BLOG ブログ

注文住宅でやって良かったことと後悔したことを紹介します!

2022.07.29

住まいの発見館会社ロゴ

家づくりで成功する方はもちろんいますが、ほとんどの方が初めての経験です。
そのため、失敗することや後悔することが少ないとは言えません。
家づくりを検討中の人は、家づくりを成功させるために過去の成功例と失敗例の両方を知っておくと良いでしょう。
今回は、注文住宅でやって良かったことと後悔したことを紹介します。

□家づくりで良かったこととは?

1つ目は、造作カウンターです。
造作カウンターとは、建築でつくったカウンターのことで、壁から突き出した構造をしています。
物を置いておくスペースにしたり、テレワークのスペースにしたり、インテリアのスペースにしたりできます。
利便性と汎用性が高い特徴があります。

2つ目は、腰高コンセントです。
コンセントは普通足元付近の低い場所に付けるものです。
足元付近にコンセントがあると、しゃがむ必要があり大変ですよね。
腰高コンセントは高い位置に取り付けるので、わざわざ屈んで使う必要がなく、ストレスを感じずに便利に使えるでしょう。

3つ目は、庭です。
家には機能性のある設備だけでなく、安らげる空間も必要です。
庭はふとした時に眺めてリラックスできる空間で、庭を作った人の多くは庭を付けて良かったと感じています。

□家づくりで後悔したことについて

1つ目は動線に関する失敗です。
動線は家での人の動きを線で表したもので、生活の便利さにダイレクトに関わってきます。
特に家事動線が長いと同じ場所を行ったり来たりする必要があり、効率が悪くストレスの原因となってしまいます。
そのため、家づくりには動線を考慮することが必要不可欠と言えるでしょう。

2つ目は、収納に関する失敗です。
収納が多すぎて無駄なスペースになっているケースや、逆に足りなくて常に部屋が散らかっている失敗は少なくありません。

また、収納が必要な部屋に収納を設けないと、わざわざ他の部屋に移動しなければならないことがあります。
その場合は効率が悪く、ストレスの原因になるでしょう。
収納に関して決める際には、最初にどのくらいの量のものを収納しなければならないのかを考える必要があります。
そして、それらを収納するためにはどのくらいの大きさや数の収納がどこに必要なのかをしっかりと想定することが大切です。

□まとめ

今回は、注文住宅でやって良かったことと後悔したことを紹介しました。
造作カウンターや腰高コンセントなどは、家づくりの準備段階で導入するかどうか検討しておくと良いでしょう。
また、動線や収納に関しても後悔しないよう十分に考えて決めると良いでしょう。

一覧へ戻る