BLOG ブログ

庭を駐車場にリフォームするためには?ポイントを解説します!

2021.06.09

「ワークスペースにはどんな種類があるのかな」
「快適なワークスペースにするためのポイントを知りたい」
家づくりをお考えで、このようにお悩みの方はいませんか。

そこで今回は、ワークスペースの種類と、快適なワークスペースを設けるために押さえておきたいポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□ワークスペースの種類とその特徴をご紹介!

ここでは、ワークスペースの種類を3つご紹介します。

*完全個室

集中できる環境や、趣味に没頭できる部屋を設けたいとお考えの方には、このタイプがおすすめです。
完全個室はなんと言っても集中しやすい環境づくりができる点が一番の魅力でしょう。
食事・睡眠・仕事のスペースを分けられるので、オンとオフの切り替えにも有効です。

*半個室

完全個室タイプを設けるのが困難である場合には、ロフトやスキップフロア、リビングや寝室の一角にいくつかの壁で囲まれた空間をつくる半個室のワークスペースを設けるのも一つのアイデアです。
完全個室ほどの遮音性はありませんが、工夫次第では、隙間時間に集中しやすい空間ができるでしょう。

*オープンワークスペース

リビングや廊下の一部分などをワークスペースにする方法です。
家事や子育ての合間にすぐに仕事にとりかかりやすく、小さいお子さんがいるうちは個室のワークスペースとの使い分けをして利用するのも良いでしょう。

□快適なワークスペースにするには?

先ほどはワークスペースの種類についてご紹介しました。
ここからは、快適なワークスペースにするためのポイントを2つご紹介します。

1つ目は、収納を充実させることです。
ワークスペースの周囲に収納を充実させることで、仕事の書類や趣味の道具、参考書、パソコンの周辺機器といった、散らかりやすいものをスッキリと整理整頓できます。

2つ目は、コンセントの位置と数を考えて配置することです。
パソコンやデスクライトを設置したり、趣味でミシンを使用したりするなど、ワークスペースではコンセントが必要になることが多いでしょう。
そのため、コンセントの位置や数まであらかじめ考えておくことで、快適な作業環境が整えられるでしょう。

□まとめ

今回は、ワークスペースの種類と、快適なワークスペースにするために押さえておきたいポイントをご紹介しました。
当社では、住まいは心から「くつろげる場所」であってほしいと願っています。
健康で笑顔があふれる暮らしを実現したいとお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

一覧へ戻る