BLOG ブログ

注文住宅の玄関づくりでよくある失敗とは?おしゃれに仕上げるポイントを解説します!

2023.04.05

住まいの発見館会社ロゴ注文住宅の第一印象を決める場所と言えば、外観を思い浮かべる方が多いでしょう。
玄関も外観と同様に、注文住宅の印象を大きく左右する部分です。
収納の数や広さが不適切だと、物が散らかるやすく、窮屈に感じる玄関になってしまいます。
今回は、注文住宅の玄関でよくある失敗例や、おしゃれにするにはどうするべきか解説します。

□注文住宅の玄関づくりでよくある失敗例

1つ目の失敗は、家族構成に対して狭すぎたケースです。
リビングやダイニングの間取りは慎重に考える方でも、玄関の間取りは疎かになる場合があります。
玄関は靴だけでなく、傘や雨具、園芸用品など、様々なものを収納しておく場所です。
特にお子さんがいるご家庭では、部活用具や遊び道具のスペースも必要でしょう。

これらは玄関の広さを圧迫してしまうため、余裕のある間取りを考えましょう。

2つ目の失敗は、収納が不足しているケースです。
使いやすくゆとりのある収納がなければ、綺麗な玄関を維持しにくくなります。
靴や道具を収納する場所を明確に決めておくと、収納が楽になるでしょう。
お子さんにも収納場所を教えられるので、自ら靴や道具を整理整頓する習慣が身につきます。

3つ目の失敗は、光が入りにくいケースです。
玄関は、家族を出迎える場所です。
仕事や学校から帰ってきて玄関が暗いと、気分も上がりにくいでしょう。
長時間電気をつけていると電気代が高くなってしまうため、日光を豊富に取り入れられるのが理想的です。

□おしゃれな玄関を考えるポイント

1つ目のポイントは、広さは余裕を持って考えることです。
特に小さなお子さんがいる場合、今後玄関に置いておくものがさらに増える可能性があります。
現状の玄関に必要なスペースだけでなく、今後必要になるスペースも想定して間取りを考えましょう。

2つ目のポイントは、採光に注意することです。
リビングや寝室の採光だけでなく、玄関の採光は重要な項目です。
光が差し込む明るい玄関は印象を良くするだけでなく、衛生的にもメリットがあります。
日光には殺菌効果もあるため、履き終わった靴は日光の当たる玄関に置いておくと良いでしょう。

照明選びも大切ですが、まずは光を取り込めるように工夫しましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の玄関づくりでよくある失敗例や、おしゃれに仕上げるためのポイントについて解説しました。
注文住宅の玄関は想像以上に狭くなることが多く、玄関が狭いと窮屈な印象になってしまいます。
ゆとりのある玄関を目指しましょう。

一覧へ戻る

完成見学会

完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード