BLOG ブログ

注文住宅で住宅ローンを利用したい方へ!利用する流れや注意点を解説します!

2023.01.29

住まいの発見館会社ロゴ

注文住宅を検討されている方には、ローンを組んで購入する予定の方も多いでしょう。
人生でも指折りの大きな買い物ですから、通常の融資とは大きく異なる部分もあります。
今回は、注文住宅におけるローンを利用する手順や、ローンを利用する際の注意点について解説します。

□注文住宅で住宅ローンを利用する際の流れ

住宅ローンを組む際には、最初に建設会社とプランや見積もりについて決定します。
この時プランと見積書を用意して、金融機関にローンを申し込みます。
この事前審査が通れば、プラン通りに会社と工事の契約を結びます。

工事契約を結ぶ際には、契約書にローン特約があるか必ずチェックしてください。
ここで指すローン特約とは、事前審査で通ったローン契約が本審査で通らなかった場合に、契約を解除できる約束のことです。
金融機関の事前審査は、通ったからと言って本審査通過を確約するものではありません。

このローン特約がなかった場合、本審査で落ちた際に工事契約を解除できず、ローンでお金を用意できていないのに住宅を建てることになります。
ほとんどの会社はローン特約の有無にかかわらず契約を解除してくれますが、保身のためにも、必ず特約はチェックしましょう。

ローンの本審査は、建築確認ができた後に申し込みます。
基本的にローンのお金は、契約者に直接振り込まれません。
支払いが必要なタイミングで金融機関から建設会社に直接支払われます。

□住宅ローンを使用する際の注意点とは?

住宅ローンは融資金額が非常に高額な分、注意すべき点も多くあります。
今回紹介するのはほんの一部ですので、ご自身でも調べてください。

1つ目の注意点は、金融機関によって条件が大きく異なることです。
つなぎ融資や分割融資などは、そもそも取り扱っていない金融機関があったり、金融機関によって条件が異なる場合があります。
つなぎ融資や分割融資を受ける予定の方は、申し込む金融機関がそれらを取り扱っているか、条件は適切か確認しておきましょう。

2つ目の注意点は、金利の変動です。
よくある金利の勘違いとして、ローン契約時の金利とローン実行時の金利の違いがあります。
ローンは組んだ時ではなく、実行された時の金利が適用されます。
金利の上昇を避けるためにも、金利の変動は考慮しておきましょう。

□まとめ

今回は、住宅ローンを組む手順や、ローンを組む際の注意点について解説しました。
事前審査が通っても安心できない点や、ローンを組んだ後に金利が変動する可能性など、ややこしい点が多かったと思います。
これ以外にも注意点は多くあるため、確認しておきましょう。

一覧へ戻る

8月3日完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード