BLOG ブログ

新築住宅を考える方必見!オール電化とガス併用のどっちを選ぶ?

2023.12.21

住まいの発見館会社ロゴ
家づくりの過程でエネルギー源の選択は重要な決断となります。
オール電化とガス併用、どちらがご自身の家計、安全性、環境への影響に合致するのでしょうか。
この記事では、それぞれの特徴を比較し、より適した選択をサポートします。
 

□新築住宅ではガスとオール電化どっちがいい?オール電化のメリット

 
オール電化の住宅は、その経済性や安全性、快適性において、多くの魅力を備えています。
 
1:経済的な利点
 
夜間電力を利用するオール電化は、光熱費を大幅に削減できます。
特にエコキュートを活用した給湯や、床暖房などの暖房システムは、長期的な家計の節約に大きく貢献します。
 
2:安全性の向上
 
火を使わない調理方法は、火災リスクを著しく低減します。
さらに、ガス漏れや不完全燃焼による事故の心配もなく、家族の安全を守れます。
 
3:キッチンの清潔さ
 
IHクッキングヒーターは、そのフラットなデザインからお手入れが簡単で、キッチンを常に清潔に保てます。
また、油や調味料の飛び散りも少なく、美しいキッチン空間を維持しやすいという特徴も持っています。
 
4:災害時の安心感
 
オール電化住宅は、非常時にも安全な水の確保や、電気の復旧が早いというメリットがあります。
これにより、災害時の不安を軽減できます。
 

□新築住宅におけるガスのメリット

 
一方で、ガス併用の住宅も多くのメリットを持っています。
 
1:初期費用の節約
 
ガス併用住宅は、オール電化に比べて初期設置コストが低く抑えられます。
また、さまざまな機器の選択肢があるため、費用対効果を考慮しながら最適な設備を選ぶことが可能です。
 
2:調理の自由度
 
ガスコンロを使用することで、火力の調節が自在に行え、幅広い料理に対応できます。
また、直火調理も可能で、料理の幅が広がります。
 
3:快適な水圧
 
ガス併用住宅では、通常、高水圧のシャワーが利用できます。
これにより、快適なバスタイムを実現できるというメリットがあります。
 
4:災害時の柔軟性
 
電気とガスの両方を利用しているため、災害時に一方が使えなくなった場合でも、もう一方を活用することで生活を維持できるという強みがあります。
 

□まとめ

 
オール電化とガス併用、どちらもそれぞれに魅力があり、家計、安全性、快適性の面で異なるメリットがあります。
この記事で紹介した情報を基に、皆さんのライフスタイルや価値観に合った選択をしていただければ幸いです。
新築住宅を建てる際の重要な決断の一助となればと思います。

一覧へ戻る

7月13日完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード