BLOG ブログ

老後を考える方には平屋がおすすめです!理由を紹介します!

2021.04.25

「老後に向けて家づくりをしたい」
「平屋の家が気になっている」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、平屋について紹介します。

□老後は自宅で事故が起こりやすい!

皆さんは老後の怪我のリスクがある場所と聞くと、どこを思い浮かべますか。
事故に遭ったり、転んだりといったイメージをお持ちの方も多いと思います。
実は高齢者の事故の約8割が「転ぶ事故」であり、その転ぶ事故の約60パーセントが自宅で起きているというデータがあるのです。
安全にリラックスして過ごすはずの家で事故が起こっていることにショックを受ける方も多いでしょう。

しかし、転ぶ事故が家の中で起こり、それが階段であった場合には転落事故になりかねません。
転落事故では怪我が重症になる可能性が高いため、家の中にある階段は老後、怪我をするリスクが非常に高いと言えるでしょう。

□平屋を選ぶメリットとは?

老後について見据えた家づくりをされる方の中で、最近平屋が人気です。
ここからは、平屋を選ぶメリットについて紹介します。

まず、動線が短いことが挙げられます。
洗濯や掃除、料理といった家事は毎日行う必要がありますよね。
これらをひとつひとつ効率化することは暮らしやすさの向上につながります。
平屋なら、ひとつひとつの家事の動線を短くできるため、家事の負担を減らせるでしょう。

例えば、2階建ての家に住んでいる場合、掃除機は階段も含め2階に移動してかけていく必要がありますよね。
一方で平屋なら、ワンフロアに掃除機をかけるだけで大丈夫です。

次に、階段の上り下りの必要がないことが挙げられます。
先ほども紹介したように、階段を使った移動は老後の怪我のリスクを高めます。
確かに、若い頃は階段の上り下りに関して、負担だと感じない方も多かったでしょう。
しかし、年を取ると階段を使った移動が体に負担になる場合も多いです。

実際に、2階建ての家にお住まいの高齢者の方の中には、階段が負担で2階の部屋をほとんど使わないという方もいらっしゃいます。
将来的には平屋の方が暮らしやすいでしょう。

最後に、地震に強いこともメリットとして挙げられます。
構造にもよりますが、一般的に耐震の面で平屋の家は2階建てよりも優れていると言われています。
また、台風にも強いとされています。

□まとめ

今回は、老後を見据えた家づくりをお考えの方に向けて、平屋について紹介しました。
老後の暮らしを安全でスムーズにするために平屋を一度検討してはいかがですか。
平家をお考えの際は、最後まで丁寧にサポートさせていただきますので、ぜひ当社にお任せください。

一覧へ戻る