BLOG ブログ

年収400万円前後で住宅ローンを組む場合の目安を紹介します!

2022.06.17

住まいの発見館会社ロゴ

日本人の平均年収は400万円前後ですが、平均年収の人の場合、住宅ローンの月々の支払いはどのくらいの額になるのでしょうか。
また、住宅ローンの支払いが厳しい際にはどのような対処法があるのでしょうか。
今回は、年収400万円前後で住宅ローンを組む場合の目安やローンを組む際に気を付けたいポイントを紹介します。

□年収400万円で住宅ローンを組む場合の返済額の目安はどのくらい?

ローンを組む際には、返済比率を年収の25パーセントとして考えると良いでしょう。
年収400万円の額面年収で計算すると、月々の支払いは「400×0.25÷12」で約8.3万円なので、この額が上限の目安となります。
年収400万円の人であれば、この金額を超えると支払いが著しく難しい条件と言えるため、必ずこの額に収まるようにしましょう。

また、ここで目安よりも少ない金額になった場合でも事故や病気、ライフステージの変化に応じて、さらに大きなお金が必要になる可能性もあります。
各々ボーナスの有無や収入形態が違うため、この目安の額は「借りられる額」と認識するよりも、「現実的に返済可能な額」と認識して計画を立てると良いでしょう。

□ローンを組む際に気を付けたいポイントとは?

住宅ローンを借りていると、それだけ家計からの出費が制限されるでしょう。
特に、先に紹介した目安の上限の額でローンを組んだ場合であれば、なおさら家計は厳しい状況になるはずです。
住宅ローンによる厳しい生活を避けたり、改善したりするためにできることがいくつかあるので覚えておきましょう。

まずは、保険の見直しです。
住宅ローンを組むためには、団体信用生命保険に入らなければいけません。
家計が苦しい際には迷わず解約して他のプランに変更する措置をとると良いでしょう。

また、自動車の費用を見直すことも大切です。
住宅と並んで、人生の中でもトップクラスの出費が自動車です。
特に、自動車に関しては自動車税やガソリン代などの維持費もかかります。
車を使わないのであれば、家計を楽にするために処分する選択も考えるべきでしょう。

□まとめ

今回は、年収400万円前後で住宅ローンを組む場合の目安を紹介しました。
年収400万円を基準にすると、住宅ローンの月々の支払い目安が最大で約8.3万円が限度なので、この額を決して超えないように調整しましょう。
また、住宅ローンで家計が厳しい際には保険の見直しや自動車の処分も視野に入れましょう。

一覧へ戻る