BLOG ブログ

100坪の平屋の間取りについて詳しく解説します!

2021.11.13

「平屋の間取りはどのようなものがあるのかな」
「100坪の平屋を考える際の注意点を知りたい」

このようにお考えの方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、100坪の平屋の間取りについて詳しく解説します。
平屋をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□平屋の間取り例をご紹介!

1つ目は、シンプルな4LDKの間取りです。
広々としたリビングが特徴的です。
各部屋に収納スペースを設けることで、十分な収納スペースを確保できます。

2つ目は、家事動線の少ない3LDKの間取りです。
夫婦とお子様の3人で広々と暮らせる間取りです。
リビングやダイニングが広いことが特徴的です。

3つ目は、バルコニー付き平屋です。
リビングから中庭を眺められるので、広々とした気持ちになれます。
広いバルコニーは趣味の時間を過ごせるステキな場所になるでしょう。

4つ目は、書斎のある5LDKです。
書斎がある5LDKの平屋では、主寝室の他に洋室3部屋の間取りです。
子供部屋も十分に確保できるでしょう。

□100坪の家の注意点をご紹介!

では、ここからは100坪の家の注意点をご紹介します。

1つ目は、家の配置についてです。
敷地の広さが100坪であれば、建物の配置も自由にできますよね。
よほどの悪条件が無い限り、採光や通風等は特に気にならないでしょう。

しかし、ここで注意していただきたいのは、方位と全面道路の位置です。
玄関位置によって、居室のレイアウトが決まるので、玄関位置と前面道路からアプローチをどのように計画するかがキーポイントです。

また、アプローチはその家と外部をつなげる重要な役割を果たしているので、ご自身の個性や生活スタイルが活かされる場所でもあります。
十分に考慮して、家の配置を考えましょう。

2つ目は、駐車場についてです。
現在の戸建てで、駐車場のない住宅はあまりないですよね。
今では、2台駐車も標準になりつつあります。

そのため、広い敷地を活かして、来客用にもう1台駐車できるスペースを確保したいところです。
一時的な駐車ですから、アプローチ部分をまたぐような形でも大丈夫ですので、来客用の駐車場についても検討しましょう。

□まとめ

この記事では、100坪の平屋の間取りについて詳しく解説しました。
100坪の平屋をお考えの方は、上記でご紹介した注意点を意識して検討してみてはいかがでしょうか。
当社は、お客様のニーズに合わせた住宅をご提供します。
何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽にお問合せください。

一覧へ戻る