで、暑さ対策としては期待できます。

以上が、平家の暑さ対策の方法でした。
ぜひ参考にしてくださいね。

□まとめ

今回は、平家を建てようとお考えの方へ暑さ対策の方法について紹介しました。
紹介した内容を参考にして平家づくりを成功させていただければ幸いです。
わからないことや聞きたいことがある場合は、お気軽に当社までご連絡ください。

一覧へ戻る