BLOG ブログ

18畳のリビングを広く見せる!家具配置と色使いのコツで快適空間を実現!

2023.12.29

住まいの発見館会社ロゴ
新居を構えたばかりの家族や、リビングの模様替えを考えている方々には、特に18畳のリビングスペースをいかに効果的に使うかが重要なテーマです。
広々としたリビングは多くの可能性を秘めており、適切な家具の配置と色使いで、その魅力を最大限に引き出すことが可能です。
本記事では、18畳のリビングをより広く、快適に見せるための具体的な方法を紹介します。
 

□18畳のリビングを広々と見せる配置と色使い

 
18畳のリビングは自由度が高く、創造性を発揮するのに最適な空間です。
 
しかし、家具の配置や色使いによって、その印象は大きく変わります。
以下のポイントを参考に、広々とした快適なリビングを実現しましょう。
 
1:大きな窓で開放感を創出
 
大きな窓を設けることで、自然光がたっぷりと入り、リビングに開放感をもたらします。
また、外の景色を楽しむこともでき、空間に深みと広がりを与えます。
 
2:ソファ前にテーブルを置かないレイアウト
 
リビングを広く見せるには、ソファ前にテーブルを置かないことが効果的です。
代わりに、サイドテーブルをソファ横に配することで、スペースを有効活用しながら、広々とした印象を維持できます。
 
3:色の選び方で空間を広く見せる
 
膨張色(白)や後退色(青)を用いると、部屋が視覚的に広く見えます。
壁や天井を明るい色にすることで、光を反射させ、リビング全体を広々と見せる効果があります。
 

□18畳LDK向けの家具レイアウト術

 
18畳のLDKでは、家具の配置がリビングの印象を大きく左右します。
以下のテクニックを駆使して、より広々としたLDKを実現しましょう。
 
1:ソファで空間を上手に区切る
 
ソファを使用して、LDK内の空間を効果的に区切ります。
これにより、部屋全体にメリハリをつけるとともに、広さを感じられるレイアウトが可能になります。
 
2:視線の抜けを感じさせる配置
 
家具を配置する際は、視線の抜けを重視します。
例えば、テレビやソファを部屋の長辺に沿わせて配置することで、リビング全体がスッキリと見え、広がりを感じさせます。
 
3:家具の数を最小限に絞る
 
必要最低限の家具に絞ることで、空間が広々と感じられます。
特に大きなリビングでは、家具を選ぶ際にサイズや配置に注意を払いましょう。
 

□まとめ

 
この記事では、18畳のリビングを広々と見せるための家具の配置と色使いのコツを紹介しました。
大きな窓の設置や、ソファ前にテーブルを置かないレイアウト、色の選び方が重要です。
また、家具のレイアウトでは、空間を効果的に区切る方法や、視線の抜けを意識した配置がポイントです。
これらのアイデアを参考に、より快適で広々としたリビングを実現しましょう。

一覧へ戻る

完成見学会

完成見学会

ちば家博コンセプトハウス

土地情報

家づくりの価格

資料ダウンロード