BLOG ブログ

年収400万円前後の方必見!住宅ローンを組む額の目安を紹介!

2022.02.09

住まいの発見館会社ロゴ

家が欲しいけど、住宅ローンを組むことに不安を感じている方は多くいらっしゃるでしょう。
住宅ローンは、高額かつ長期にわたって返済する必要があるため、組むときに不安になりますよね。

そこで、今回は年収が400万円前後の方の返済額の目安と、考えるべき条件、そして住宅ローンで苦しまないためにできることを紹介します。

□返済額の目安と、考えるべき条件を紹介します!

一般的に無理することなく返済できる額は、年収の25パーセント程度といわれています。
手取りではなく、額面年収の25パーセントと考えましょう。
1か月あたりの返済額はこれを12分割した金額が目安です。

つまり、年収400万円の方は、1か月あたり、8.3万円が上限と認識しておくと、無理なく返済ができます。
この25パーセントを超えてしまうと少し苦しくなってしまう可能性もでてきます。

ただし、25パーセントを下回っても、もしもの時に返済ができなくなってしまうこともあります。
そのため、借りれる上限額を借りるのではなく、今後の生活や、出費の事も考えて、返済できる額にしましょう。

住宅ローンを組むときは、今後のライフイベントを予測することも重要です。

次に、借りるときに考えておくべき条件を紹介します。
条件は3つあります。

1つ目は、何歳で借りるかです。
何歳で借り始めるかによって、完済の年齢を早めれますし、老後の負担も減らすことができます。

2つ目は、完済年齢はいつかです。
完済年齢から逆算して、ローンを組む年齢を考えるのも良いでしょう。

3つ目は、月々の現実的に可能な返済額です。
ポイントは、返済できる金額で組むことです。

□住宅ローンで苦しまないためにできることとは?

1つ目は、保険を見直すことです。
住宅ローンを組む際に、多くの金融機関で求められるのが、団体信用生命保険への加入です。
そのため、個人で加入している保険は不要になることがあります。
家計が苦しい場合は、入っている保険を見直すことで生活が改善することもあります。

2つ目は、車の費用を見直すことです。
車を持っていても、使わないという方も多いと思います。
そのような方は車を手放してしまうのも1つの方法です。
維持費などを節約することができるでしょう。

□まとめ

今回は返済額の目安と、考えるべき条件と、住宅ローンで苦しまないためにできることを紹介しました。

返済額のポイントは額面年収の25パーセントです。
しっかり今後のライフイベントを想定して、返せる額を計算することが大切です。
また、どうしても苦しい時は、保険や車などを見直してみましょう。

一覧へ戻る