BLOG ブログ

20代でマイホーム?20代のうちにマイホームを持つメリットをご紹介します!

2021.03.25

マイホームを買うには30歳を過ぎたあたりが妥当というのが一般的な考えでしょう。
しかし20代でマイホームを持つことは不可能ではなく、また20代でマイホームを持つからこそのメリットもあります。
そこでこの記事では、20代でマイホームを持つことのメリットと注意点についてご紹介します。

□20代でマイホームを買うことのメリットとは

20代でマイホームを買うことのメリットとしては、主に2点挙げられます。
1点目は、余裕をもってローンを返済できることです。
20代にローンを組むことで、それだけ長い期間を掛けてローンを返済することが可能です。
金利は増えてしましますが、余裕を持った返済計画を立てられるでしょう。

もう1点目は、住みやすい環境を手に入れられることです。
結婚や出産を機に家族が増えると、それまでと同じ住まいでは狭く感じてしまうかもしれません。
一戸建てを購入したことで暮らしが豊かになったという話も実際にあり、生活スタイルに合わせた間取りや家づくりを検討できるマイホームを早いうちに手に入れても損はないでしょう。

□20代でマイホームを持つ場合の注意点とは

20代でマイホームを持つ場合、特に注意したいのは経済的な面でしょう。
住宅ローンを組む場合、収入によって借りられる額に上限があります。
そのため若いうち、つまり一般的に収入があまり多くないうちは借入額も少なくなるため、理想の間取りやデザインを諦めざるを得なくなるかもしれません。

また住宅の購入が早ければ早いほど、それだけ将来を見越しての計画が重要になります。
例えば3人で住むように設計した場合、もし子どもが2人欲しくなったときには子どもか家の広さかのどちらか一方しか選べません。
このように、将来的なことがあまり確定的でないケースは特に注意が必要です。

教育資金、住宅取得資金、老後資金は人生の3大資金と言われています。
しかし、家のローンや家賃すなわち住宅取得資金にばかり気をとられていると、子育てにかけるお金がなくなったり、生活が苦しくなることにもなりかねません。
20代でマイホームを持つことが必ずしも良い、悪いということではなく、メリットやデメリットを踏まえた上でそういった選択肢もあるのだと知っておくことが大切ですね。

□まとめ

今回は、20代でマイホームを持つことのメリットと注意点をご紹介しました。
20代で家を買うかどうかを決めるには綿密な計画が欠かせません。
そして、ご自身の状況に合わせてそれが適切な判断かどうかを見極める必要があります。
これを機に、ぜひマイホームの購入を検討なさってみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る