BLOG ブログ

理想のマイホームを叶えたい方へ!こだわるべきポイントをご紹介します!

2021.05.13

「初めてのマイホームで失敗したくないが、どこをこだわればよいのかわからない」
「こだわりのマイホームで理想の暮らしを叶えたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、マイホームでこだわるべきポイントをご紹介します。

□マイホームでこだわるべきポイントをご紹介!

1つ目が、可能な面積で間取りにこだわるということです。
間取りは内観の中で最も重要な要素といっても過言ではありません。
こだわりの間取りを決めることで、そのほかの設備や内装が決めやすくなります。
家の間取りは、地方で決められた建ぺい率によって変わってくるため、土地の条件にも注意しましょう。

また、間取りを考える際にはお子さんの独立後の家族構成や敷地条件なども考慮し、部屋数や生活動線を工夫するのも大切です。
生活動線とは、生活の中でリビングやキッチン、トイレなどを移動する際の動線のことです。
その中でも重要となるのが家事動線で、日常の家事の動線が効率的になるように検討するのが大切です。
家事は日々の中でも重労働となるので、家事動線をシンプルかつコンパクトにまとめることで毎日の負担が大きく軽減されるでしょう。

2つ目が、キッチンは使う人の意見を反映させることです。
家事の中でも作業する時間が長いのはやはりキッチンでしょう。
デザインも多様で機能性もそれぞれなので、毎日作業をすることになる奥様のこだわりを反映させたいところです。

3つ目が、浴室は快適さとメンテナンスを考慮して選ぶことです。
バスルームは家族全員が毎日使用しますし、日中の疲れを癒す場所としても重要です。
しかし、お風呂のタイプの選択に失敗してしまうと、快適なバスルームを叶えるのは難しいです。
快適なバスルームを作る際には、浴室の広さやバスタブのデザインにこだわりましょう。

□マイホームでこだわる箇所を具体的にご紹介!

1つ目がキッチンです。
先ほどもご紹介しましたが、キッチンは奥様のこだわりポイント上位の部屋です。
キッチンには様々な様式があり、それぞれが異なる機能を持ちます。
キッチンのデザインを選択する際には、キッチンで作業する頻度の高い人の意見を取り入れるのがおすすめです。

2つめが収納です。
収納も家の使いやすさを大きく左右する重要なポイントです。
壁面収納やウォークインクローゼットなど様々なタイプがありますが、荷物の量や形に見合った収納スペースを設けるのが大切です。

3つ目が水周りです。
トイレや洗面所など、水周りのデザインへのこだわりが強い人も少なくありません。
温泉やホテルにあるような浴室をマイホームで実現させるのも素敵ですし、掃除のしやすさを重視すると暮らしがより快適になるでしょう。

□まとめ

今回は、理想のマイホームを叶えたい方に向けてマイホームでこだわるべきポイントについてご紹介しました。
また、具体的にこだわりたい箇所についてもご紹介しました。
この記事を参考に、必要な部分はしっかりとこだわって理想の暮らしを叶えてくださいね。
ご質問や相談等ありましたら当社までお問い合わせください。

一覧へ戻る