BLOG ブログ

注文住宅の外壁の色はどのように選ぶ?注意点を解説します!

2023.05.03

住まいの発見館会社ロゴ数ある注文住宅のポイントの中でも、外観を重要視される方は多いのではないでしょうか。
住宅の第一印象を決め、周囲の住宅や景観とのバランスも考える必要があります。
そのため、色を決めるにおいての注意点を知ったうえで慎重に考えたいですよね。
今回は、注文住宅の外壁で人気の色や、色を決める上での注意点について解説します。

□注文住宅の外壁で人気の色

外壁で人気の色は、ベージュ系やグレー系の色です。
また、同じ色の中でも比較的薄い色味が人気です。
ベージュやグレーは屋根材の色と相性が良く、アルミの建材が目立ちにくい特徴があります。
特にベージュは汚れが目立ちにくく、劣化しにくいため、メンテナンスの手間を抑えたい方に適しているでしょう。

これらの色を採用する住宅は多いため、これらの色だけではどうしても無難な印象に仕上がりやすくなってしまいます。
ある程度個性を出したい場合は、ベースにこれらの色を採用し、レンガやタイルなどの建材、差し色などのアクセントを加えると良いでしょう。

人気の色以外で使いやすい色は、カラーシミュレーションから見つけられます。
住宅の立体的なイメージ画像に色を塗ることで、その色が合うか判断する方法です。
建物の構造によって陰影も変わるため、これらを考慮した見え方をシミュレーションできます。

一方で、実際の素材感まではわかりにくい点に注意しましょう。

□色を決める上での注意点

1つ目は、色の見本はできるだけ大きなサンプルで確認することです。
色の見え方は、大きさによって変化します。
そのため、小さなサンプルで色を確認してしまうと、イメージと異なる外壁になってしまいます。
サンプルのサイズは、A4以上の物が望ましいでしょう。

直射日光の当たる屋外と照明の下では光の強さや当たり方が異なるため、色の見え方が異なります。
サンプルを確認する場合は、屋外で確認しましょう。

2つ目は、周囲の住宅や景観との相性を考えることです。
周囲の住宅に対して派手過ぎる色を選んでしまうと、あなたの住宅だけが目立ってしまう可能性があります。
周辺環境にうまく溶け込むような色を選びましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の外壁で人気の色や、色を選ぶ際の注意点について解説しました。
外壁塗装を考える際には、自分の要望だけでなく、周囲の景観も考える必要があります。
個性を出したい方は、景観に合う色をベースにしつつ、差し色やレンガ、サイディングなどのアクセントを加えましょう。

一覧へ戻る

8月3日完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード