BLOG ブログ

掃除しやすいキッチンにするためのポイントをご紹介いたします!

2022.05.03

住まいの発見館会社ロゴ

「掃除しやすいキッチンはどのようなキッチンなのだろうか」
「キッチンをきれいに保つためにはどうすれば良いのだろうか」
このようにお考えの方はいらっしゃるでしょう。
キッチンは掃除しやすい方が良いですよね。
そこで今回は上記のお悩みを解消するための情報についてご紹介します。

□掃除しやすいキッチンとは

掃除しやすいキッチンとは、どのようなキッチンなのでしょうか。
イメージが湧かない方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、掃除しやすいキッチンについてご紹介します。

キッチンでは、水や油をよく使いますよね。
掃除を楽にするためには、素材選びが重要です。

一般的にワークトップやシンクの素材、ステンレス製などが素材としてあげられます。
他にも、セラミックや天然石、タイルなども使われますよ。

また、素材以外にも掃除を楽にする方法があります。
それは、IHを選ぶことです。
フラットなため掃除がしやすく、焦げついてもすぐに落とせますよ。

キッチンクロスにもこだわると良いでしょう。
キッチンの壁や床には、水や油が飛び散ってしまいますよね。
汚れに強く、掃除がしやすいキッチンパネルにしましょう。

□キッチンをきれいに保つ方法について

ここからは、キッチンをきれいに保つ方法についてご紹介します。
キッチンをきれいに保つ方法として、汚れる前の対策といつもきれいにする方法があります。

まずは、汚れる前の対策についてご紹介します。
調味料の下にキッチンペーパーを敷きましょう。
調味料がこぼれてしまった場合、掃除の手間が省けます。
また、仕切りをつけておくと調味料の転倒を防げますよ。

マスキングテープを隙間に貼っておいたり、レンジフードの上にアルミホイルを敷いておいたりしておくこともおすすめです。
汚れやほこりが溜まりやすい場所なので、掃除が楽になるでしょう。

次に、いつもきれいにする方法についてご紹介します。
掃除用の雑巾を常に用意しておきましょう。
古くなったバスタオルをカットしておくと、いつでも気軽に掃除できます。
それに加えて、クリーナーを手の届くところに置いておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は掃除しやすいキッチンに関するお悩みがある方に、掃除しやすいキッチンとキッチンをきれいに保つ方法の2つについてご紹介しました。
当初のお悩みは、解消されたでしょうか。
今回の記事を参考にして、きれいなキッチンを保つようにしてくださいね。
ご不明点がある際は、当社までお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る