BLOG ブログ

掃除しやすいキッチンとは?掃除しやすくなる工夫について紹介します!

2022.08.05

住まいの発見館会社ロゴ

キッチンは毎日使う場所なので、比較的汚れやすい部分だと言えます。
使い勝手の向上や急な来客への備えのためにも、キッチンを綺麗に保つためのコツは知っておくと良いでしょう。
今回は、掃除しやすいキッチンの特徴について紹介します。

□掃除しやすいキッチンの特徴とは

まず、手入れがしやすい素材を使っているキッチンは掃除がしやすいと言えます。
ワークトップやシンクには様々な種類の素材がありますが、特にステンレス製や人工大理石のものはセラミックや天然石、タイルなど他の素材に比べて手入れがしやすく人気です。

また、ガスコンロではなくIHを採用しているキッチンも掃除がしやすくなっています。
ガスコンロは火力の強さが魅力ですが、凹凸が多いため手入れの簡単さという観点では劣っています。
一方でIHはフラットな表面なので使った後の手間がほとんどかかりません。

さらに、ものを取り出しやすい収納を備えていることも特徴の1つです。
キッチンは調味料や調理器具、食器など様々なものを使うのでたくさんの収納スペースが必要です。
収納できる量だけでなく取り出しの楽さも掃除のしやすさに関わる条件だと言えます。

□掃除しやすくするコツについて

1つ目は、クリーナーを手の届くところに配置することです。
汚れをすぐに拭けるように、キッチンの引き出しのバーにかけておくと動作も最小限にできて便利です。
また、ボトルをおしゃれにすることで見た目も良くなるでしょう。

2つ目は、調味料の下にはキッチンペーパーを敷くことです。
調味料の収納スペースにキッチンペーパーを敷くことで、液垂れによる汚れの対策になります。
棚の中で調味料が転倒することは少なくないので、キッチンペーパーだけでなく仕切りを付けるなどの工夫も効果的です。

キッチンの掃除の手間を減らすためには、できるだけものを置かないように意識することも大切です。
収納を増やしたりパントリーを導入することで、ものが外に出ていない綺麗な見た目のキッチンを実現できます。
キッチンがすっきりしていれば、見た目を良くできるのはもちろん、使い勝手も向上させられるでしょう。

□まとめ

今回は、掃除しやすいキッチンの特徴や掃除しやすくするコツを紹介しました。
掃除がしやすいキッチンにするために、素材や収納にこだわりましょう。
また、小さな工夫ですが、クリーナーを近くに置いたり、キッチンペーパーを活用したりといったことも綺麗なキッチンを作る要素なので覚えておきましょう。

一覧へ戻る